羽曳野BROOM

2015年4月28日火曜日

明日より古着屋JAM堀江店でレッドウィングのファクトリーセカンド販売開始!

レッドウィングブーツのアウトレットライン「ファクトリーセカンド」。
日本では東京上野のアメ横にあるフットモンキーでしか取扱店がありませんでしたが、明日から大阪堀江の古着屋JAMで取扱いがスタートします。


本来の値段から約30%OFFで販売される予定で、セカンドラインの刻印としてシュータンにパンチ穴が空くのですが、僕が見たワークオックスフォードやアイリッシュセッターは全く気にならない部分でした。

一部、エンジニアか何かは気になったと社長が仰っていましたが、ただ製品自体はどこがセカンドラインなのかよくわからないぐらい程度の良いものです。

レッドウィングジャパンで販売される正規品は、アメリカや欧州に比べかなり品質の高さが要求されるらしく、かなり品質の良いものがファクトリーセカンドに流れるそうです。

僕もワークオックスフォードのファクトリーセカンドが入れば欲しいなぁと思って、こっそり先んじて見せて頂いたときに探してみましたが8ハーフはあったけどマイサイズの9はなかった。
残念。

ちなみに現在のところオンラインでの発売予定はありませんので、気になる方は古着屋JAM堀江店まで。


ちなみに、このレッドウィングを
見せて頂くのに古着屋JAMのバックヤードを見せて頂きましたが、こちら。


岡山でも古着屋さんの間で話題になっていましたが、業務用の大型洗濯機。

古着屋JAMの製品は自社のバックヤードで洗濯されてるんですねぇ。

取扱い点数3万点とも4万点とも言われる古着屋JAMの商品を洗濯して販売しようと思うと、このぐらいの設備は必要なようです。

しかもフル回転なんでしょうね。


格好いいですよねー。
デカすぎて家には置けないけど。

ちなみにバックヤードにいたら、川田マネージャーや店長の坂根君といったよく会うメンバー以外に共同代表でバイヤーのジョウコさんや新メンバーでタイ語ぺらぺらのバイヤー太一さんなど、珍しい人達ともお会い出来て楽しかったです。

古着屋JAMの人材すげー。

おわり。