羽曳野BROOM

2016年2月28日日曜日

スキーウェアを古着屋で買うという選択肢。

先週末はご近所のパパさん達とスキーに行ってきました。



僕のスキーウェアはTHE NORTH FACEのGORE-TEXジャケットです。

THE NORTH FACE GORE-TEX JKT


上記記事の通り、京都のロジャースで買いました。
スキーウェアって割と高くて、安いのは明確にダサいし、かと言って、年間何度もスキーに行くわけでもありません。

なので、高いのを買うのはもったいない。
出来れば普段使い出来るようなのがベストです。
そんな時に頼りになるのが古着屋です。

セカンドストリートやゲオのようなリサイクルショップでも良いですが、この辺の高機能ウェアは割と値打ちこいた値段が付いています。

ところが、古着屋で古くはないアウトドアブランドの服は割と安いんですよね。
この辺、価値にギャップのあるところです。

あまり古いとゴアテックスが機能しなくなってしまっていることもあるので、ノースフェイスやパタゴニアなんか良さそうですね。

スキーウェアを古着屋で買う選択肢、オススメですよ。

ちなみにパンツはアルペンオリジナルブランドのイグニオの一番安いヤツです。
これで充分。

2016年2月22日月曜日

年代不明 ユーロワークジップアップパーカー

かなり前に買ったものですが、年末ぐらいのchocobiのセールで買った物を掲載していないので、そちらをご紹介。


ユーロらしいブルーカラーのワークジャケット。
ディテールなど知らなすぎて年代などはわかりません。

似たようなワークジャケットは他にも持ってるので、好きな人以外にはなかなか理解されないタイプのやつなのですが、これはジップアップのパーカーになってるのが他の持ってるものと違います。


風防っぽいのも付いているので、海系なのか、はたまた寒い地域で使われていたのか、詳細はわかりませんが、これが良い!!

タグが付いていなかったり、アメリカのワークのような無駄に頑丈な縫製にはなっていないので、それほど手の込んだものでもないことから、この風防やフードはデザイン性より機能性で付けられたものなのではないかなぁ、と想像しています。


ジッパーはalieeみたいな感じ。
今、調べたらaileeでした。

フランスのジッパーメーカーで、オールドグッチのアイテムなんかにも使われているみたいですね。

左胸の大きなポケットといい、細かなディテールの意味とか違いを知りたくなってしまいますね。

これこそ、古着の醍醐味。

athomeのべーやんが、全身古着はダサいって書かれた雑誌に吠えていましたが、その雑誌がなんなのか、なんとなくわかるのですが、ほんま、お前…それを古着とか呼んでんじゃねえぞ!みたいな、ね。

古着の醍醐味はそこじゃないですよ。的な。

もっと自分の考えに整理がついたら僕も吠えようと思います。

おわり。

2016年2月20日土曜日

阪神タイガース2016年の開幕オーダーを考えてみよう。

プロ野球キャンプも第4クールが終了し、実戦が増えてきています。
そこで、阪神タイガースの開幕オーダーを予想してみたいと思います。

1.高山 7
2.鳥谷 6
3.ヘイグ 5
4.ゴメス 3
5.福留 9
6.江越 8
7.岡崎 2
8.大和 4
9.藤浪 1

今年の目玉はどうやら打てる2番。
個人的にも大賛成な構想です。

1番が長打1本で1塁から返れる走力があれば2番は長打のある左打ちの選手が好ましいです。
更にその選手にも長打1本で1塁から返れる走力があれば、自然とクリーンナップの打点も増えます。

鳥谷は過去、3番を打ち、ゴメスや、あの新井さえも打点王を獲得させた出塁率と得点の非常に多い選手。

キャンプでのリレーでも江越、藤浪に匹敵する走力を見せており、適任だと思います。
江越が6番に上がれそうだと、2番鳥谷は最高の形ですね。

そして、その前を打つ1番には高山。
大卒ドラ1、ゴールデンルーキーですからアクシデントがなければ開幕スタメンは決定です。

鳥谷も伊藤隼太もそうであったように、即戦力のスター候補は開幕オーダーに名を連ねるべきです。

その為に練習試合からレフトにチャレンジさせることを掛布監督が明言しているわけです。
この裏には、ライト福留、センター江越とポジションを分ける狙いがあるわけです。

打順は1番。
荷が重い感じもしますが、それぐらいはやってもらわないとレギュラーで使う以上、困りますので。

ヘイグと福留の打順は江越が6番なら右が3人続かないように福留が5番ですね。セカンドのレギュラーを西岡が取るようだと、西岡が1番か6番に入って、6番には左打者が入ることになるパターンが出来ますので、この場合は3番福留、5番にヘイグというオーダーになるでしょう。
ヘイグも獲得した以上は開幕スタメンです。

6番は江越。
セカンドのレギュラーが西岡や上本だと7番に下がると思いますが、まあ、そろそろ下位打線から一歩出ないとダメでしょう。

7番はセカンドのレギュラーが大和だとキャッチャーが入ります。
キャッチャーは梅野か岡崎、そして、和田監督が好きだったベテラン捕手鶴岡が濃厚ですが、打撃の確実性や金本監督、矢野コーチの評価を聞いていると岡崎が一歩リードっぽいですね。
鶴岡も良いキャッチャーですが、かといってチャンピオンチームのレギュラーキャッチャーというイメージは湧きません。

岡崎は元々、良い選手でしたが2011年の6月に、西武との交流戦で、先発復帰してヘロヘロだった安藤の復帰登板に合わせて昇格し、スタメンで使われたものの、安藤が滅多打ちのKO。
どう見ても安藤の球が悪かったのですが、真弓監督は岡崎まで懲罰交代させました。
そして、そのまま2軍へ。
あれから岡崎は2軍でも窓際へ。
あれは采配が悪い。

そんなわけで岡崎のレギュラー奪取は個人的にも見てみたいです。

肩は小宮山、梅野に軍配があると思いますが、総合力では梅野に匹敵するはずです。

8番セカンドのレギュラーは大和だと思います。
これだけの打線が組めるなら打力、走力の上本より守備力の大和かなと。

上本の走る技術は素晴らしく、盗塁という観点では大和を遥かに凌ぎますが、走力だけなら大和も匹敵します。
8番を打つならゲッツー崩れで投手まで回す仕事もあるので、この点は大和でも可能。セカンドの守備は重視したいし、わざわざ上本、西岡のいるポジションに大和を戻したのもそういう事でしょう。
西岡は、キャンプのシートノックの動画を見る限りではイマイチかなぁ。
和田監督だったら迷いなくネームバリューで西岡ですけどね。

サードか外野へのコンバートもあると思いますが、個人的にはショート復帰で鳥谷のサポートが良いのかなぁと。
坂もいますが、鳥谷に万一の事があって坂をスタメンで使うと終盤のどこでも守れる守備固めがいなくなる。荒木や森越もいますが、内野全ポジに外野まで出来て代打でも使える坂はベンチに残したい。大和をショートでという選択肢もありますが、セカンドのレギュラーにする以上はどんな時もセカンドにいてほしい。
北条はまだ下でフルに試合に出したいですしね。
植田海の成長への相乗効果を期待する意味でも。

開幕投手は藤浪でしょう。
和田監督ならメッセ一択ですが、金本監督は藤浪、やるでしょう!

先発ローテは恐らく、藤浪、能見、藤川、メッセ、岩田、秋山(岩崎、岩貞)の順番で回すかと。

横山の復帰を楽しみにしたいところですが、キャンプの動画を見る限り、秋山が相当良さそう。

裏ローテの頭は恐らくメッセ。
表2〜3番手に能見と藤川で決定だと思います。

ストッパーはマテオ。

今年は藤川や高橋聡など、阪神らしからぬ上手な穴埋め補強が出来ているので…1年目からの超変革、あると思いますよ。

ヤクルトはバーネット、ロマンの離脱で下手したらBクラス落ちでしょう。
巨人がやはり最大のライバルですが、投手陣はかなりやりそうですが、打線に不安が多いですよね。
四番もまだ決まってませんし、高橋由伸という代打の切り札や、実はレギュラーで使われると嫌な井端がいなくなったのも大きい。
阿部もキャッチャー復帰するみたいで、打撃の方はそう変わらないでしょうし、村田もいきなり3割30本まで戻せるとは思えません。
長野はさすがに今年は昨年のような.251なんて打率には終わらないと思いますが、3割打てるかどうかは微妙です。
坂本はこの3年.260〜.270ぐらいの平凡な打者になりつつあります。4年前も3割打ちましたが、開幕からのスタートダッシュでかなり下駄履いた打率です。
2人とも東京ドーム本拠地で20発打てないので、.250〜.270の中距離ヒッターはちょっと辛いかなと。
重信が相当やりそうなのが不気味ですが、元々立岡とかいるしな…
やはりこの辺の主力が3割、村田と坂本は厳しいかもですが、特に長野、阿部が3割打ってこないと…といったイメージ。

広島はマエケンが…
多分、大瀬良大地がエース格に育つでしょうけど、もう一枚、今村猛あたりが覚醒しないとですね。

中日は吉見と浅尾がそれなりにやれて小笠原が使えれば今年はやれそう。
なんせ大野が今年は更に相当やりそうですし。

横浜Deはね、ラミレス監督が配球のサインまで出すとか言ってるからダメでしょう。
確かに、配球の読みはピカイチで、藤井なんかいつも読まれまくって2ストライクから痛打されてましたが、でもやっぱりベンチからではね。
前の球が内角のどのへんだったか、とか、スライダーがどのぐらい曲がったのかとか、打者の気配とか全くわかりませんし。

勝負所の一球とかなら良いでしょうけど、全ては多分無理です。
まあ、なんでもかんでも自分でやりたがる監督にあまり良いイメージはないです。

という事で、優勝もろたわ!!

おわり。

2016年2月18日木曜日

LIFTMAN'S COLLECTION「追憶のFREE&EASY 50'S CHAMPION TEE」

昨日のFREE&EASYの記事に寄せて、滋賀の古着人LIFTMANさんが投稿してくださいました。

お疲れ様です
フリーアンドイージー休刊なんですか、、、残念です
去年の夏から秋くらいのフリーアンドイージーに載っていたTシャツが我が家にも有りました
連投します」

とのことで頂いたこちら。


ホワイトボディーのTシャツ。
これがまさか60年も前の物とは思えないぐらい綺麗な状態ですね。
畳みジワからも丁寧に保存されていることが伺えます。


1950年代ぐらいのランナーズタグが付いたCHAMPIONの物です。
その時点で貴重な物ですが、ホワイトボディーでここまで綺麗な状態で残されているのも素晴らしいですね。


インディアンモーターサイクルの染み込みプリントが入りますが、これが何気に2色刷りなのも凄い。

そしてこちら。


FREE&EASYに掲載された逸品。

2008年頃のTシャツ特集の時のものでしょうか。

どなたのコレクションだかわかりませんが、
「みんなに欲しがられるけど、このTシャツだけは手放せません」
だとか。

貴重なアイテムをありがとうございます。

おわり。

2016年2月16日火曜日

FREE&EASY最終号を買った。

FREE&EASYが休刊します。
ここ数年、厳しい厳しいと言われてきましたが、最終号を読む限り、やはりかなり厳しかったようです。

僕もヴィンテージを扱わなくなってからはあまり読む事も減り、昨年あたりから再びヴィンテージを掲載するようになっても、あまり読んだ記憶もありません。
残念ながらFREE&EASYがヴィンテージを取り上げなくなり、古着業界でもヴィンテージ人気が下降線になり、90'sなんかの流れが台頭してこともあって、一度放したヴィンテージファンは、あまり戻ってこなかったんじゃないかなと思います。

そんな感じでも休刊と言われると寂しいもの。
最終号は買っておこうと、購入しました。


最終号は「男の持ち物44の基準」。


男の持ち物として、44のアイテムが挙げられており、FREE&EASY流のセレクトと説明がなされています。


内容としては、今までのFREE&EASYの総まとめといった感じ。
悪く言うと、これまでの焼き直しという感じもしないでもないが、最終号と思えば集大成の保存版の一冊に仕上がっているのではないかと思います。


ただ、この辺りがヴィンテージスウェットじゃなく、ヴィンテージライクなスウェットというところが…ね。
ヴィンテージスウェット大好き人間としてはそこはかとなく寂しいですね。


ナイフは良いなぁ。
昨年からアウトドアに目覚めたのでこの辺はビンビン来ます。


文房具!パーカーにファイロファックス!
良い!!


そしてリアルマッコイズの辻本社長。
格好いい。
ワンダーボーイ辻本のお父さん。


最後にこれまでのFREE&EASYを振り返る特集がありますが、この2008年辺りは最高でしたね。

ヴィンテージがガンガン載ってて、ディテールや歴史のウンチクに溢れていて、一文字一文字に価値がありました。

FREE&EASY最終号。
保存版にしておきます。

おわり。

2016年2月15日月曜日

LIFTMAN'S COLLECTION「GFD kids T-SHIRTS」

おはようございます。
先週末は久しぶりに河内の古着おじさんと2人で天満の串カツ屋「串寅」で新年会をしておりました。


生ビール300円。
串100円。
6本セット500円。
その他食事はほぼ300円以下(天むすだけ400円)。

というビックリ価格の串カツ屋さんです。
鳥貴族より安い。

6本セットとビール2杯の1サイクルが1100円。
やすっ!!


串カツは奇をてらってない大阪の串カツ。
安定のうまさです。
美味しいじゃなくうまい。

さて、本日は久しぶりとなりますLIFTMAN'S COLLECTION。

滋賀の古着人LIFTMANスギさんのコレクションを公開。



「F-STREET6周年おめでとうございます
近況を報告いたしますと、サッカー試合にて鎖骨骨折いたしまして全治6ヶ月でしたが、仕事は毎日行っておりました。その他は健康そのものです
画像はGFDのkidsTシャツです
マイフリーダム掲載だったと思います
また連絡させて頂きます」

プリントやばしですね。

キッズまで押さえているとは…
凄い。

最近、どうにもこうしたお宝アイテムを紹介するメディアがなくなっていて寂しいですね…

おわり。

2016年2月11日木曜日

スキー板を買ってスキーに行ったりして。

大阪から滋賀県に移住して3年半。
滋賀に移ったからにはやりたいことと言えばスキー。

昨年から子供達をスキー場でのソリデビューをさせましたが、今年はスキーをさせたいなぁと思っていました。

そしたらちょうとご近所さんのスキーをされる奥様も、娘ちゃんにスキーをさせたいとなっていて、結構、熱心に一緒に行きましょうとお誘いを頂いていました。

そこで、じゃあ一緒に行きましょう!ということで、箱館山スキー場に行く事に。

更に、そこの奥様はスキーをされるので、そこの旦那様とうちの嫁さんに子供を見てもらってるうちに一緒に滑りましょう!と言って頂いていたので、これはスキー板を買わなあかんな…ってことで、ネットで1番安いのを調べました。


おおっ、どこのブランドかわからんけど安い!!
良くも悪くも道具を選んでスキーをしてきたことはないので、滑れれば何でも良いよって事で、これ買いました。


前日の夜に届いたので、庭先で撮影。

スキーブーツが説明と違うものが届いて、後ろが開くタイプではなかったので、そこはがっかりでしたが、まあ、とりあえずは滑れればオッケーてことで。
気になる方はこういう叩き売りセットでは買わない方が良いかと思われます。

そして、ワックスを買おうとスポーツデポに行ったら、2499円が999円になってて、超お得にワックスとクリーナーとコルクのセットをゲット。

前夜にワックスを塗り込んで、箱館山スキー場へ!


ソリじゃなく、スキーをするってことをなかなか受け入れてくれなかった、子供達ですが、ご近所のお友達と一緒だったので、一緒にやる?と言うと、「やるっ!」と言ってくれたので、そのままスキースクールの個人レッスンをお願いして教えて頂きました。

個人レッスンというとなんだか贅沢に聞こえますが、3人で申し込むと個人レッスンの方が安かったんですよね。

しかも、1時間ということで、子供達のスキーデビューにはちょうど良い時間で、大変ありがたかったです。

4歳の次女は早々にギブアップしてダメでしたが、長女は1時間後にはすっかり何メートルかは滑れるようになっていて、まだ止まったり曲がったりは出来ないけど、もう上に連れて行っても降りてこられるでしょうということで、リフトにも乗せました。


スキーデビューにしては上出来。
自分達ではここまで仕込めないので、本当、スキースクールの先生さまさまです。
全く出来ない子供達に親切に教えて頂いて、感謝感謝でした。


スキーデビューの2人。
一回り逞しくなりました。

ご近所さんといったおかげで、僕もたくさん滑れて楽しかったです。

おわり。

2016年2月10日水曜日

アウトレットで靴下を買うなら靴下屋でしょう。

以前、「靴下屋(Tabio)で靴下を買う時に気を付けたいこと。」という記事を更新したところ、靴下屋(Tabio)さんから靴下屋の商品の日本製と中国製のものについて、ご丁寧なご説明を頂戴致しました。⇒(靴下屋(Tabio)さんからご説明を頂きました。

ということはですね、3足1000円じゃないソックスを買えば、日本製の靴下が履けるんですね。

ほんまやね?Tabioさん!ということで、またアウトレットに行ったので靴下屋さんで靴下を買いました。


今回は3足1000円じゃなく、半額コーナーから購入。

こちらでも1足400円ぐらいだったと思うので、それほどかわらない値段です。

それで日本製の靴下が履けるなら安いものですよ。


お、2足とも日本製!!

合格!!

ちなみに3足1000円コーナーでもくるぶしよりちょい上丈の短めの靴下は日本製でした。
長めのはチャイナ製。

半額コーナーでも、今の季節は素材に「毛」を使っているものが多く、僕のようにフルシーズン使えるものを探している人には、今は品揃えは少なめ。

この辺りもご注意を。
まあ、毛混でもフルシーズン行けますけどね。
僕はまあ、なんとなく気になるので毛の入ってないのを選びましたが、ほぼこの2種類でした。まあ、日本製の靴下が履けるならデザインなんて二の次で良いですよ。

日本製にこだわる靴下屋さん。
そして大阪資本。本社はなんばパークスです。

靴下は靴下屋さんで是非。

おわり。

2016年2月8日月曜日

F-STREET6周年

F-STREETは2月6日より7年目へと突入しました。
31歳で始めた僕も、37歳になっております。
6年前と比べると古着業界も随分と様変わりしてますが、変わらないのは古着ファンがいて古着屋さんがあって、やっぱりみんな古着が大好きということ。

そんな節目を意識したわけではありませんが、F-STREETオリジナルメンバーのもっちにも連絡を取りました。
一時はこいつ大丈夫かな?というぐらい、落ちていましたが、ようやく次の目標が見つかり、少しギラギラした熱い気持ちを蘇らせつつあるようです。
頑張れよ。

そして、F-STREETは2年ほど前にひたすら右肩上がりの成長のまま絶頂期を迎えてからは、停滞期から過渡期のような時を過ごしましたが、その間、とにかく続ける、7年目への6年目を頑張ると気持ちを保ち続け、無事7年目を迎えることが出来ました。

この1年間、岡山県で行われた古着屋フリーマーケットOkayama Fleaに参加しに行き、岡山版をスタートさせる事もできました。

少なくとも何歩か前に進めたという実感のある1年にすることも出来ました。

そして7年目を迎えた今、過渡期もある程度の地点を見て、再成長の道に歩を歩み出せたように感じています。

今、新しいお話も頂いて、まだまだスタート段階ですが、楽しみな話も進んでいます。

続けてれば良いことがあると改めて実感致しました。

F-STREETを運営していく上で、きつい事やしんどい事もありますが、その数十倍の充実感を栄養にして、今年も全力でやっていきたいと思います。

そろそろワンランク上のF-STREETに踏み出せるよう、今年は8年目のための7年目ではなく、6年間を発射台として、まだ見ぬ高みへと飛び出して行ける一年にしたいと思っています。

この一年も頑張りますので、皆様、これからも古着屋情報サイトF-STREETをよろしくお願いします。

F-STREET OSAKA

F-STREET KYOTO

F-STREET KOBE

F-STREET NARA

F-STREET RED(関西レディース版)

F-STREET OKAYAMA

F-STREET NAGOYA

ファッション業界をログするF-log

2016年2月3日水曜日

雪支度2

先日の数十年ぶりの寒波。
こちら滋賀では予想気温が-5度とかでした。

ほんまかおい、と。
想定以上の寒さに慌ててこちらを購入。


俗に言うあったかパンツというパンツ。

ポリエステル100%で多少防風性能のある外生地にフリースのような中生地を張り合わせたパンツです。


こちらは1番安かったHANESのもの。
色はわかりにくいですがカーキです。
ブラックとカモフラ柄を持ってるので、一応、あったかパンツもコーディネートとか考えて。

3〜4年前は、あったかパンツを穿いて通勤はするまい、と思っていたのですが、今は余裕で穿いてます。
ダサいよりあったかいが優先です。

ただ、このHANESのあったかパンツ。
他に持ってるのより、明らか薄い。


インナーもサラッとした生地で「起毛」とか書いてたのに、どこが起毛なん?て感じ。


一応、「暖か。」とか書かれてますけど…起毛はしてない気がするんですけど…

そんなわけで、あんまり暖かくなさそうなので、結局、買ったのにまだ穿いてません。

失敗だったかな…

おわり。

2016年2月1日月曜日

アウトレットは掘り出し物がある。ニューバランス「WR996」

先週、竜王アウトレットモールに行った時、嫁さんがスニーカーが欲しいと言っていました。
ちょっと運動する時に使えるスニーカーが欲しいと。

アウトレットでは半分ぐらい別行動をしていたので、途中で会った時に
「ええのあった?」
と聞いてみました。

すると、ナイキに行ったのだけど、人がいっぱいで子供連れでは探し辛かったとの事。

で、あとどこがある?ってなことで、ニューバランスにアシックスにアディダスにリーボックかな?とかなってると、ニューバランスを見たいというのでニューバランスに。

何が良いかなー?と言ってるので、ここにあるのでは574ぐらいかなぁ?とか言ってると、サイズ不揃いの在庫限りコーナーみたいなところで、これが可愛いとかって見ていました。


WR996。

おおっ、WRながら996があるんやー!と。22.5cmという、なかなかサイズのない嫁さんにもピッタリの22.5cm。

元は9800円でリリースされた名品が6000円になっていました。

これは買うしかないね、ってことで、こちらに決定!


あとでネットで見てみると中古市場では15000円に高騰していました。

アウトレット凄い!

掘り出し物感が素晴らしいですね。


チャイナ製でソールもノーマルゴムソールですが、ニューバランスのスウェード使いで6000円なら格安ですね。

良い買い物でした。

厄年なのでこれを履いて、厄落としに滋賀の立木山に行くとか言ってましたが、下がぬかるんでて、結局、古いスニーカーで行っていました。

おわり。