羽曳野BROOM

2017年3月22日水曜日

30's STIFEL IRONCLAD STRIPE WORK PANTS #買ったモノ

以前から目を付けている欲しくて欲しくてたまらないヴィンテージパンツがありました。


STIFELのモールスキンパンツでお値段10万円オーバー!!

このパンツ、何年も前からMatin(マタン楽天市場店)さんで売られていたのですが、とても手が届かないので、いつかお金持ちになったら・・・とか思ってたのですが、ついぞ手に入れましたよ。


勿論、11万円を出す資金力はまだないのですが、ボロボロの同じモデルがボロボロ価格で売られており、そもそもボロボロパンツマニアな僕はむしろ喜び勇んで買ったのでした。


これこれ!憧れ続けたブーツマークのSTIFELロゴ。

STIFELと言えば1920年代頃に発売されていたウォバッシュ生地が有名ですが、その後に発売されたと思しき生地がこちらの「IRONCLAD STRIPE(アイアンクレイドストライプ)」という生地になります。



インディゴ生地に抜染して作られていたウォバッシュ生地に対し、こちらはブラック系のモールスキンコットン生地に白の小さなドットストライププリントが入る生地で、基本的に30~40年代に使われたモノと思われるのですが、「IRONCLAD」のトレードマークが1928年に登録されているので誕生は1928年だと思います。



こちらはボタンフライタイプなのですが、同時期のネイビーパンツなどもこのようなボタンを使用していますよね。
GRIPPERジッパーを使ったものも出ており、恐らくボタンフライが前期モデル、ジッパーフライが後期モデルなんだと思います。

ザックリ、ボタンフライが1928~1930年代で、ジッパーが1940年代ってとこでしょうか。

「IRONCLAD」が「鉄+服」の造語か19世紀後半の軍艦に対して使う言葉のどちらかの意味だと思われ、どちらにしても鉄のような見た目と丈夫さを持った生地という意味で付けられたものと推測されます。

とても貴重なアイテムですが、前述通りボロボロなお陰で相当お安く購入する事が出来ました。


一番ハードなのはここ。
ここはリペアします。
どんなリペアするかはまだ考え中ですが、着物の古布でリペアしたシャンブレ藍染め生地を使ってリペアしている501 66前期とは違って、あまり雰囲気の変わらないリペアをしたいと思っています。


既にリペアされているところもあって、使っている生地も相当良さそうな生地です。
この生地の大きいの欲っしいーって感じです。


左膝にもダメージ&補強が。
これを見る限り、かなりこうしたリペア痕や汚れの目立ちにくい生地だってことがわかります。


ここが見た目深刻。

ここはまあ放置でもダメージが広がったりはしないのですが、見栄えがちょっとあれなので、ここもなんかやります。

そんなわけで、またボロボロのパンツを手に入れてしまいました。

最高にうれしいです。

おわり。

2017年3月21日火曜日

なぜ安い古着(服)しか売れないのか。打開策はないのか。



統計を取ったわけではないので確かなことはいえませんが、近年、古着業界ではヴィンテージはあまり売れず、売れる服の低価格化が進んでいると認識しています。
実際、そういう声をよく聞くのと、公開されるアンケートなどでも、「洋服に掛ける金額」などのアンケートでもそうした結果が出ています。

※参考
洋服に月30000円以上使う男性は100人に1人もいないことが明らかに。
働く女性の約6割が月に1万円も洋服にお金を使わない。
洋服に月30000円以上使う女性は100人中6人。

今日公開された熊本のインディーズTシャツブランド「DARGO」のナリマツさんが書かれた「大宰府で開催された「THOUGHT」へ行ってきました」の記事の中でも、クリエイターさん達の間で「アパレルが売れない」という議論の中で「これはひとつの見解でしかないが、芸能人などの発信力のある人がクオリティが低いモノを安く広めた。お客は質で選ばず、人で買うようになった。だからホンモノを見る目が肥えず、本当にイイモノが売れない傾向になった。これがアパレルの現状推測だ。」といった話題が出たと書かれています。

つまりこうした潮流は古着業界のみならずアパレル業界全体に言える昨今の現状なのだと思います。

こうした現象は経済学的に言えば「情報の非対称性」によって産み出されています。

私自身は医療関係者なので、経済学の知識は専門の皆様から見れば皆無に等しいので、間違いもあるかもしれませんが、情報の非対称性とは「売り手と買い手が保持している情報量に格差がある」ということです。

例えば、100万円の中古車Aと30万円の中古車Bがあるとすると、勿論、売り手は両方の車の状態や年式などの情報があり、100万円の中古車Aには100万円なりの理由があり30万円の中古車Bには30万円なりの理由があって値段を設定しているはずですが、買い手には何か情報源がないと見た目と値段以外に何も情報がありません。

何の情報もない100万円の中古車Aと30万円の中古車Bでは、普通、みんな中古車Bを選択します。

これがアドバースセレクション(逆選択)という現象で、情報の非対称性が存在すると、質の悪いものばかりが流通してしまうという結果を産み出します。

こうした情報の非対称性はアパレルにも同じことが言えます。

特に中古車と古着なんて、とてもよく似た立場です。

この「情報の非対称性」を解消する方法が以下の5つと言われています。

1.第三者の介入
2.シグナリング
3.標準化
4.自己選択メカニズム
5.政府の規制

第三者の介入は例えば専門誌だったり格付け業者だったりが情報を買い手に提供することを言います。
シグナリングは労働市場における資格などとされています。面接を受けに来た人がどんな能力を持っているかを知るのは難しいが資格というシグナリングがあれば、その人がどんな能力を持っているかを知ることが出来ます、
僕が勉強した本では、標準化はフランチャイズ化など、「フランチャイズのお店は一定以上のレベルのものが提供される」という例が提示されていました。
自己選択メカニズムは「情報を持つ側に、自ら情報を開示するように仕向ける仕組みのこと」です。

これを古着業界に当てはめると、古着という特殊な商品にはこの「情報の非対称性」がよく当てはまります。

同じように見えるジーパンでも古着市場ではそれぞれに価値が変わります。



一方は50万円、一方は500円なんてことも起こり得ます。

何も情報がなければ50万円のジーパンと500円のジーパンなら人は500円の方しか買わないというアドバースセレクションが起こります。
情報がなければ「XX」も「BIG E」も「赤耳」も一般の消費者にはそれが何かもわからなければ、価値もわからないわけですから。

以前、ヴィンテージが売れに売れた時代は雑誌「FREE&EASY」やMONOマガジン別冊の「古着屋さん」シリーズはじめ、情報誌がヴィンテージに関する情報を競い合うように買い手に出してくれました(第三者の介入)。



これにより消費者は雑誌から得た知識や情報を頼りに良い物価値のある物を選択していましたが、ファッション誌が売れなくなり、各ファッション誌が廃刊などに追いやられている現在、この第三者の介入が非常に弱くなっています。

シグナリングは古着には難しく、それぞれの商品を格付けする団体でもあればよいですが、それがないので、一般的には気になる商品があれば楽天など大きなECサイトで検索して、「古着屋JAM」などの大手古着屋さんの付けている値段と比較するぐらいでしょうか。

そして、この「古着屋JAM」などの大手古着屋さんの付けている値段と比較する事自体が古着屋JAMさんの「標準化」であり「古着屋JAMの商品なら少なくとも一定レベル以下の商品はない」という保証に繋がりますが、ここまでブランディングが成功している古着屋さんはほとんどないでしょう。

ちなみにこの情報の非対称性を解消するブランディングの成功に関しては古着屋JAM福嶋社長に一度、質問した事があります。そのお答えが実にこのブランディングに適した回答だったので、物凄く唸ったことがありました。

そして、「自己選択メカニズム」。
以前はブログが全盛で、更にFREE&EASYなどのお陰もアリ、古着屋さんのブログでもヴィンテージや古着に関するたくさんの知識や情報が発信されていました。
僕達と同じ世代の古着ファンは、僕も含め当時の古着屋さんのブログに育てられた人も多くおられることと思います。

ですが、最近はインスタの人気獲得によって「ヴィンテージ」とか「ディテール」「歴史」「素材」というところのバックボーンが軽視されるようになり、「見た目が格好いい」「見た目がオシャレ」「安い」などのポイントが重視され、古着屋さんの情報発信もコーデが格好いいかどうか、画像がオシャレかどうか、といったところに主眼が置かれるようになりました。

そうした経緯もあり、売れる服も「品質が高い」「価値が高い」ものよりも、「見た目が良い」「値段が安い」という表面的な面が評価されたものが売れるようになりつつあります。

ですが、残念ながらここには、もっと大きな資本・発信力を持つファストファッションブランドやセレクトブランドが凌ぎを削るスーパーレッドオーシャンであり、「安い」「オシャレ」を売りにしているこうした巨大戦力と戦わなければいけません。

この間、例えばユニクロは実に多くの情報を発信し、表面的な「安い」だけが認識されて「安かろう悪かろう」だった一般の評価を「ユニクロでも最近はええの売ってる」から、「ユニクロは信頼出来る」という領域にまで押し上げています。

前述、古着屋JAMではオンラインサイトをメディア化し、さらには自社でフリーペーパーを発行するなど、情報発信を強化されていますが、ここまで資本を注入して情報発信出来る古着屋さんはそうはありません。



でも、じゃあ古着はもう売れないのかというと、そうでもなくて、元来、我々古着ファンは販売員さんからたくさんのことを教えてもらい、ブログからたくさんの知識を与えてもらい、僕達古着ファンは育ってきました。

僕は元BIGMANの徳永君や工藤君がいなければ古着にこんなにハマらなかったし、90年代にサウスブロンクスにおられた村田さんがおられなければきっとリバースウィーブにこんなにもハマらなかったし、元スリフティの沖田君がいなければ野球Teeにハマることもなかったはずです。

一時、「ディテールとか気にしないほうが格好いい」というアンチテーゼ的思想がもてはやされたこともあり、今でもそうしたショップや販売員さんも多数おられるので、以前に比べるとそうした一面は薄らぎつつある気もしますが、それでも今、現場で立っている販売員さんでも、例えば「SLOWLIFE&CO.」のやっさんやGRIZZLYの岩月コウスケ君、大先輩のお名前を出すのは大変恐縮ですが、サニーサイドアップの松本さんなど、手に取った商品のバックボーンをしっかりと教えてくださる販売員さんがたくさんおられます。
またマグネッツさんのブログとか、雑誌より貴重な情報が発信されているブログもあります。

再び、こうした地道に情報を発信し、たくさんの知識を有した古着屋さんに脚光が当たる日が来ると良いな・・・、そしてその結果、古着の情報を発信するメディアがもっと増えて行くと嬉しいなぁと期待しながら日々のF-STREETの運営管理を頑張っています。

もっと軟派な運営したほうが目先のアクセスとか取りやすいんですけどね。
この辺は、古着好きが古着屋情報サイトをやっている仕方のない性ですね。

出版関係の方でここをご覧になってくださっている方がいらっしゃれば是非、お伝えしたいのが、古着を特集してくださるならご協力出来る事は無償でも余裕でご協力させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

また最近、オープンされる古着屋さんから「勇気を出してF-STREETに連絡をした」と仰って頂くことが増えていて、長く運営している功罪だとは思うのですが、決してそんな敷居の高いサイトではありません。
海外買い付けで個人でされている古着屋さんならほぼ99%以上の確率で掲載させて頂きますし、開店の告知なども精一杯させて頂きますので、どうかお気軽にお声掛けください。

むしろそのためのサイトでありブログですので。

古着文化の発展のために「情報の非対称性」に解消に取り組み、そしてその重要性を地道に説いていきたいと考えています。

2017年3月18日土曜日

今春のマイスタンダードなふだん着2017

こんなブログをやっていることもあるし、元々好きな事もあって、人並み以上には毎シーズン、お買い物をしている方だと思いますし、持っている服の量も日本人男性の平均よりはかなり多い方だと思います。

その中でも、その時々で自分のお気に入りみたいなのがあって、「今年はよくこれ着てるなぁ」とか、「この格好、最近お気に入りやなぁ」っていう自分の中での流行があります。
そんなわけで以前は、その時々のそのマイ流行を「ふだん着シリーズ」でやっていたのですけど、久しぶりに最近の僕はこんな感じ的な。


今年は青・ネイビー・水色、とにかくいつも以上にブルー系が気になっていて、中でもSUPER BIG MACのマルチヒッコリー(ランダムヒッコリー)のカバーオールがお気に入り。


持ってるカバーオールの中でもスペシャル感の高いヴィンテージですが、最近、特にお気に入りでガンガン着ています。

パンツはラルフのダメージ加工パンツ。


深いネイビーカラ―が今の僕の気分にピッタリ。
あと、持っているパンツの中で、生地が分厚い方っていうのもあります。
真冬はレギンス穿くので薄い生地のパンツで良いですが、今の季節だとレギンス穿かない事が多いので、分厚い生地のこのワークパンツが重宝します。

そして今年はブーツを履きたいと思っていて、中でも最近はレッドドッグのHATHORNのオックスフォードをよく履いています。


今年はブーツを履きたい

過去のふだん着シリーズはこちらより➡ふだん着シリーズ

2017年3月16日木曜日

まだヴィンテージバンダナって500円で買えるんですね。

先日、南船場古着屋巡りをした際、GRIZZLYの南船場本店がバンダナ入荷の日でした。

一時期、かなり買いましたので、最近はあまりヴィンテージバンダナを買う機会がなかったのですが、その間、バンダナでカーテンを作ったり、ストールを作ったりといろいろと使って楽しんでいる間に、紺色が結構なくなていることに気付きました。

そこで、どんなもんかなぁとGRIZZLYのバンダナ入荷を楽しみにして行ったのですが、最近はヴィンテージバンダナもアメリカでかなり枯渇しているようで、値段も上がっているのであまり期待していませんでした。

が...ほとんど1枚500円で売っていて、歓喜。

とりあえず補充したかった紺色のヴィンテージバンダナを2枚購入してきました。


ヴィンテージバンダナは本当に使い勝手が良いので何枚持っていても良いです。

ウチは子供が小さかったころは常に持ち歩いていました。
前掛けにもなるし、敷物になったり、勿論拭くこともできる、夏の炎天下ではバンダナとして巻いたり、とにかく子供が小さかったころは重宝しました。

子供達は大量のバンダナを遊び道具に使っていますし、バンダナカーテンもこさえました。


あと、アウトドアの時は僕は3つを繋げてストールにしたものを持って行きます。
バンダナストールを作ってみた。

頭に巻いたり、首に巻いたり、拭いたり巻いたり括ったり、かなり便利です。

南船場GRIZZLYでは今もほとんどのバンダナが500円で売っておりますよ。
ヴィンテージバンダナ、本当にオススメです。

おわり。

2017年3月14日火曜日

HELLER'S CAFE インディゴストライプサックジャケット #買ったモノ

インディゴに憑りつかれたのごとく、インディゴや藍染めやブルーやネイビーや言うとりますが、まだまだインディゴですよ。

この春に着るカバーオールとは違った、ネクタイとかしても違和感のないような、それでいてカジュアルなテーラードでもなくカバーオールでもない、サックジャケットが欲しくなりました。

それでいろいろ物色してたんですけど、こちらのサックジャケットにグッと来ました。


ストライプ生地なので画像がえらい事になっていますがクリックするとええ感じに見られるかと思います。

こちらヴィンテージキングの異名をとる世界屈指のヴィンテージディーラーであるラリー・マッコイン氏の持つ貴重なヴィンテージアーカイブを日本が世界に誇るジーンズブランド「WAREHOUSE(ウェアハウス)」が現世に蘇らせるブランド「HELLER'S CAFE(ヘラーズカフェ)」のサマーサックジャケットです。


元ネタは1900年代初頭ぐらいのウォバッシュのような抜染生地を使ったストライプサックジャケットです。
これも抜染生地なのかな?
裏地もほんのりストライプがかっているから抜染生地なんですかね。多分。

元々、1月にアメ村を回った際に、サニーサイドアップさんでラリー氏にお会いしたこともあり、そしてそもそも過去にも2着紹介しているように、元よりヘラーズカフェが大好きなので、ヘラーズカフェのアイテムを物色しました。

サックジャケットはこうした物凄く古いアイテムしかないので、ちょっとヴィンテージで手に入れるには難しいジャンルで、確か「簡単なジャケット」とかそんな意味合いだったと思うのですが、なので、生地もシャツ生地より薄いぐらいで、更にかなり簡素なディテールをしています。


ボタンは打ち込みボタンで、元々、これの元ネタは「サンセットブランド」というところのサックジャケットだそうで、ボタンは当時の量産タイプだったと思われるデザインのボタンが使われています。
ちなみに4ボタンで、かなりVゾーンは浅いです。



4ボタンなのがサックジャケットっぽいディテールだなと思って気に入って買ったのですが、さっき、ラリー氏のアーカイブが掲載されているVINTAGE KINGを読んでたら1890年代のサックジャケットは3ボタンでした(笑)
※一番下のボタンが欠損してる可能性あり


胸ポケットもかなり簡素な造り。
サックジャケットをアイロンを当てて着るか、そのまま洗いざらしで着るか迷っていて、この辺のディテールの写真を撮ってから、やっぱりアイロン当てようと思って当てたので、この写真はシワシワで冒頭の全体写真はアイロンが当たっています。

どっちが格好良いかな。。。


同じくシワシワですが、前身ごろの下のポケットです。

4ボタン、3ポケットが特徴で、裾のラウンドと合わせて、僕の感覚的にはカバーオールとテーラードの間です。


裾のラウンド。

一つだけ懸念していることがあり、サックジャケットのように薄い生地の場合、なんか洗濯を繰り返すと襟のところがクリンと癖ついちゃって、格好悪い感じになることがあります。


イメージとしてはこんな感じ。
内側にクリンと・・・こうなってしまうと恐ろしくダサいので、こうならないと良いなぁ・・・とか思っているのですが、果たして!?

ちなみに僕はラリー氏のアーカイブが掲載されたMY FREEDOMN!のKING of VINTAGEもワールドフォトプレスのVINTAGE KINGも持っていますが、このジャケットの元ネタはどちらにも掲載されていませんでした。



もしかしたらKING of VINTAGE No.2かKING of VINTAGE No.3に掲載されているのかも??

King of Vintage No.1:Heller’s Cafe
  • 作者:田中凛太郎
  • 出版社:CYCLEMAN BOOKS
  • 発売日: 2009-12-24

ヴィンテージ・キング (ワールド・ムック1033)
  • 作者:ラリー・マッコイン
  • 出版社:ワールドフォトプレス
  • 発売日: 2014-06-23

って、えっえっ??

KING OF VINTAGEどえらい金額になってるやん・・・
3万円で売れるなら売りたいけど・・・(笑)

ちなみにHELLER'S CAFEのその他のコレクションはこちら。


どちらも今でもスーパーお気に入りです。

おわり。

2017年3月13日月曜日

南船場の古着屋VOLARに行ってきた。

先日大阪に行った時は南船場を古着屋行脚しました。

その中で、南船場に行く目的の一つだった古着屋VORALさんに行ってきました。


古着とVAST222、RESCARPなどオリジナルブランドにセレクトと、「古着屋」という枠だけに囚われず、身に纏う物を売る「服屋」というのがコンセプトのお店です。

場所は南船場の端っこ、古着屋PeeCanの上階にあります。


運営しているお二人とお話しさせて頂いたのですが、二人ともとてもファッションが好きで、スニーカーが好きで、熱く爽やかで面白いので、また僕のやっているF-STREETなどにも物凄く興味を持ってくださっており、かなりの時間、お邪魔していたのですが、取材よりもお喋りに終始してしまい、身に纏う物を売る「服屋」といった部分へのアプローチの足りないまま帰ってきてしまいました。

逆にいうと、それほど熱量のあるファッションに対して真摯で現代的な感覚を持った二人が運営されています。


こちらはオリジナル。
店舗の同じ階に工房があり、そちらで縫製などもされており、古着のリペアやカスタムもそこでやっちゃうそうです。

なので、VORALに売ってる古着アイテムで、多少サイズが合わなくても、その場でサイズ変更していただけるものもあるようですので、そうした欲しいアイテムがある際は、ご相談を。


こうした王道古着も取り扱われています。

古着とサラ着、古着カスタムのアイテムなど、ボーダーレスなスタイルを提案されている同店の真骨頂といった感じですね。

そして、個人的に、その象徴的だなぁと感じたのがこちら。


スニーカー専用ケア製品 RESHOEVN8R(リシューブネイター)というアイテムをこの日から取り扱いを開始されていたこと。

スニーカーの話をさせたら二人とも深くマニアックにスニーカーを愛されており、その大切なスニーカーを永く愛用するためのアイテム。


こちらは用途別に別れた、スウェードやソール専用のブラシ。

割と革靴やブーツ愛好家の方には当たり前のシューケアという行為も、スニーカーにはあまりやらない人が多かったりするのではないでしょうか。

そんな風潮に風穴を開けるようなアイテム。

更に一緒に並べられているリシューブネイター ソールシールド。

スニーカーのソールに貼って擦り減らないようにするためのケアグッズなのだそうですが、中がどんな風になっているのかメチャクチャ興味があったので、その旨伝えたら、中を見せてくれました。


これをソールに貼るんだそうです。

こうしたアイテムがすぐには浸透しないでしょうけれど、こうしたスニーカー愛溢れる取り組みはとても好感を持ちました。


勿論、スニーカーをはじめとするフットウェアも揃います。


洋服だけでなく、アクセサリーからフットウェアまでトータルな提案をされています。


こちらはレディースコーナー。


アクセサリーも揃いますよ。




とても一度の訪問だけでは全てを知ることの出来ない、奥の深い、それでいて、若者二人がされている現代的で熱量のあるとても素敵なお店でした。

南船場VOLARさんの詳細は下記ページより。

VOLAR(南船場・新町):大阪古着屋データベース


2017年3月10日金曜日

格好いいケーブルカフを買っちゃった。

先日、南船場のnice des clothingに行ってきました。

南船場のnice des clothingと言えば、僕には因縁があります。





もう5年も引っ張っているネタです。

実際には物凄く大好きなお店です。
あれ以来行ってないなんてこともないです(笑)

そのnice des clothingさんの小物・雑貨コーナーが大好きなんです。

過去にもいろいろ買っていますが、今回狙っていたのはこちら。


乱雑になりがちなケーブルなどをまとめるケーブルカフです。

何のかはわかりませんが、明らかに日本の物ではなさそうな、こうしたアイテムにもデザインを注入してしまうアメリカっぽいアイテム。

こういう日常で使うようなグッズをアメリカで買い付けて来られるnice desの、時間に厳しく怒らすと猛烈に怖い高崎さんの超素敵なところです。

というわけで買って来ました。


大小2サイズ。

ジャイアンツカラーなところだけが気になりますが、この機械的な感じとか男の子にはたまりませんね。

よーく見ると「cableclamp.com」という刻印が入っております。

ん?


タイガースカラーもあるよ!!!

今度高崎さんに教えてあげなきゃ。

最近、和泉市のANTRYのパーツセンターなどでも、延長コードの無機質な格好いいのが売っていたり、アメリカのホームセンターで売られているようなパーツがこうして日本にも入ってきていて、超素敵なんですけど、そういうとこ、ナイスな目線を持たれているnice des clothingさんの小物・雑貨コーナーは見逃せませんよ。

日常をワンランク素敵なものにしたい方は是非、nice des clothingさんの小物・雑貨コーナーへ。

ここまで持ち上げたら、今度は遅刻してもあんなには怒られないでしょう。

もうとにかくめっちゃ怖かったんですから。

おわり。

2017年3月9日木曜日

LIFTMAN'S COLLECTION「ボロやインディゴなど」

久しぶりのLIFTMAN'S COLLECTION。

滋賀県在住の古着ラヴァーLIFTMANさんのコレクションを紹介するコーナーです。

本日は当ブログに連動したコレクションをお送りくださいました。




ご無沙汰しています。
『ボロの極み』とまではいきませんが、手持ちのチャンピオンリバースがそこそろボロいんで、画像添付します。

ちょこっとツートンになっております 60年代タタキタグになりますかね。


連投申し訳ございません。
偶然ながら私もブルーブルーのインディゴの物を買いました。


オマケです。
マグネッツブログとメッカブログにも掲載されてました。

以上。

今年はボロリバース(ボロボロのリバースウィーブ)、マジで来そうですね。

ちなみにこちらはNOiSECRAFTデザイナー山本大介さんのボロリバース。


こっちは僕。


写真だと割ときれいに見えるのですが、実際はボッロボロです。

今年は古着屋でボロリバース見かけたら目をつぶって即買いが鉄則ですね。

LIFTMAN'S COLLECTIONの過去の記事はこちらよりどうぞ➡LIFTMAN'S COLLECTION