羽曳野BROOM

2018年10月19日金曜日

僕達の新たなあそび場と古着屋JAMのスタッフ専用フリースペース

このブログのスポンサーでもあり、また個人的にWEBを中心としたイメージ戦略のサポートをしている株式会社こちすま。

同社が1期目を完走し、2期目へのステップアップの1歩目として、今度、新たにオフィスを作ります。



こんな感じの元喫茶店だったテナントを、高齢者住宅探しの相談スペースにリニューアルするのです。


同社の福村社長は日本ハムファイターズの通訳を皮切りにスポーツ業界で活躍し、その後介護業界に転身し、現在の「こちすま」を作られたのですが、その仕事ぶりはエネルギーに溢れていて、一直線でイノシシのごとき馬力・・・ならぬ猪力を感じさせる方です。

そのかわり、ピンピンに張っている糸のごとき猪突猛進感がある一方、遊びを感じさせない一面もあり、ダルンダルンの糸のように遊びだらけの僕が、こちすまや福村社長を使ってふざけたり茶化したりイジったりして遊びを注入しています。

一応、毎週定例でミーティングしてWEBの事や広告デザイン以外でも事業の計画や今後の話など、二人でおしゃべりする中で相談したりコンサルティングしたりしています。

例えば、ちゃんとさせたらピカイチの福村社長ですからちゃんとした営業車を作ろうとしていたのに、「ご高齢の先輩方をなめちゃだめです。介護用車両みたいなもんに乗りたいなんて思わないですよ、普通。」とかなんとか適当な事を言って、こんな世田谷ベースチックなカスタムをさせられてみたり。



実際に、これで老人ホームをお探しの方とかご案内しています(笑)

自分で提案しておいて何ですが、正気かな?(笑)

更に広報誌を発行しようと持ちかけられて喜んで乗っかってみたら、お風呂で一番最初に洗うところを滋賀県の介護業界中に向けて発信されてみたり。


しかも次号はもっと辱められます(笑)

更には毎月、川柳で頭を悩ませさせられたり。
しかも、これ書いている今、リアルタイムなんですが、そそのかされてラジオに出演されています(笑)

それで今回のオフィスも開放的でちゃんとしたオフィスを作ろうとしていた福村社長に僕からの「ちょっと待てーぃ」コールが掛かりました。

テナントって普通は全て撤去してもらって箱で借りるのですが、今回はカウンターも残して、喫茶店の名残りを残すことに。


飲食店をするわけでもないのに厨房まで残す暴挙。

また「オフィスみたいなところで相談しても何も楽しくないっす。」とか言い出して、たまたま今日、古着屋JAMの川田君がtwitterに上げていた古着屋JAMのスタッフ用フリースペースの画像を見せて、
「こんな風に、ここで懇親会やみんなでサッカー観戦までするような楽しいスペースがあってそこで入居相談するべきです。人が集まってくる場所こそ、相談スペースに相応しい!!」
とか説得して、限られた資金内ではありますが、ここに僕達の遊び場を作ろうとしています(笑)



これ!かっこいい!!

JAMさんのスペースに負けないようなスペースが作れたら最高ですね。
そしたら次の東京オリンピックはみんなでここで見ようかなって(笑)

いつ、自分がやりたいだけやろって事がバレるかビクビクしていますが、やるからには人が集まるような事をやっていきたいなあと思っています。


僕と福村社長はまあ、何もない時からこんな事をして遊んできました。誰にも頼まれていないのに、組織のブランディング向上を目指して会議をしてみたり、勉強会を立ち上げてみたり、感じとしては仕事や勉強をツールに遊んできたような感覚です。

これからもその延長でこちすまやF-STREETを使って、日本の介護・福祉業界で一番遊んでる会社を目指して頑張っていきます。

滋賀県や京都の皆様、まあ来て頂けるなら大阪やその他地域の皆様、面白い提案があれば、投げかけてください。

是非、一緒に遊びましょう。

2018年10月18日木曜日

NAGASAWA キップレザーペンケース3本差しS(トーチオレンジ) #買ったモノ

先日、MONOMAXの付録でagnes b.VOYAGEのボールペンのボールペンを手に入れ、5年がかりでMONOMAXの付録だけでagnes b.VOYAGEの万年筆とボールペン2色を揃えました。


まるでシリーズ物かのようなデザインの統一感にかなり気持ちも高揚したのですが、こんな素敵な3本セットが揃うと、この3本を入れる素敵なペンケースが欲しくなるというもの。

F-STREET編集長が40代で持っておきたい物リスト」では2本差しを狙っていますが、3本セットになった以上、3本差しを選びましょうということで、文具系のブログなどを読むと、まあ2択、NAGASAWAかITOYAの東西の名門文具店のオリジナルが非常に評価が高いようです。

それでまあ、ほぼ心は決まっていたのですけど、神戸の文具店「NAGASAWA(ナガサワ)」のオリジナルの3本差しペンケースを購入しました。


こんな箱に包装されていて、もう高級感しかない!

開封の儀。


ちゃんと取り扱いとかも書かれていて素晴らしい。

なるほどこの特徴的な形は神戸のランドマークタワーをイメージしているんですね。


カラーは今だけの限定カラーのオレンジをチョイスしました。東遊園地限定の(トーチオレンジ)というカラーだそうです。
なんかイベントの限定だそうですが、詳細は知りません。定番カラーはブラックとボルドーで、ボルドーがややピンクがかっていたのと、とにかくこのオレンジが鮮やかだったのでこちらに。


サイズSとLがあって、携帯性を追求してSにしました。
手の平に収まるサイズ。

SとLでは大きさに結構な差があるんですよね。

それで、あまりに突っ先が突き出るようなら困るなあと思って、レビューやブログなどを読み漁り、「行ける!・・・はず」となって購入に踏み切りました。


サイズ感はこんな感じ。
ペンは全て全長14cmちょっとぐらいです。

ちなみにスーツのポケットにも入るサイズ感だそうで、携帯性は非常に良い感じです。


収納するとこんな感じ。
ちょうど良いですね。
狙い通りのサイズ感。


こんな感じに少し突っ先が出ていますが、僕はこれ狙いだったのでピッタリです。

気になる方はLサイズがオススメ。


革は革靴などにも使われるキップレザー。

生後6か月~2年未満の牛の革で、しなやかで強度のある良い革です。

このペンケースの物を相当柔らかい。


インナーにはスウェードが貼られていて、ペンを抜き差しするたび、ペンが綺麗に磨かれる仕組みになっていて、文具店らしい思いやりのある使い勝手の良いペンケースです。


三本を手の中に収めて持ち歩けるサイズ感。

本当にピッタリです。

憧れのペンケースだったので手に入れられて大満足です。

おわり。

2018年10月15日月曜日

MONOMAX2018年11月号を読む&一週間コーディネート

MONOMAX2018年11月号を読む

先日、付録目当てで購入したMONOMAX。

MONOMAX11月号のagnes b.VOYAGEのボールペン


付録目当てとは言え、雑誌なので、一応読んでみました。

結果、買って読んでよかったな、と思えるレベルでは満足出来る内容でした。

個人的に気になったページをいくつか紹介すると・・・


TIMEXのウィークエンダー。
実はこの時計の購入を考えていて、イマイチ着用時の大きさとかイメージ出来てなかったのでとてもありがたい記事でした。

ちなみに「俳優もこなす人気ミュージシャンがTVCMで着用して話題となった」と書かれていましたが、これは星野源さんだそうで、ビオレのCMで着用しておられたそう。

そして、こちら。


新型ジムニー(ジムニーシエラ)ですね。
格好いい。欲しい。

あまり車に興味のない僕が興味津々。


格好いいですよねー。お金さえあれば・・・

そして気になるオーダースーツ。


正直、ZOZOのオーダースーツがひどい状況なので、今、オーダースーツ各社が前のめりになって告知していますよね。

※参考
ZOZOのオーダースーツ、案の定届かないし、大幅に遅れるらしい。
ZOZOのオーダースーツ(2Bスーツ・ドレスシャツ)がまたも発送遅延!
7月3日に注文したZOZOオーダースーツ(2Bスーツ)の現在

7月3日に前澤社長がオーダースーツを発表した際には、ZOZOのオーダースーツは紳士服業界を壊滅に追い込むかと言われましたが、逆に活況にさせた印象です。

ZOZOの株価がZOZOオーダースーツ(2Bスーツ)発表以降下落トレンドへ転換

一週間コーディネート

それでは日曜恒例の一週間コーディネートです。
今日は、2018年10月1日~10月7日までです。











おわり。

2018年10月12日金曜日

MONOMAX11月号のagnes b.VOYAGEのボールペン

今日、チラッと本屋を覗いたら今月号のMONOMAXが目に留まりました。



付録がagnes b.VOYAGE(アニエスベーボヤージュ)のボールペンですって。しかも日本セット。ご丁寧に替え芯も2本ついてて、普通に使う分には数年使えますよ。

正直、agnes b.VOYAGEは全然知らないし、興味もなかったんですけど、数年前に、同じくMONOMAXの付録でagnes b.VOYAGEの万年筆が付いていて、とにかく何でも良いから万年筆が欲しかった僕はそれを手に入れまして、これが非常に優秀で今でも愛用しています。


MonoMax10月号の付録が凄い。(アニエスベーボヤージの万年筆)

2013年。もう5年前ですね。
ダイソーのインクが使えるので、とても重宝しています。

そんな5年前の万年筆を今でも愛用している人には購買意欲が掻き立てられること必至ですよね。

そんなわけで買って来ました。


早速付録をびりびりびり。


おおっ!おおおっ!超ええやないですか!!

雑誌が950円で、ボールペン2本セットに替え芯が2本ついてって・・・普通に何の変哲もないボールペンと替え芯だけ買ってもそのぐらいの値段ですよね。

それが雑誌まで付いてこのお値段!!
いかつくないですか?

つまりですね、この2本を手に入れた事で・・・


三本セットに!グレーのは赤なので、万年筆、黒ボールペン、赤ボールペンが揃いました。

これはテンション上がります。

是が非でも良いペンシ―スに入れて常時携帯したいところです。

MONOMAX11月号、文房具好きな方なら是非、オススメしたいです。


さぁ、ペンシース探そう!
物欲馬鹿の物欲はどこまでも留まることを知りません(笑)

おわり。

2018年10月11日木曜日

デニム直し(Levi's 501Eタイプ物)

あまり登場したことがないのですが、実は501のビッグEも持っています。




例にもれず色薄めのボロボロで、買った当時は2万円切っていたと思います。

最近、急にこのビッグEが気になり始めて、よく穿いているのですが、元よりボロいし、生地も薄くなっているので、すぐに破けてしまいました。


いつもなら叩いて直すんですが、まあとにかくいろんなタイプのリペアをしてみて、経験値を積めれば良いなぁとか考えていて、今回はたまに見かける生地を貼るタイプのリペアにチャレンジしてみようと思った次第です。

なので、今回、ダメージの入った部分の周辺を切っちゃいます。



貼っつける生地はこのウォバッシュシャツを使おうかなぁと思って、この生地を切ってダイナックテープというアイロンで接着できるテープを貼ります。


このダイナックテープがかなり粘着力が合って、お気に入りです。


で、生地がシャツ生地なので、ちょっと強度に不安があるかなぁと思って裏側から接着芯を貼りました。


まあ、強度補強用なので、なんでもいいやーとか思って、嫁さんの裁縫道具からシワクチャになっている接着芯を拝借してきて使ったのですが、接着力がイマイチで、もうちょいちゃんとやればよかったです(笑)

その辺りを、寝屋川でリペアショップをされているデニムドクターことIBさんにもアドバイス頂きました。



接着芯に布とか種類があるのは知りませんでした。
言われてみて、他のジーパンを見てみるとWOREKSさんなどでお願いしたものは確かに布地の接着芯が使われています。

基本はお金を掛けずにリペアしたくて自分で始めたことなので、使い勝手と金額が第一なのですが、あまり金額が変わらないようなら、次からはしっかり意識して買ってこようと思います。


それで貼っつけただけでは全然ダメなので、今度は手縫いで縫っていきます。


最近は手縫いがお気に入りで、だいぶ上達したんじゃないかと思います。



ここもちゃんと固定。


仕上がりはこんな感じになりました。


全体像。


裏側はこんなの、まあそれなりにはリペア出来たかなと思います。


しばらくこれで穿きこんでいきましょう。

おわり。