羽曳野BROOM

2020年8月9日日曜日

コスパ最強のバケットハット

僕はF-STREET系の場所では帽子をかぶっています。

一応、ファッションに関することをやっているので、「全力でオシャレ」を自分なりにすると、帽子まで含めてがオシャレ、っていうのが基本で、なんとなくそれが自分なりのキャラ作りというか。

言わば滋賀県にいるハシモトさんは帽子をかぶっていないけど、K編集長は帽子をかぶっている感じで、自然に使い分けています。

最近、特に、YOUTUBE(※えふすと古着ちゃんねる)を始めてからは顔出しする機会が多くて、そうなってくるとたくさん持っているはずの帽子もやや戦力不足になってきていまして、買い足さないと!となってきました。

もはや、オシャレというよりYOUTUBE用の衣装ですね。

それで、僕はキャスケットは基本的にニューヨークハットのものを愛用しています。

もうこれは形、サイズ感、種類の豊富さ、低価格、そして何よりMADE IN USAという観点から、よほど魅力的な物に出会う事がない限り、自分のベーシックはこれと決まってきました。

一方、ハット系やキャップ系に関しては特に決まっていなくて、でも最近、その中ではNEW HATTANのバケットハットを好んでかぶっています。

白と、あと古着屋Guinnessのオリジナルカスタムのデニムを今は愛用中です。

動画でもかぶってますね。





気に入っている一番の理由は、かぶって違和感がない、というか、自分なりに「それなりに似合っているな」と思っているのが最大のポイントです。

それで、NEW HATTANのバケットハットを買い足そうかな・・・と思っていたら、なんと!?

975円で売っていた。


安っ!!!!

しかも29色展開(笑)

前色買っても3万円いかんやん。。。という事で、一気に買い足しました。


5色、大人買い!!

せっかく安いのであまり地味目で無難なものよりかぶる機会すくなくても、服装によってはビッシビシにハマりそうな色を中心にチョイス。



個人的にファッションではキーカラーの、ブルー、オレンジ、レッド、グリーン、エンジ。

ちなみに5色買うと送料が無料になるというのもあります。

いや、すごいなこれ。

送料込みで5千円以下で5色もバケットハット揃いましたわ(笑)

生地も割としっかりしていて、普通にええバケハですよ。

YOUTUBEでも取り上げていますので、是非、こちらもご覧ください。




2020年8月7日金曜日

キース・へリングってなんか気になりますよね

特にアートに造詣が深いわけでもないのですが、キース・へリングはなんかグッとくるものがあります。

アートとしてというより、ファッションとして。

前から気になっていたCHARI&COとBEAMSがコラボったキース・へリングシリーズのコーチジャケット。



メルカリやセカストなどで探し続けて、ついに購入。

バックにキース・へリングのイラストが入るブラックのコーチジャケット。



ナイロン系はもういっぱい持っているのに、まだ買ってしまう。

インナーにもキース・へリングがいっぱい。



シンプルな線で描かれたポップなイラストというのがわかりやすく、ファッション性が高いのかなと思います。

同コラボシリーズはロンTeeも持っています。



気に入ってよく着ております。

そして今回は同時にこちらも購入。


こちらはユニフォームエクスペリメントから発売されたキース・へリングTシャツ。

ユニフォームエクスペリメントはHFこと藤原ヒロシさんとSOPH.の清永浩文さんのブランドです。


こちらもブラックのボディーにキースのイラストだけがプリントされたシンプルなデザイン。

なんかついで買いに近い感じで買っちゃいました。

前に、jaBBerのキース・へリングマスクも買ってるし、もうこうなったら全部身に着けちゃう。


もうもはやキース・へリングですね。

スマホケースなんかもよくキース・へリングのもの使っています。


なんだか気になるキース・へリングさんのお話でした。

おわり。

2020年8月3日月曜日

セカストで服や靴を売るなど

いよいよ真夏の到来で毎週のようにしていたキャンプも急にモチベーションが低下して、今週はノーキャン。

飲み会などもこんなご時世ではそうそう入ることもなく、おとなしく週末を過ごしました。

朝からブーツやスニーカーを順番に干したり。


その後、お仕事用カウンターにモニター台が必要!ってことで、ニトリに行き、モニター台を買って、夏物いっぱい欲しいので、ちょっとクローゼットやシューズクローゼットを空けるためにセカンドストリートに服や靴を売りに行きました。

前回行ったときは、思ったより高く売れたので、そこそこ期待して、しかも割とええものも詰め込んでいったのですが、今回は撃沈でした。

めちゃくちゃ安かった。

プレゼント企画とかにすれば良かったわい。

個別の感想などは後日、YOUTUBE「えふすと古着ちゃんねる」にアップ予定ですが、今から思えば売るんじゃなかった的なのもいくつか・・・。

不景気っすなー。

ちなみに今日は「ヴィンテージ古着Tシャツの楽しみ方」という提案動画をアップしております。



ところで今日は、二の丑の日だったらしいのです。

え?そんなん前からあった??って感じですが、「2020年は夏に土用の丑の日が2回あります。 この場合は7月21日を一の丑、8月2日を二の丑と呼びます。」だそうで、とにかく今日は丑の日だったので、慌ててスーパーで鰻を買ってきて、かねよ風にして食べました。


京都美味いもん紀行①「京極かねよ」のきんし丼

安い鰻でしたが、普通に美味しかった。

大満足。

キャンプ行かないと休日が長い(笑)

さて、今週も頑張りますかね。

おわり。

2020年7月20日月曜日

青の迷彩に目がなくてね②

ここ最近は青の迷彩が大好きです。

青い迷彩に目がなくってね

今日は新たな青系の迷彩を。


こちらはGUとドメスティックブランドSOPH.がコラボした1MWのオープンカラーシャツ。

当初はスルーする予定だったのですがカラーがきれいで、夏のキャンプに短パンにこのシャツで行ったら最高やろうなーとか思ってしまって、スルー出来なくなりました。

素材のほとんどがレーヨンなので、テロっとして着心地は良さそうやけど、劣化が怖いなとかも思うのですが、まあ、そんなに高い物でもないのでガシガシ着ようかなと思う次第です。

ちなみにLサイズなのですが、最近の潮流のオーバーサイズなので、もしくは短パンに合わせるのを前提としたサイズなので、短パンとの相性がええんかな?という感じです。


ちょっとイマイチですよね。

サイズ感も。

そんなわけで、夏場の清々しい天気の日に着たいと思っています。

今年は梅雨の長雨が過ぎるので、早くスカッとした夏が来てほしい今日この頃です。


2020年7月14日火曜日

カジカジさん休刊について

本日、カジカジさんの休刊が発表されました。

カジカジ休刊!!

実は、先週の金曜日に関西の著名クリエイティブディレクターのお2人からお声掛け頂き、「カジカジさんを救いたい」というご相談を頂いたばかりで、しかもお申し出を快諾させて頂き、「僕にできることがあれば・・・」とご協力もお約束していただけに衝撃的なニュースでした。



僕自身もカジカジを読んで育ち、恐らく創刊された1994年から読んでいると思うので、26年間に渡り愛読してきた雑誌です。

僕もいくつかの出版者様とお付き合いがあるので、近年の雑誌の苦境は耳にしていましたし、カジカジさんも月間から隔月に移行してらっしゃったので、大変だろうなとは思っていましたが、しかし、寝耳に水の話で、寂しい気持ちでいっぱいです。

カジカジさんがカジフェスを始められてからは、一部、大阪古着祭とかぶる部分もあったので「どうなの?」と聞かれることはありましたが、個人的には特に競合して出店数や客入りが減ったという印象はなく、むしろ秋の風物詩として共闘しているつもりでおりました。

それ以上に、何より街の目やスタコレという唯一無二のバーリトゥードな大阪ストリートスナップが見られなくなるのは本当に悲しいです。

あの尖った大阪スタイルがまさにカジカジさんが大阪のストリートを作っている象徴だったと思います。

26年間お疲れ様でした。

F-STREETと大阪古着祭はまだまだ頑張っていこうと思っております。

カジカジさんの穴は埋まらないと思いますが精いっぱい盛り上げていきますので、皆様、どうかよろしくお願いします。