羽曳野BROOM

2019年10月13日日曜日

一挙両得なNIKE「AIR MAX 97/BW」 #買ったモノ

今日はアウトレットにお買い物に行ってきました。

最近、アウトレットに行けば必ず行くのはNIKE。

この夏、スポーツシーンやアウトドアシーンなどアクティブなところでのファッションを整えようと、F.C.REAL BRISTOLとNIKEに絞って、ファッションを整えてきました。

今回欲しかったのはグレーのパンツと青いスニーカー、そしてランニング用のシューズ、あと雨用のゴアテックススニーカー。

青いスニーカーは以前から欲しくて、ここ2~3年探していました。
どうしても青いスニーカーを履きたいコーディネートの日もあるんですよねー。

一度、ニューバランスのアウトレットでM1400の青いモデルが安くなっていたのにスルーした事があって、とても悔やんでいましたが、今夏からNIKEのスポーツ系のウェアを多く買っていることもあり、最近はNIKEの青いスニーカーが良いなぁと思っています。

またランニング用のシューズも、今、夜ランに使っているReebokのジグテックがだいぶ古いので後継となるモデルを探しています。



それで、PUMAのトライノミックソールのスニーカーで走ってみたのですが、ちょっと足に合いませんでした。
歩きだとトライノミックソール、相当、いい感じなんですけどね。走るとなると、ちょっと感触が硬くて、僕のようなノンビリラン派にはもうちょっと衝撃を吸収してくれる方が合う感じです。

硬い方が速くは走れそうですけどね。僕は速く走る事にはあまり興味がないので。

じゃあ、ということでNIKEのAIRソールはどうかな、とAIR MAX95で走ってみました。



こちらは硬さは感じるものの、走り終わっても膝や足の付け根のダメージを感じることもなく、とても良い感じ。

とても軽く、力が路面に伝わっている感触もあって、速く走るという意味でも期待出来そうな感じです。

そんなわけなので、ランニングシューズにはNIKEのAIRソールのスニーカーが欲しいなぁと思っていました。

それでアウトレットでお買い得コーナーを見ていると、AIR MAX97/BWを発見!!


赤のラインと白のソールとで、トリコロールカラーなモデルです。

シルバーの部分はリフレクター仕様になっており、夜道で光に反射してくれるので夜ランにも使えますね。


AIR MAX97と言えば新幹線をイメージしたと言われる流線形のアッパーのイメージですが、こちらは「AIR MAX97/"BW(ビッグウィンドウ)"」。

AIR MAX97の特徴的なビジブルAIRクッショニングとAIR MAX BW(AIR MAX4)のアッパーを融合させたモデルとなっており、ハイテクとクラシックの高度な融合、つまりはハイブリッドなモデルとしてリリースされました。


ヒールにAIR MAXロゴが入っていて、このトリコロール感が最大に出ている後姿が一番惹かれます。
なにげによく見られる角度ですからね。後姿は大事なポイントです。


AIR MAX97のクッショニングを採用しているので、この横から見た時にわかる爪先まで伸びたビジブルAIRクッショニング。


先日走ったAIR MAX95以上のソールの軽さとクッション性の高さが期待出来ますね。

アッパーにボリュームもあり、ロールアップ時や半パンとの相性も良さそうですし、このグレードのモデルがアウトレットのお買い得コーナーに並んでいたのは超お買い得でした。

正直、僕が用意していた金額ではなかなかこのグレードのランニング用のモデルを購入する事は難しいと思っていたので、とりあえずスタイルの気に入った青いスニーカーを買って、先日走ったAIR MAX95を夜ラン用にしようかとも考えていましたが、これなら欲しかった青いスニーカーと夜ラン用のスニーカー、どちらにも使えそうです。

つまり一挙両得。

良い買い物が出来たと思います。

ちなみに2018年HOLIDAYシーズンのモデルなので、おおよそ1年前ぐらいに発売されたモデルですね。
大量にあったので、売れなかったんでしょうね(笑)

それで安くなってくれるならもうそれは大歓迎。
そういうアイテム・モデル、大好きです!

これからしっかり愛用していきますよ。


おわり。

2019年10月12日土曜日

京都の古着屋UNIPに行ってきた

京都の古着屋UNIPさんに行ってきました。

場所は寺町通りから麩屋町通りを烏丸の方にテクテク歩いて行くと、こんな印象的な外観のお店に辿り着きます。


漆喰塗りの古民家調の建物なので、一瞬、「ん?ほんまに古着屋さん?」と思っちゃいますが、ちゃんと提灯に「古着屋」と書かれていますね。


メインはアメリカ古着にユーロや国内モノの古着も売られています。



店内、とてもオシャレに作られていて、レトロな空間とあいまって京都らしい間を感じるお店です。


最近、増えている国内ディーラーからの仕入れをメインにしておられるお店で、デザイン性の高さ、サイズ感、商品の質と状態の良さはしっかりセレクトして買い付けられているなぁと感じました。


小物なんかもあって、世界観が伝わります。オシャレやにょーって感じです。


レディースアイテムもあり、履物もありで、いい物に衝動的に出会えそうな雰囲気。


今の時代の都会的な古着愛好家のファッションにすぐ馴染むセレクトですね。


今だとやはり気になる秋物が豊富。


某大型古着屋の店長をされていたので、ベースに確かな力を持っておられるので、お店の空間から商品のセレクトまで確かなUNIPの世界観が表現されていて、京都に行ったら是非、訪れてみて頂きたいお店です。

UNIPさんの詳細は下記ページでどうぞ。

古着屋UNIP|F-STREET KYOTO


2019年10月9日水曜日

i-phoneケースを新調しました。

第九回大阪古着祭の開催が決定し、なんとなく更新が滞っている当ブログ。

いっぱいお買い物しているので、またどんどんと頑張っていきたいと思います。

僕はiPhone8を使っています。

スマホ遍歴はX-peria➡iPhone4➡iPhone5s➡iPhone5➡iPhone8です。

で、このiPhone8に、以前、高校の同級生がイベントをやった時に"おもいっきり付き合いで"買ったスマホケースを使っていました。

藤井大丸で開催中のイベント「NO GUEST」に行ってきた。

ところがこのスマホケースも半年ほどで細かい部分がかなりバキバキになってしまいまして。


もう欠けまくり。


この辺り致命的。


と、まあこんな具合なので、さすがにそろそろ限界ですなぁということで、新調する事にしました。

元々、あんまりスマホケースに頓着ない方なので、ザックリと「迷彩柄がええかなー」とか思って、迷彩柄で一番安いヤツでリングついているヤツを購入。


これですね。

1400円で「今だけ」とかで迷彩柄のバンカーリングも付いていました。


見るからに重厚で丈夫そうなボディーはかなり僕好み。


中もポリカーボネートでかなり丈夫そう。

実際、使ってみて最大の魅力はこの丈夫ってところだと思います。

何度か落としちゃいましたが、全く傷一つ付きませんし、ショックも吸収してくれているので、iPhoneもしっかり守ってくれています。

あと値段の安さもメリット。

逆にダメなところは、まずボタンが硬い!!

ボリュームのボタンとか、電源ボタンがとにかく固い。

親指腱鞘炎になりそうなぐらい硬いです。

これが相当ストレス。

あと迷彩柄は僕には合っていなかった。

というのも、僕、色覚異常があるので、黒い机の上とかに置いてしまうと結構同化してしまって「あれ?スマホどこやったっけ??」ってなりがち。

もっと目立つ色にすれば良かった・・・なんて思ったりして(笑)

で、トータル、丈夫でとっても良いんだけど、僕には合っていないかなぁ・・・って、思ってます・・・

おわり。

2019年9月30日月曜日

ないものは作る。F.C.R.B.の缶バッジを作って遊んだ。

ファッションではあまり意識したことはないのですが、スポーツシーンでは、使っている道具や着ている物まである程度統一感があった方が良いなあと思っています。

それで、昨年から習い始めたボクシングが間もなく1年て事で、また他にもいろんな形で体を動かしたいなぁという欲が出てきているので、今年の春から夏にかけてはひたすらにスポーツシーンでのスタイルを整えています。

それで、最近、お気に入りの「F.C.Real Bristol(F.C.R.B.)」と、同ブランドのサプライヤーにもなっていた、スポーツといえば「NIKE」を意欲的に買っています。

それで、ジムの行き帰りにはNIKEのデイパックを使っているのですが、凄い安かった割に格好いいし、使い勝手も良いのでお気に入りなのですが、このままではちょっとつまらんよなーと。

普段、ジム内でタオルや鍵とかi-phoneとか貴重品を持ち運ぶのにもNIKEのミニバッグを使っていて、F.C.R.B.のカンティーンボトルと共に持ち歩いています。

そのミニバッグにはF.C.R.B.のピンバッヂを付けていて(※NIKEのミニショルダーバッグ)、なんとなくそれで少し統一させているというか、まあ、僕なりの遊びなのですが、じゃあ、NIKEのデイパックも同じように遊んじゃおう!って事で、サイズ的にピンバッジより缶バッジの方が合いそうなので、F.C.R.B.の缶バッジを探してのですが見当たらなくて。

んじゃ、見当たらないなら作っちゃおうということで、作ることにしました。

作るのはカンバッジグーという缶バッジを作るおもちゃ。


元々、僕が缶バッジを作りたくて買って、置いておいたものを、目ざとく発見した次女が一生懸命、いろんなバッジを作っています。

それを一時的に返してもらって。

缶バッジの柄となる素材は自分で作るか、何かしら用意する必要があるのですが、今回は少しでも高いクオリティーのものを作るべく、F.C.R.B.のカタログをメルカリで300円で落札しました。


この中から、バッジになりそうなところをバッジのサイズに合わせて切り抜いて素材にします。

ここなんか使えそう。


ここを使って、説明書通りにカンバッジグーで作成。


おじさんが使って遊んでるとはなかなか考えにくい見た目ですが、バッジが作れるんですからね、大人も遊べる素晴らしいおもちゃです。

で、完成したのがこちら。


お、なかなかの出来ですやんか。

裏にバッジ素材を付けて完成。


こんな容量で、4パターンの缶バッジを作成。


いや、こんなん出来たら無敵やん・・・と何が無敵なのかは差し置いて、そんな気分になりました(笑)

ということで、NIKEのデイパックにこの自作した缶バッジを合体!!


F.C.R.B.仕様のNIKEのデイパックになりましたー。

NIKEはもう今はF.C.R.B.のサプライヤーから手を引いているので、今や幻のWネーム・・・もどき。

こういう自作カスタムは考える所から楽しくて、だから使っている時もだいぶ楽しい気分です。

バッジのオシャレな付け方を模索して、いろいろ検索したりもしたのですが、一旦はダイヤモンド型で行きましょう。


付け方だけじゃなく、数も、3つがええのか4つがええのか・・・

簡単に付け替えられるので、いろいろ模索してみようと思います。

いやー、これでジムに通うのが更に楽しくなりますね。

今回僕が使った缶バッジ作成マシーンはバンダイが発売しているCanバッチgood!シリーズです。


おわり。

2019年9月26日木曜日

夜ランとNIKEのドライフィットタイツ

お顔のケガがそこそこ良くなってきた事から、1ヵ月前に夜ラン(夜ランニング)を始めました。

夜ラン始めました

ランというよりジョグぐらい、ゆっくりのんびり、キロ7分ぐらいで走っていますが、1ヵ月前から始めたという事はつまり、1ヵ月続いたという事になります。

外で飲んだ日以外は全部走ったので、25日ぐらいは走ったでしょうか。

距離は毎回、2.5~4キロぐらいです。

走り始めた目的は、ゆるく続けている昼食を200kcal以内に抑えるユルダイエットだけでは体重が停滞し始めたのと、通っているボクシングジムでのパフォーマンス向上が狙いです。

それでね、まあ順調に一ヵ月続いて、まだ残暑厳しかった真夏から、夜はすっかり秋めいて涼しくなってきています。

当初はゲームシャツやアスレチックシャツと短パンで走っていたのですが、そろそろそれでは寒いなぁと感じるようになってきました。

と、そんなわけで、1ヵ月続いたことだし、秋のランニングスタイルもそろそろ整えたいじゃないですか。

そんなわけで、こちらを購入しました。


NIKEのタイツなんですけど、竜王アウトレットのNIKEショップで使える割引券(5000円以上で1000円引き)を持っていたので、竜王アウトレットのNIKEショップでいろいろ試着して購入してきましたよ。

スウッシュやラインがリフレクタープリントになっていて、夜、ライトが当たると光る仕組みです。


ナイスですねー。

勿論、ドライフィット。


タイツって体をギュッと引き締めるので、贅肉など、体のお肉が走るたびにブルンブルンするのを防いでくれます。

つまりパフォーマンスが向上するのです。

実際、いつも21~22分で走っているコースもタイツを穿いて走ると、ほらこの通り。



この一ヵ月で最も良いタイムです。

タイツ、初めて穿いたけど、ええ感じです。

ちなみに少し前にワークマンでもタイツを買ったのですが、そっちは化繊感バリバリで、ヒートテックもダメな僕の繊細肌にはちょっと合ってなかった。

ワークマンプラスでお買い物

お値段も倍ぐらいするけど、NIKEの方が着用していてのストレスは少ないです。

ちなみにNIKEショップで接客してくれた女性の店員さんがすげー親切でレクチャーしながら選ばせてくれたのでさすがNIKEだなぁと思っていたら、お買い物後に店員さんを評価するアンケートが届いていた。

なるほどなぁ。ありがたいけど、店員さんが少し不憫になってしまったな。

全力で評価するアンケートを送っときましたよ。

NIKEさん、商品も接客も満足してますよー。

ということで、おわり。