羽曳野BROOM

2018年12月16日日曜日

今治タオルの吸水性の高さに驚いた&一週間コーディネート

今治タオルの吸水性の高さに驚いた

我が家ではお風呂上りにフェイスタオルで全身を拭きます。

本音を言えばバスタオルで拭きたいところですが、妻から洗濯が大変と言われれば仕方のないところで、妥協してフェイスタオルを使っています。

妻はタオルにあまりこだわりがなく、また、何年も同じタオルを使う家庭で育ったらしく、ここ数年ずーっと同じタオルを使っています。

それが最近、気になっていたのですが、僕より先に小3の長女が、

「ゴワゴワのタオル嫌や!」

と反旗を翻しました(笑)

という事で、タオルを買いましょうということで、先日の楽天スーパーセールでタオルを物色。


激安ですが一応、今治タオルだというコチラを購入しました。

僕が買った時は2916円だったので、116円値下がりしてるのが悔しいところですが、それでも1枚当たり291.6円でしたので、相当安いですよね。

レビューに「薄いけど吸水性能は高い」とか書かれていて、実際に使ってみてもまさにそんな感じでした。

長女が望んだフワフワタオルとまでは行きませんでしたが、ただ一度拭くだけで水滴は全くなくなるぐらいの感触があります。

これまでのゴワゴワタオルとは大違い。

そんなわけで、安くて吸水性能の高いタオルをお探しの方にはオススメですよ、というブログです。

一週間コーディネート

では、一週間コーディネート。

今回は12月3日から12月9日まで。

12月3日



今日は70'sのデニムパーカーに517コーデュロイブラウン。雨なのでゴアテックススニーカー履いてます。なんかノッペリした格好やなぁ。

12月4日



ユーロワークのサックジャケットとM65。オレンジのスニーカーがそろそろ寿命っぽいので買い替えまで精力的に履いてます。

12月5日



L.L.BEANのアノーラックパーカーに517コーズブラック!アノーラックパーカー好きねぇ。そして、さっそくビートニックを泣きながら履いている!

こちらも是非どうぞ➡︎Reebok「ビートニック OLIVE」を買ったけど泣いている。

12月6日



40's SUPER BIGMACランダムヒッコリーカバーオールとラルフのワークパンツにNIKEのゴアテックススニーカー。言語聴覚士の伊藤に「上の服可愛いですね」って褒められました。ランダムヒッコリーって、親子ヒッコリーとかマルチヒッコリーとか言いますね。

天満の串カツ屋「串寅」は安くておいしい

金曜日の夜は大阪へ行っていました。

古着屋JAMの福嶋社長、そしてこのブログのスポンサーでもある株式会社こちすまの福村社長とのお約束でしたが、お約束が8時過ぎからだったので、その前に一人で天満に向かいました。


天満といえばこちら。

串カツの串寅さんですね。

元々、中崎町の古着屋CHOKEでCHOKEブラザーズとしてカジカジで連載を持つなど、アパレル・古着業界でも活躍されたアツシさんのお店です。

オススメ串カツ6本セット500円、生ビール300円とかいう超絶大阪プライスの串カツの名店。

そーっと覗いてみたら、ほぼ満席でドキドキしながら入りましたが、なんとか席を空けて頂きまして、串カツを頂けることに。

1時間ほどしかなかったのですが、とりあえずその6本セットと生ビールを注文。


エビ、アスパラ、レンコン。

串カツと言えばエビでしょう!というエビから、実は原価が一番高いアスパラも惜しげもなくオススメセットに入り、また裏の串カツのエースレンコン。

レンコンのサクサクは本当に串カツによく合う。

アスパラはセットで出すと原価割れしちゃうこともあるらしいです(笑)


牛肉、ゲソ、なすで6本。

これで500円。

安い!!

そして美味しい。

家でも串カツ、することあるのですが、家庭ではこの衣の薄さが難しい。

この薄さでサクッとはいかない。

奇をてらっていない、真っ直ぐな串カツ。これこそ大阪の味。

この後、両社長と寿司懐石を食べるといった話をしてたらアツシさんも

「ほな、こんなとこで油物食べてる場合やないじゃないですか」

と調子よく言ってましたが、その間に満席だった席が少しづつ空き、僕と常連さんと思しきおじさまと二人になりました。

そんなタイミングで予約されていた三人のお客さんが来られ、なんか間が悪く、予約いらんかった感じになってしまい、急に忙しかった感じを出し始めて

「ふぅ、第一陣が引いたな」

とか呟いたり、小芝居始めるアツシさん(笑)

僕もタイムアップだったので「じゃぁお勘定を・・・」
と言うと

「まだ席減らすんですか!」

と本気で訴えかけるアツシさんに

「最後の一人になる前に」

と、逃げるように帰ってきました。

相変らず楽しく美味しい、そして安いお店でした。

大阪の宝っすね。

最近はインスタにハマってるそうなので、串寅さんの最新情報はこちらをチェックしてください。➡@kushitora_tenma

2018年12月13日木曜日

今年の僕の好きが詰まった90’s J.CREW パッチワークキルティングシャツ

今年のマイヒットアイテムはキルティングシャツ!そこに大好きなパッチワークやネルシャツという僕の好きの要素が詰まったキルティングシャツを発見。


クリスマスカラーで温かみがあって、パットワークのバランスも素晴らしい。

それもそのはず、こちらJ.CREWのもの。

少し古いタグが付いていて、90’sとのこと。



一見、ネルシャツですが、中はこんなふうに真っ赤なキルティングになっておりまして、あまり分厚くはないですが中綿仕様になっています。



今日、アウターとして着てみましたが、今日ぐらいの気温ならアウターにもなるレベルの保温性があり、真冬にはインナーダウンがわりに着ようかなと思っております。

ミドルアウターとしてもインナーダウンよりファッションとして着やすいですよね。90'sのJ.CREWってのもポイント高し!!

あと、この中綿キルティングシャツ。素晴らしいのは保温性やデザインだけでなく、中綿でネル生地なので、気兼ねなく洗濯出来るのも嬉しいポイントです。

着用画像

ちょうど今日、着ていたので着用画像を。


パンツはU.S.ARMYの定番軍パンM65で、靴はNIKE AIR MAX95。
インナーにはTHE モンゴリアンチョップスのトライアングルパーカーを着ています。

トライアングルパーカーは嫁さんが気に入り、今は嫁さんが着ているので、今日は僕が「着ていい?」とお許しを貰って着てきました。

少し着丈が長いかなぁと気にしていたのですが、こうしてみると問題なさそうですね。
着心地は非常に良い感じです。

これからの季節はミドルアウターに使う感じですかね。

おわり。

2018年12月12日水曜日

1970年代前半の赤単の付くリヴァースウィーヴパーカー(緑)

赤単の付くリヴァースウィーヴパーカー

昔々、7年前に一度掲載しているのですが、画像が切れていたので、画像を撮影しなおして、文面も再編集して掲載します。


70年代の単色タグのつくCHAMPIONのリヴァースウィーヴパーカーです。

ボディーカラーは緑、プリントは黄色の三段プリント。

いつもリバースウィーブと書いたり、リヴァースウィーヴとか書いたりしていますが、正しくはリヴァースウィ-ヴだと思っております。
めんどいからリバースウィーブって書いちゃうけど(笑)

リヴァースウィーヴはまあスウェットの王様といっても過言ではないアイテムで、人気も高いし、僕も大好きで相当な数、持っています。

勿論、愛用していて、冬場なんかは毎日、部屋着も日常着もおしゃれ着も全てリヴァースウィーヴって感じです。

最近も着なくなったリヴァースウィーヴ4着を繋いでブランケットを作りましたが、4着も潰しちゃうほどヘビーに着まくっています。

リバースウィーブの限界の向こう側②

タグは赤単タグアンダーバー入り

タグはこんなん。



アンダーバーのつくタイプの赤単ですね。

アンダーバーが入るのは単色タグの中では古いとされているタイプで1970年代前半に使われたタグです。

リヴァースウィーヴはスウェットもパーカーも大好きですが、中でもパーカーは、なお好きで、以前、単色タグ以前のモノで全カラー揃えようと、躍起になっていました。

青単(青のアンダーバー無し単色タグ)の頃になりますと、カラーが増えるのですが、それ以前のものですと、僕が持っているのはグレー杢、白杢、赤、黄、エンジ、緑、ネイビーといったとこでしょうか。

他に、もしかすると杢のない真っ白があるかもしれませんが、まあ、恐らく、この辺までだと思います。

ネットで黒というのを見たことが御座いますが、そちらは緑が褪せたものという噂も。
真偽のほどは定かではありませんが。

これが80年代に入り青単の頃になりますと、僕の持っているのでは、オレンジとか紫が出てきますね。

他にも持ってないのでは茶色もあると聞いたことがあります。

そして、トリコロールタグの時代を経て、現代では数え切れないぐらいのカラーが出ています。

プリントがズレてたり

ところでこのリヴァースパーカー。
プリントがちょっと変。


センターから微妙にズレています。

今、このクオリティーの商品が出て来たら、間違いなくB品扱いでしょう。

下手したら廃棄されるレベル。

でも割と、昔のアメリカのヴィンテージはこんなの普通にありますよね。

アメリカ人のおおらかさが出ていますね。

まあ僕らもサラ着なら文句言うけど、古着だと受け入れちゃうところがおおらかです。

着用画像


パンツはフルカウントの黒シャンパンツ。
FULL COUNTブラックシャンブレーパンツ

この時代のリヴァースウィーヴはアームホールも細く、割と現代的にシュッと着られます。

1980年代以降のアームホールの太いどん臭い形も魅力的ですけどね。

おわり。

2018年12月11日火曜日

ヒートテックがダメな人がZOZOHEAT COTTONを試した結果

化繊の肌着がダメ

僕は化繊の肌着が全くダメです。ダメな理由は以下3点。

  1. チクチクしてダメ。
  2. ヒートテックのレギンスはむしろスースーして寒い。
  3. そもそも着心地が悪い。


なので、肌着はもちろん、パンツも綿100%です。

綿100マニアの皆さん!無印良品に綿100のパンツありますよ!

敏感肌の冬場のインナー

勿論、ヒートテックは何度か試しました。
発売直後、そして数年前にも「品質が良くなってるかも・・・」という期待でもう一度。
でも全くダメでした。

そこで僕は綿100%のサーマルの上下を愛用しています。

最高のインナー「GCワッフルクルーネックLST」
OUTDOOR サーマルレギンス
MY STANDARD UNDERWEAR

そこに来てのZOZOHEATの発売。
しかもZOZOHEAT COTTONの文字が。
最初は混紡率も明らかにされてなくて、twitterなどのリアルタイムの反応を見ていても、「ヒートテックのダメな自分には最高!さいあんどこー!!」というツイートを数々見まして、僕もかなり期待しました。

が、ポリウレタンが5%も混紡されているということで、「あぁ、きっとダメだな」と、お察しだったのですが、試したことはないものの、ベルメゾンのホットコットなんかは同じ綿95%という混紡率ながら肌側は100%コットンのパイル地になってたり、値段は張るけど綿100%のものも出ているので、ZOZOHEATにも僅かな期待があったのと、「伸縮素材にあなたサイズなんかいんのけ?」という疑問を解消すべく、注文してみました。

遅延なく届いて驚き

僕は過去、ZOZOSUIT、ZOZOの2Bスーツの2つを発売日に購入してきました。
しかし、ZOZOSUITはクソほど(半年ぐらい)待たされた挙句、全然違うドット柄の全身タイツが届いたり、3ヵ月待たされた挙句、「オーダースーツというレベルのものを作るには技術レベルが足りなかった」と言われてキャンセルを提案され、最終的にキャンセルとなるなど、散々な目に遭ってきたので、今回も「はいはい、どうせ届かないんでしょ」と思っていましたが、なんと注文して3日後には届いていました。


快挙!!

ZOZOさんが・・・
あのZOZOさんが・・・

ZOZOスーツ生産失敗でドット柄の全身タイツに仕様変更
ZOZOのオーダースーツ、案の定届かないし、大幅に遅れるらしい。
ZOZOのオーダースーツ(2Bスーツ)は技術レベルの問題でキャンセルに

このZOZOさんが、遂に配送遅延なく送ってこられました。
(※現在はサイズ欠けなどでなかなか買えない状況になっているようです。)

開封の儀

ということで、開封の儀。



中にはシンプルにZOZOHEAT COTTONが真空パックになって入っています。



開いた瞬間、あまりのしわくちゃにたじろぎましたが、まあ、真空パックにするとそうなる仕様なんだろうと納得。



実着!これがあなたサイズの肌着だ!!

これが肌に合えば、僕の人生は一段豊かなものになるぞぉ!!とワクワクしながらいざ実着!!

肌着をSからLLの4サイズ程度で出してる既存メーカーさんよ、目ん玉かっぽじってよーく見とけぃ!!
これがあなたサイズの肌着だ!!!!!



ドーンっ!!!

うう・・・

びみょい。



胸がややゆるい。胸囲92とかいうサイズに不安はあったものの、ZOZOタイツで計測したあなたサイズを信用していたけど、びみょい。その・・・別におかしなサイズじゃないけど、4サイズ展開の他の肌着との違いがわかんねえ。

ほんで着丈なんぞ!!

なにごとぞ!!

あれか、ポリウレタンの伸縮性の問題か!
たるまして着たらええんか。。。


全体的にたるむ!!

腹もあまる!!
まあ、着られなくはないというか、Lサイズですと言われたら別におかしなサイズではないけど、これが1000サイズある中のお前サイズだと言われるとびみょい・・・。

そもそも伸縮素材なんてやや小さめに作っとけば伸びてピタっとするんじゃないんかな??

着心地はチックチク

一応、着心地チェックには素肌で着てみました。

着て早々、チクチクを感じて、即察しましたが3時間ぐらい我慢して着てみました。

まあ、3時間着ようが何しようがチックチクでした。
あとお前サイズっぽくするべく、やや小さめでポリウレタンの伸縮性でピタっと感を出しているためか、身体にまとわりつくのが肌ヨワヨワ人間には不快。

といっても、そもそも、僕のような肌ヨワヨワ人間は、ポリウレタン3%混のボクサー型パンツがダメだったので、まあ仕方ないっちゃあ仕方ないですね。
おとなしく今年も綿100%の肌着にお世話になります。

2018年12月10日月曜日

リバースウィーブの限界の向こう側②

先日、8年前に500円で買ったリバースウィーブの今として、8年間ヘビーに着まくった結果、そろそろ限界に達しつつあるのをご紹介しました。

8年前に500円で買った80'sの「YALE」のリバースウィーブの今。

そして前にリバースウィーブの「限界の向こう側」として袖リブがボロくなってしまったリバースウィーブをカットオフにしましたが、今回はその限界リバースウィーブを使ってまた違った再活用を。

リバースウィーブの限界の向こう側①

僕はリバースウィーブが好きで、冬場は部屋着も日常着もオシャレ着もほとんどがリバースウィーブです。
なので、中にはかなりくたびれたリバースウィーブも出てきます。


みんな首元がボロボロ。


さすがにここがボロボロになると、いくらボロ好きの僕でもよほど雰囲気の良いヤツでない限りは外では着られなくなります。でも、みんなボディー部分はまだ結構しっかりしてるんですよね。

そんなわけで、このボロボロになったリバースウィーブ、ボディー部分解体しちゃいます。



で、それぞれをミシンで繋ぎ合わせる。こんな風に。



4着のリバースウィーブを繋ぎ合わせて出来上がったのがこちら。



大きめのブランケット!

僕は自動車通勤なのですが、これからの季節、朝が寒い!!
そんなわけで車に膝掛用のブランケットを積んでおきたいのですが、なかなか格好良いブランケットって見つからないですよね。
それで、以前から、リバースウィーブを繋ぎ合わせてブランケットを作りたいなぁと思っていました。

それでボロくなったリバースウィーブも捨てずに取っておいて、先日のYALEリバースが寿命を迎えたところで4着貯まったので、遂に実行。

一応、端は折り返して縫って処理をしているのですが、ここにトリコロールタグも付けちゃいました(笑)



もう正真正銘のリバースウィーブのブランケット。
ちなみに使ったリバースウィーブは90’sのグレー以外は全部、このトリコタグが付いていました。

実際に膝にかけるとこんな感じ。



大き目に作ったので、寝るときには掛布団にもなるし、フリーファブリック的にソファーにかけたり、アウトドアでは敷くことも出来そう。
結構、使い勝手良さそうです。

勿論、スウェット地なので、ウールのものや、起毛系やフリースに比べると暖かさは劣りますが、格好いいのが一番。

製作は2時間弱ぐらいでしょうか。
スウェット地は伸縮しちゃうので、僕程度ではあまりうまく縫えませんでしたが、それでも十分な仕上がりです。

勿論、細部を見れば素人仕事がえぐいですが、ハンドメイド感があってそれも良いでしょう。

単に膝掛を作るだけの目的なら2着潰せば出来そうですし、興味の湧いた方は是非、チャレンジしてみてくださいませ。
何年も作ってみたいなあと思いながらも、作り始めるまではとっても面倒に思っていましたが、作り始めたら結構余裕で出来ちゃいましたよ。

おわり。

2018年12月9日日曜日

ZOZOHEATがもう買えない?&一週間コーディネート

ZOZOHEATがもう買えないらしい

ZOZOTOWNが先日発売を大々的に発表した吸湿発熱肌着「ZOZOHEAT(ゾゾヒート)」。

ZOZOがヒートテックを圧倒(?)する吸湿発熱肌着「ZOZOHEAT」を発売!その実力は!?

僕は当日に一着注文しました。

発送遅延で鳴らすZOZOさんにしては珍しく、もう発送してくれたそうで、明日にも届きそうで驚いています。

それでZOZOHEATの評判をずっとtwitterなどで追っているのですが、今回はなかなか好評のようです。ビジネススーツ(2Bスーツ)は相変わらずアレですが。
それでか、元々在庫が少なすぎたのか、既に入手困難になっているようです。


実際、僕のサイズも既にサイズ欠け。

1000サイズ展開!と威張るなら、S~LLの4サイズに絞って在庫をしっかり確保した方が良かったんじゃ・・・と思いますが、どうなのでしょうね。
さすがにこんなに短期で在庫切れになっていてはお話にならない気もするのですが、予想以上に飛ぶように売れたのか、はたまた今の特別価格で売れて良い数量に上限があるのか。。。
株価対策に前倒しせざるを得なかったのか・・・

ZOZOHEATの発表でZOZOHEATの生地を作るクラボウは179円上げて2857円になったのに対し、ZOZOは24円しか上げられませんでした。
前澤社長がtwitterで煽って、大々的に発表して、オーダースーツ発表時は物凄い反応だったと記憶しているのですが・・・この在庫切れを月曜日に市場がどう判断するのかは注目したいところです。

一週間コーディネート

それでは一週間コーディネートです。

今回は11月26日~12月2日まで。

11月26日


というわけで今日は、おチンストのついたダックヘッドのカバーオール着てます。レジスターマークが付いてたりチンスト付いてたり、現存数が多かったりで年代判別が難しいですが、タグ的に50's説が有力みたいです。パンツはフルカウントの黒シャンパンツ。

11月27日


今日はコロンビアのアノーラックパーカーと517コーデュロイ。ドラえもんポケットがハンドウォーマーにもなってて、なかなか気の利いたアウターです。ほんで517は相変わらず形がバツグンですね。

11月28日


今日は50'sのSMITH'Sのヒッコリーカバーオールにラルフのパンツ!今までインカメラで撮影してたけど、アウトカメラかな?通常のカメラ?やと全然画質が違いますね。

11月29日


今日は50'sあたりのFinck'sのヘリンボーンツイル地のカバーオールにRRLのブラウンデニム。異素材カバーオールが大好きです。

11月30日


今日はユーロのワークパーカーに517コーデュロイブラック!

12月2日



今日は子供達と自転車でウロウロひてたのでコロンビアのナイロンパーカーと517ブラックコーデュロイとリーボックのオレンジの靴でした。

おわり。

2018年12月8日土曜日

8年前に500円で買った80'sの「YALE」のリバースウィーブの今。

80's REVERSE WEAVE (YALE) VOL.12

2011年の初売りで買ったCHAMPIONのリバースウィーブ。



トリコロールタグの付く80年代のリバースウィーブです。


このタグが刺繍になると90年代、トリコロールカラーではなく青や赤などの単色だけのタグだと1970年代となります。

ボディーは綿ポリ90/10の混紡ボディーで、80年代は他のボディータイプがありますが、一番オーソドックスなヤツです。
60'sまではCOTTON 100%だったのですが、70'sからはずっとこのタイプがメインに使われてます。

こちらは2011年の中崎町にあったREISSUEさんの初売り超絶セールで購入させて頂きました。今(2018年12月)から約8年前ですね。

買った時はこんな感じでした。



個人的に、古着は自分が納得すればそれが適正価格だと思っていて、比較するものじゃないと思っているので、あまりここで買ったモノの値段は書きたくない&書かないようにしているのですが、500円でした(笑)

何の変哲もない80'sのボディーでプリントも一段ラバープリントではありますが、売りはなんといっても見ての通り、YALE(イェール)大学のプリントですね。
YALE大学はコネチカット州にある大学で、全米でも歴史が三番目に古く、アイビーリーグに属する8校のうちの1校でもあり、文字通り名門中の名門大学ですね。
wikipediaによると、

US NEWS RANKINGS(学部課程のランキング)では毎年ハーバード大学、プリンストン大学と共に3位以内に入り、米国を代表する名門大学として不動の地位を保っている。これら3校はBIG3と呼ばれ、また頭文字を創立年順に並べてHYPと略記されることもある(西海岸の名門スタンフォード大学を加えたBIG4、HYPSという略称も用いられることがある)。

とまあ、凄い大学です。

80’sのボディーですが、袖にCマークが付いているので80年代後期頃のものと思われます。
1985年以降でしたっけ??

その辺りの年代判別やディテールの知識がかなり忘れちゃってるので、また勉強しなきゃですね。

500円リバースの8年後

このぐらいのリバースウィーブはアームが太く、ゆとりがあるので部屋着には最高。
そして、普段着としても使いやすいということで、かなりヘビーに愛用してきました。

その結果。


リブがボロボロ。
今も部屋着にインナーに着ていますが、もうそろそろ終わりですね。。。


袖も限界。

500円で8年愛用しました。

そして、この先も・・・
単に処分はせずに再利用を考えています。

最後の最後まで愛用します。

おわり。

2018年12月7日金曜日

今年、気になっているのはキルティングシャツ #買ったモノ

アメリカのワークウェア、特にカバーオールが大好きなのですけど、基本はデニムジャケットなので、生地が薄くて真冬は寒すぎです。
ブランケット張りのものは基本的にウールが貼ってあって敏感肌の僕にはチクチクがちと不愉快。

そんなわけで例年、インナーにインナーダウンを着てカバーオールを着ています。
このインナーダウンが素晴らしくて、ライトアウターを一躍ヘビーアウターに変えてしまう素敵アイテムなのですが、ただダウンなので、どうしても見た目が「モッコモコ」です。

これまでは「俺はモッコモコになってもカバーオールを着るんだ!!」と、硬派ワークマニアを気取っていたのですが、なんか今年は気分が違って「モコモコになるのヤダなぁ」とか思っています(笑)

それでフリースをインナーに??とかいろいろ考えてみたのですけど、これやな!と思ったのがキルティングシャツ。

キルティングなので、ダウンほどではないにしろ関西地方の冬ぐらいならなんとかなりそうな程度の保温力は期待できそうです。
そしてダウンほどモコつかない。しかも安い。

となればこれやな!と確信するわけで、キルティングシャツを古着屋さんやリサイクルショップでとにかく探しています。

それでまず買ったのがこちらですね。


ややモコついてはいますが、赤チェックのネル風キルティングシャツ。
ややジャストすぎぃなサイズなのですが、インナーで着るからええかなあとか思って。
Gym Masterというカナダのクラフトブランドのものですが、日本企画モノで、日本企画のものは日本の会社が権利を買って作って売ってるっぽいですね。


インナーはこんな感じになっています。


というよりリバーシブルになっててキルティング側を上にして着る事も出来るシステムです。


タグが悩ましいところに付いてて、裏返してキルティング側で着るには邪魔ですけどね・・・

どうして着るんだろうか。。。

と、まあそんなわけで、暖冬とも言われている今年はこのインナーにキルティングシャツを着るスタイルで過ごしてみたいと思います。

ちなみに価格は1600円とかでした。

おわり。

2018年12月5日水曜日

以前愛用していたREEBOK「ビートニック」の思わぬ入手方法 ※2018年追記

2018年 新ビートニックを手に入れる

2018年11月、REEBOKのビートニックを手に入れました。


それで昔履いていたビートニックの記事を探してみたら、自分の記憶と全然違ってビックリ。

この記事の後半に手に入れた当時の文章をほぼそのまま残しているのですが、自分でピクルスで買ったと思っていたビートニック。
まさかの以前、F-STREETを手伝ってくれてたもっちがプレゼントしてくれたものみたいです。

プレゼント貰っておいて忘れるとはふてえヤツですね。
ブログ書いておいて良かったです。
もっちありがとう。

先代REEBOK「ビートニック」

こちらは2011年3月に執筆した記事です。
以前履いていた先代ビートニックの記事になります。

先日、毎日のように履き続けた通勤靴(普段もガンガン履いてました)が破れちゃったので、次なる相棒を捜し求めていたのですが、その記事を読んで、ウチの編集員もっちが「コレどうですか?」と素敵な靴を持ってきてくれました。

それがコチラ。



リーボックのビートニックです。

コチラ、jaBBerさんの前身PICKLESさんの定番だった商品で御座いまして、ネイビーというよりもインディゴブルーといった方が良いようなナイスカラー&ストラップテープがイエローとコチラもナイカラな一品で御座いまして、僕の希望しておりました
  1. ガボッとサンダルみたいに履けて冬でも行ける。
  2. 見た目がいい。
  3. 丈夫。
  4. 安い。
にきっちり当てはまる見事なチョイスです。

ただ、ガボッと気持ちよく履くにはストラップテープが邪魔だなあ・・・と思って、切るか外そうと企んでいました。
ところが!何の気なしに、歩いているときに、ふとテープを止めてみましたら、スニーカーばりの歩きやすさやないですか!!
というわけで、ストラップテープさんには今後も活躍していただくことにしました。

しかも、サンダルのようなタイプですが、非常に暖かい。
今日なんかの日でも、逆に蒸れるんちゃうやろか??と不安になるほどの保温効果です。
夏は普通にサンダル履きますんで、もう願ったり叶ったり。

一応は、通勤靴なのですが、これだけかっこええ靴ですと、普段履きにも使用しないともったいない!
勿論、普段もガンガン履く予定です。

唯一、不満なのは、洗濯が出来ないとこぐらいですかね。
前のんは、コインランドリーの靴専用洗濯機でガンガン洗ってましたので。。。

(2018年追記)ところで、この記事を書いたのは東日本大震災直後だったようです。
忘れてはいけない大災害でしたので、通常、そうした導入文や時事的な事は再編集の際、消しちゃうことが多いのですが、以下そのまま残しておきます。
ちなみに先代ビートニックは2018年まで愛用し、シャークソールがもはやシャークじゃなくなるまで履きました。

日常を再開

東日本太平洋沖地震がありまして、被災地の方々は勿論、日本全国が日常を奪われまして、大阪は震度は2でしたが、ユラーユラーと非常に長い時間ゆれてて、僕は一瞬、頭がおかしくなったのかと勘違いしたほどでした。
そんな地震もありましたが、被災地ではない我々が出来ることは、募金・献血・節電・一刻も早く日常を再開する事でしょうか。
とにかく、今後、被災地の皆さんは復興という大変な大仕事に立ち向かわれるわけでして、そんな被災地と日本中の大仕事を前に、被災地ではない我々が経済を止めるわけにはいきません。

被災地の皆さんの安全と一日も早い復興を祈り、出来る範囲での努力をしながら、大いに遊んで大いに買い物をしなければならないのです。
そんなわけで、今日からF-STREETも日常を取り戻していきます。

本当は一昨日からの予定だったのですが、一昨日はイレギュラーでF-STREETの打ち合わせとなり、大阪古着祭のブース配置を決めてきました。そして、昨日は愛娘が39度の高熱を出し、夜間診療に行っていた為、更新出来ませんでした。

そんなわけで、今日からF-STREET CHIEF'S BLOG再開です!

おわり。

Reebok「ビートニック OLIVE」を買ったけど泣いている。

前から欲しいなと思っていたものがZOZOのセール「ZOZOWEEK」で安くなっていたので購入しました。


箱の中身はなんでしょね。


Reebok!!

そして、ジャーン。


Reebokの名作ビートニック。

10年以上前に南堀江の今の古着屋jaBBerがあるところにあったピクルスで買ったビートニックを長らく愛用していて、数年前に処分してしまったので、昨年、復刻された時は結構テンションあがりましたが、それなりのお値段がするので購入までには至っていませんでした。

ですが今回、ZOZOWEEKでそのビートニックが半額になっているのを発見!

ちょうどZOZOのオーダースーツ(2Bスーツ)でZOZOさんから「満足いくものが作れないからキャンセルを提案します」という提案をもらった時に頂いた500ポイントのZOZOポイントがあったことと、デザイン優先で特に使いもしないのにZOZOカードを使っているので、ZOZOポイントが貯まっており、ちょうぢいいタイミングだったので購入を決意!

本当は株を持っている靴のロコンドで買いたいところですが、背に腹は代えられず(笑)

それで届いたビートニック。

物はどこで買おうがリーボックさんがちゃんと作ってくれているので、半額でZOZOで買ったとしても素晴らしいモデルです。


スウェードアッパーとベルクロストラップの高級感とチープ感のマッチングが素晴らしいデザインです。

またベルクロサンダルのような形なので、着脱にストレスが少なく、長時間の着用にも問題ないところが素晴らしい。

ベルクロで調節するので、フィット感も良く、普通に走ることも出来ます。

またなんといってもシャークソールが素晴らしい。


この世で一番男らしいソールでしょう。

普段、仕事の時は白衣を着用するため、毎朝、そして退勤時に職場で着替えなきゃいけないのですが、更衣室で着替える時はズボンの穿き替えに必ず靴の踵を踏むか、地面に直に立たないといけないのですが、それがどうしてもどちらも嫌で、通勤時はサンダル型の靴を愛用しています。

ただ、スポーツデポの安売りで買ったイグニオのもので利便性は高いのですが、オシャレさには欠けるところは否めませんでした。

ですが、このビートニックはそんな問題も解決してくれます。

踵はただのベルクロなので、踵を踏む必要はありません。
つまりビートニックを履いたまま着替えが出来るという事です。

しかもデザイン性も高い!

ただM65など軍パンを穿くことが多いので色(オリーブグリーン)はどうなのというところはありますが、まあ仕方なし。
ロコンドだと無料で返品出来て、交換可能なのですが・・・とポジショントークも含みつつ、これからは通勤に普段履きに、ビートニックを投入していこうと思います。

安く買えて良かった!!!ラッキーでした!!・・・と思ってたら、楽天スーパーセールで更に安くなっているのを見てしまい、泣いている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
全品送料無料! 12/4 17:00〜12/11 16:59 【公式】リーボック...
価格:5443円(税込、送料無料) (2018/12/5時点)


安っ。

おわり。