羽曳野BROOM

2018年11月12日月曜日

試着できる靴の通販サイトLOCONDO.jpを使ってみた雑感

ZOZOTOWNがZOZOスーツやプライベートブランドZOZOの2Bスーツで盛大に評判を落とす中、「靴を買うならロコンド」のCMで一気にアパレル通販業界でその名を轟かせ始めたのが”試着できる靴の通販サイトLOCONDO”。


靴だけではなくアパレルも多数取り扱っており、個人的に目を引くのはトリッカーズやチャーチ、宮城興業など靴の名品を取り扱っている点。
ZOZOTOWNにはいいのがないんですよねぇ、あまり。

しかも返品無料を謳っていて、通販サイトでありながら試着が出来るというビジネスモデル。

足は朝と夜でサイズが違ったり、左右でサイズが違ったりするので、ジャストサイズの靴を探すのには試着が一番。
しかもそれが家で、朝夕問わず何度も試着できるというのはこの上なくありがたいサービスです。

現在、ZOZOスーツで失敗したZOZOがZOZOSHOESの開発に乗り出していますが、この朝夕のサイズ差はかなり指摘されています。
あと、靴のデザインのバリエーションも作りにくいですよね。ましてや大量製造が難しいグッドイヤーウェルト製法などワンランク上の靴はとてもじゃないけど作れないと思われます。

そもそもが試着できれば万事OKなわけで、ZOZOの2Bスーツでなかなかの仕打ちを受けた人間としてはなんとなく凄そうなイメージだけの精度の低い測定技術には現時点では見切りをつけており、LOCONDOのサービスはとても気になっていました。

ちなみにLOCONDOではオリジナルのロコメジャーというプリントアウトして巻尺にして足囲と足長を測ると足形にあった靴のリストが表示されるというZOZOスーツを皮肉ったような超アナログなメジャーを無料配布していて、しかもデザインが・・・(笑)


ZOZOSUIT柄(笑)

で、LOCONDOでこの試着サービスを使ってみたんで、その雑感を。

実際には試着サービスを使ったというより、LOCONDOで靴を買ったのですが、サイズがどうしてもハーフサイズ小さい気がして返品したくて調べたら、返品無料で驚いたという話なのですが、使ったのは数か月前。

宮城興業の革靴を購入しました。


ウィズがEEEなので、ハーフサイズ下げて9EEEを買ったのですが、足の指が本来、一番長いはずの中指より親指の方が長い僕の足には少し親指のところが窮屈でした。
それで、どうしてもハーフサイズ小さいなあと思って、最初は革靴だし、そのうち伸びるんじゃないかなという希望的観測の元、調べてみたら、なんと購入から2週間は屋内での着用のみだったら返品が可能と知り驚いた次第です。

説明書きには、入っていた説明書なども必ず同封することと書かれていて、買ってから少し経っていた僕は、全部の同封物が揃っているかどうかの自信がなく、また靴を包んであった紙が少し破れてしまっていた事、などを不安に思いながら物流センターにお送りしたら、アッサリと返品を受け付けてもらえました。しかも迅速に。

返送の送料だけは掛かりましたが、少しのストレスを感じながら靴を履き続けるより数段良かったなぁと思いました。
ちなみに僕は楽天市場のLOCONDOで買ったから返送の送料がかかったのですが、公式通販サイトなら送料無料みたいです。

その後、「一回、買い物を失敗してもう一度買い直すと思って・・・」とか思って、別でオールデンを買っちゃったのは、LOCONDOさんには本当に申し訳なかったと思っていて、こうして精一杯レビューさせて頂くことにした次第(笑)

ALDEN #901 パンチドキャップトゥを買った理由と魅力をタップリ語る

AmazonもLOCONDOの後追いで始めたみたいですが、この試着サービス、本当に素晴らしいと思います。子供騙しななんちゃってテクノロジーより、ちゃんと試着して買うのが一番ですよね。

試着しないと質感やコーディネートイメージにズレがあったりするし。

ちなみにLOCONDOは楽天にも「LOCOMALL」を出店されているので、楽天ポイントをためておられるちなみにLOCONDOは楽天にも出店されているので、楽天ポイントを貯めておられる方はこちらもオススメですよ。


LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

2018年11月9日金曜日

My Standard!Vol.2「リングベルト」

My Standard!

以前、自分の定番アイテムをまとめた「My Standard」というコーナーをやろうと決めて定期的にやっていこうと思い、第一回で「ボロボロパンツ」を紹介したのですが、それ以来一回もやっていませんでした(笑)

My Standard!Vol.1「ボロボロパンツ」

そんなわけで急に復活。

My Standard!Vol.2「リングベルト」

第二回はリングベルトです。



上記リングベルト3本は最もヘビーユースしているリングベルト3本なのですが、真ん中のはBEAMSと書いていますが、BEAMSで買ったのではなく、STREET JACKという今ではどんな雑誌だったかも忘れた雑誌についていた付録です。

久しぶりに雑誌を付録買い!!street Jack 11月号

ちょうど3年前に購入していますね。

で、両サイドのものはキロストアのオンラインショップで購入したもの。

キロストア

キロストアは年間1000トン以上の古着をヨーロッパはもとよりアメリカ全土から直接輸入している貿易商社が運営するお店です。との事で、古着好きの方はご存知の方も多いかもしれませんが、いわゆる量販型の古着店といいましょうか。僕の知る限りではアメリカ村のパルコデュエに以前ありましたね。

そのキロストアのオリジナルアイテムでした。

そして、その価格なんと315円!!!
これにはビックリしまして、勿論、即購入致しました。

元々5色展開されており、しかも315円ですから全色欲しかったのですが、残念ながら3色売り切れており、画像の通りのORANGExWHITEとBEIGExWHITEしか買えませんでした。

製品は315円とは思えないぐらい長持ちで購入から6年が経った今も現役で使っています。
確かに、安っぽさがない事はないですが、リングベルトですからね、カジュアルでいいですし、だからといって、丈夫さに欠けるとか、生地が薄いといったことは感じません。

むしろそれが魅力です。
安くて気兼ねなくカジュアルに使えます・・・といってもよほどフォーマルな場でない限り、僕は全てリングベルトです。


あまり登場回数はないですが、バンダナ柄のはcoenで、柄物の方は忘れましたが、どちらにしても1000円以内では買っていると思います。

他にも持っていますが、とにかくこの数百円とかでいっぱい気軽に買えるのが魅力ですね。

そんなわけでマイスタンダードなベルトはリングベルトです。

おわり。

40's U.S.ARMY COVER-ALL 「PW」

40's U.S.ARMY COVER-ALL 「PW」

今日の午前は大雨でしたが、だいぶ温かくなってきましたね。
昼間は上着がいらないぐらいですが、カバーオールなんかのデニムジャケットやワークジャケットが大好きな僕には過ごしやすい季節です。

そんなカバーオール好きな僕ですので、ここでもいろいろ掲載してきましたが、今日のはその中でも紛れもないエースクラスカバーオールです。



フラップポケットが特徴的な40年代のU.S.ARMYのカバーオールです。
個人的に、数あるカバーオールの中でも、デザイン的にはこのアーミーカバーオールが秀逸なんじゃないかと思っておりまして、またアーミーカバーオールは、後プリっぽいのも含め、部隊名などがステンシルされているものが多く、単純に最もかっこいいアウターだと思っております。

そんなコチラのアーミーカバーオールにもステンシルが・・・



だいぶ薄くなってしまっていて、よーく見ないとわかりませんが「PW」と入っております。
PWはご存知の方が多いと思いますが、Prisoner Of Warの略で、戦争捕虜の事を指します。

古着の世界にはこのPWモノがいくつか存在しますが、人気も高いために、後プリ(後からプリント)したものも多く存在するのですが、このカバーオールには、少々説得力のある部分が。。。



かなり状態のいい一着なのですが、恐らく製造過程でイレギュラーがあったようで、胸の辺りに綺麗なリペアが見られます。
恐らく、このダメージが原因で、イレギュラーモノとしてPW用に回されたものではないかと思います。

まあ、だからと言って、当時モノのプリントかはわからないのですが、そんな所に思いを馳せるのが古着の楽しみ方の一つですよね。

残念ながら、既にかなりステンシルが薄く、両腕にもステンシルが入っていますが、「PW」と判別するのも難しい状態で、何も知らない人が見ると、白く汚れているだけみたいな塩梅です。

背中はかろうじて「PW」と読み取れますが、もうすぐ消えちゃいそうな程度です。
PWモノはあまりこれ見よがしなのはレプリカっぽくて、少しやれているぐらいが好きなのですが、さすがにもうちょっと消えてしまうと、それはもう無かった事になっちゃうので、消えないように気を使いながら着ています。

もし、消えてしまったとしても、前述通り、デザイン的には最高のカバーオールだと思っていますので、変わらず大事に着て行きます。

アーミーカバーオールはこの辺の年代のカバーオールにしてはサイズ感や形が非常に良い物が多く、若干モッサリ感が出がちなワークウェアの中でも、スマートな雰囲気で着る事が出来ますので、ワークウェアのモッサリ感に抵抗がある方にもオススメですよ。

2nd SNAP#4掲載

ちなみにこのARMYカバーオールを着て雑誌「2nd」のスナップ雑誌「2nd SNAP #4」に掲載してもらいました。


ARMYプルオーバーはこっち

同年代のU.S.ARMYのデニムジャケットにはプルオーバータイプもあります。

これまた格好良くて、見つけた時に即買いしました。

そんなARMYプルオーバーの記事は以下よりどうぞ。


おわり。

2018年11月5日月曜日

ボクシング入門と一週間コーディネート

体型維持にボクシング入門

ヴィンテージマニアにとって体型維持は結構重要なポイントですよね。

流行にあまり左右されずに我が道を行く、我々ヴィンテージマニアには体型が変わって買い集めたヴィンテージが着られなくなるのは本当にきつい。

ただ、年齢も30を越えると、普通に過ごしてたのでは普通に体重が増量していっちゃうんですよねぇ。

そんなわけで、あの手この手で、なんとか30代は体重を維持して頑張ったのですが、今年は40歳になりまして、いつもより更に増量してしまい、春から食事制限をして半年かけて体重をベストまで落としました。

ただ、嫁さんに
「なんか肩幅がなくなったね」
と言われてしまいまして、こりゃダメだと。

痩せるには良いにしても貧相になっちゃダメだなと。

そんなわけで、ボクシングジムに通いだしました。


ボクシングは水泳に匹敵するカロリー消費をするスポーツで、単純に1時間の消費カロリーなら最強なんじゃないかと思うほど、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた理想的なスポーツのようです。

これがね、楽しくって。
今で1か月半ぐらい通って、大体、毎週、新しいパンチを教えて頂く感じなのですが、素人目では単におもいっきり殴っているように見えるボクシングも、一つ一つのパンチに基本があって難しいんです。


それで、どんどんのめり込んで、シャドーボクシングやサンドバック、ロープ(縄跳び)のほか、多いときではミット打ちとマスボクシング(スパーリングの一歩手前?)合わせて4ラウンドぐらいさせてもらったりしています。

そんなわけで、今後はボクシングを中心に体型維持に努められればと考えていて、春にはもうちょい良い体になれるよう、頑張ります。

一週間コーディネート

では日曜日恒例(月曜日ですが)の一週間コーディネートです。

今回は10月22日~28日までです。

10月22日


60年代のタタキタグがつくリバースウィーブ。パーカーは1961年に発売されており世界最古のリバースパーカーということに。2色刷りのバックプリントと簡素なフードの紐穴が超クール。

10月23日



1967年からCHAMPION PRODUCTS INCに社名変更し、その1967〜1971年まで採用されたタタキタグ(通称プロダクツタグ)の付くリバースウィーブ。綿100ボディに規制がかかりこの頃から10%のポリ混ボディに変わる。パンツは岡山ファブリックのUSAメイドなRRLのブラウンデニム。

10月25日



刺繍タグの付く90'sのリバースウィーブ。紫×ピンクというマックスのゲスカラーが最高。M65は2本使いでこれからの季節の僕の制服みたいなもんです。

10月26日



僕の持っているリバースウィーブの中で最もお気に入りの70年代の単色タグがつくリバースウィーブ。前後にプリントが入り、バックにはロードランナーの鳴き声「BEEP BEEP」が。ロードランナーズのフォントも格好いい!雑誌「古着屋さん5」の座談会で紹介しました。

10月27日



今日は外出の予定がないので部屋着リバース。80年代のトリコタグの付くYALEもの。7〜8年前にリシューのセールで500円で買って着倒してボロボロになってもまだ着てる。さすがにリブが限界やけど、このヒビ割れたYALEのラバープリントは捨てがたいですよね。活用方法考え中。

10月28日



1970年代中期の単色タグが付くリバースウィーブパーカー。バックプリントもの大好きです。ポケットが明らかに歪んで付いてるのだけど特別珍しい事でもなく、当時のものではよくあります。寒くなってきて、いつまでリバース1枚で行けるか、まだまだあるけど完走行けるかな?

2018年11月1日木曜日

FULL COUNTブラックシャンブレーパンツ #買ったモノ

先日、twitterで出したお気に入りのリバースウィーブが結構致命的なダメージがあって、それをリペアするのに、何か良い素材はないかなぁとリユースショップ「セカンドストリート」に行きました。

ついでにパンツコーナーをチェックしていたら、破格の黒シャンのパンツを発見。


大阪発のジーンズブランド「FULL COUNT(フルカウント)」のもので、僕らレプリカジーンズブームを体験した世代にはお馴染みのブランドです。


東急ミナックスにお店がありましたね。あの頃は、他にもWAREHOUSE、EVISU、DENIME、ステュディオダルチザンなど大阪発のジーンズブランドが隆盛を極めていて、その中の一角として人気を博していました。

こちらのパンツ、状態が悪いので1600円と書いてたのですが、ダメージなどはなく、よーく見ると色落ちがあるかなぁって程度で、全然気にならないんですけどー。

アメリカンヴィンテージのブラックシャンブレーパンツと言われるものはジーパンなどと同じ綾織りで、本来平織りのシャンブレー生地とは違って、厳密にはブラックコバートという生地なのですが、この生地は綾織りで織られていて正式にブラックシャンブレーですね。


この辺りにフルカウントさんのこだわりを感じますね。
僕の持ってるブラックシャンブレーパンツは針差しシンチの金具がユーロっぽいので、ユーロものだと思われ、平織りのブラックシャンブレーパンツのアメリカモノは見たことないので、有っても相当レアかと。

1600円なら、こんな厚手のブラックシャンブレー生地を買ってもそれぐらいしそうですから、買わない手はないわけで、FULL COUTNも一部、製造をアジアに持って行っていた記憶がありますが、このパンツはちゃんと日本製でした。


形とかはオーソドックスな形で、今風と言いますか、ヴィンテージのブラックシャンブレーやブラックコバートのパンツは股上深いものばかりな印象ですが、これは今風で、形もストーンと、良く言えばオーソドックス。

針刺しシンチ付きです。


1990年代後半のレプリカジーンズブームの時は、僕はDENIME(ドゥニーム)やLevi’sの復刻モデル(日本製502XX)を穿いていたので、なにげにフルカウントのものは初ですね。
生地も厚く、細部もしっかり作ってあるブランドなので、中古で買いましたが、相当長く穿けそうです。

ちなみにボタンはこんな感じ。


NAVYパンツとかに使われているボタンをイメージされていますかね。
トップボタンがイマイチかなぁ。

1600円で買えたので、最終的に売るのか潰してリペアやカスタムに使うのか、どうなるかはわかりませんが、通勤からガンガン穿いていこうと思います。