羽曳野BROOM

2021年1月22日金曜日

ダイソーの洋服ブラシと毛玉取りブラシと毛玉取り機

 先日、ダイソーに行きました。

そこでエエのを発見。


こちら洋服ブラシです。

勿論110円です。すごっ。

元々、今まで使っていた洋服ブラシを帽子専用にしちゃったので、洋服ブラシは近い内に買おうと思っていました。

今まで無印良品のを使っていて、使い勝手も良かったので、それをまた買おうかなって感じだったのですが、110円で発見してしまっては、これは一旦、こちらを試してみようと思い立った次第です。


毛は馬毛や豚毛など動物毛ではなくポリプロピレンです。

使い勝手はまあ無印の物に比べると小さい分使いにくいのと、毛はちょっと腰がないかなって感じはあるのですが、

日ごろ、スーツなど洗濯しないような服を着ないこともあって、毎回のようにブラッシングする帽子に比べ、洋服への使用頻度は低いのでこれで十分なんじゃないかと思っています。

そして毛玉取りブラシも買いました。

毛玉取りブラシは動画にしてYouTubeにもアップしましたが大活躍しました。


フリースの毛玉をとるのには最適解だったと思います。

ニットやスウェット生地にも試してみようと思っています。

ダイソー凄いですね。

おわり。


2021年1月20日水曜日

ブーツを丸紐に、そして革紐の再利用

 昨年買ったアメ横のブーツショップ「フットモンキー」オリジナル、ロッキングシューズのブーティーオックスフォード。


濃いネイビーで他にあまり見ないカラーでとても格好いいのですが、シュータン部分の革が厚く硬い作りなのでイマイチ革紐では使い勝手が悪かったのです。

革の方が格好いいのですが、締めたり緩めたりするには丸紐の方がやりやすい。

なので、シューレースを革紐から丸紐に替えちゃいました。


ちなみに丸紐はABCマートで300円ぐらいで買ってきました。

オックスフォードなので120cmの紐です。

それで、元々ついていた革紐はもう不要になったのですが、まあまた使う機会もあるだろうと、一応残していたのですが、早速活躍するシチュエーションが。。。

先日、カインズが凄いよ、という記事「カインズが古着好きには沼だった」を掲載しましたが、そこに出てくる画像。


帽子を掛けているハンガーに帽子のケア用の馬毛ブラシとファブリックスプレーを掛けているのですが、なんかちょっとブサイク。

ブラシを無理矢理掛けているるせいで、ブラシもファブリックスプレーもなんかイマイチに写っています。

そこで、このブラシに先ほどの不要になった革紐をON!!



これでブラシが掛けやすくなりました。


うん。これなら使い勝手も良いし、見栄えも良くなった。

革紐が思わぬ形で再活用出来て良かったなぁ。

おわり。


2021年1月19日火曜日

セカスト戦利品・THE ONE SHOW改 80's POWER HOUSEのワークシャツ

 先週のヴィンテージキャンプの際に、ひょんな事からセカストに行った話を「ダッドメッシュキャップを買った」で書いていますが、古着マニア同士でセカスト行って服買ってないわけないですやんね。


店に入って秒速でストリートブランドコーナーに掛かっていたこのシャツの生地が輝いて見えて一目散にこのシャツへ。


ビンゴ!!

どこがストリートブランドなのかはわかりませんが、大阪ブランドの雄「THE UNION」などを展開する「THE」の中の1ブランド「THE ONE SHOW」のリメイクアイテムですね。

ベースは80'sのPOWER HOUSEのワークシャツ。


ポリ混の作業着然としたパリッとした生地がええ感じですね。

何より胸元のリアルな落書きが古着好きにはたまりません。


このネイティブ感のある英字がええ雰囲気出てます。

THE ONE SHOWがリメイクを施しているのは袖部分。


ワークシャツの雰囲気を外さない程度にファッショナブルにされた絶妙リメイク。

さすがの仕上がり!

ナイスシャツ!!

価格はセールで20%OFFで4000円ぐらいでした。

おわり。

2021年1月18日月曜日

古着好きならではのゴルフの楽しみ方

 昨年から再びゴルフにハマり始めています。

とはいえ、まああまりゴリゴリ、コースを回って・・・と思っているわけではなく、遊びの一つとして、打ちっぱなしにいったり、ショートコースを回ったりだとか、しています。

一緒に行くのが同じく古着大好きな若者なので、ゴルフに行くときもやっぱり、古着で!って感じで行くのもゴルフの楽しみの一つです。

それで、FACEBOOKで交流させて頂いている、元古着屋imageのテリーさんがNIKEのクラブを集めておられまして、多分、なのですが中古などでNIKEのクラブを安く見つけては集めておられる感じで、その感じが「面白そう。いいなぁ。」と思っています。

今は貰い物の、どこのかもわからない謎のメーカーのクラブを使っているのですが、やっぱ古着好き、アメカジ好きですからね。

僕もNIKEのクラブを集めて使ったりしてみたいなぁとか思う次第です。

ゴルフもファッションですからね。というか、ファッションにしてしまえば、僕たちはより一層ハマれますからね。

僕もNIKEで行くぞーと。。。

ゴルフシューズもNIKEだし。


でもいきなりクラブを集めていくのは資金的にもハードルが高いので、とりあえずボールを買いました。


全部NIKEのボール。

先日、セカンドストリートでメッシュキャップを買った時に見つけました。

多分、デッドストックだと思うのですが、3球で160円でした。

それを1ダース分。

ロストボール並みに安い!!

まだヘタッピであちこちに打ってしまってすぐにボールをなくすので、ボールが安いのはありがたいところです。

でもボールもいつも安物の、どこのかもわからない謎のボールを使っているので、もったいなくてドライバーの時とかは使えないな(笑)

あと池越えとかも。

まずはボールを気にせず使えるぐらい上手くならないとな・・・。

と、まあゴルフも自分なりの形で楽しんで行きたいと思います。

おわり。


緊急事態宣言中の休日の過ごし方

 厳密には滋賀県にはまだ発令されていないのですが、関西もほぼ全域に緊急事態宣言といった感じです。

滋賀には発令されてないからといって、喜んで出かけられる状況でもなくなってきているので、この週末はとにかく不要不急の外出はしないということで過ごしました。

その分、家の中で出来ることをして過ごせる良い機会にもなりました。


昨年購入したキングオブデニム、Levi's501XX。

まだ何か所かリペアの必要な状態なので、まずはそれから。

BEFORE


AFTER

穴が開いていたところをミシンで押さえました。
ちなみに下のダメージは塞がっています。

糸の色が迷いどころだったのですが、まあここまでボロボロだとやり過ぎぐらいでも大丈夫ってことで、ミシンに付いていた黒い糸でそのままやっちゃいました。


うん。特に目立ちもしませんね(笑)


次は靴洗い。

NIKEのAIR MAX95の2足の汚れが少し気になっていたので、洗っちゃいました。


シューズクリーンという洗剤を溶かしたぬるま湯で浸け置き洗いしてブルースティックという汚れ落とし石鹸でゴシゴシ。


お。随分とキレイになりました。
鮮やかさを取り戻した感じ。


コロナストーブの前で乾燥。

他にゴルフバッグを洗ったり、お部屋の掃除もしましたよ。
今だからこそ出来ることをして過ごすしかないですね。

来月ぐらいからワクチン接種が始まるようですね。

もう少しの辛抱・・・なのだろうか。

早く収まりますように。

おわり。

2021年1月16日土曜日

オーサムストアがええ感じ

 我が家の一番近くのショッピングモール「イオンモール草津」に入っているインテリアショップ「AWSOME STORE(オーサムストア)」。

ヴィンテージテイストな感じとめちゃ安い価格設定で結構気に入ってるんですけど、昨日から発売になった「Tribal “BLUE”klynシリーズ」がかなりええ感じ。

オーサムストアから青を基調とした春夏インテリアスタイル 『Tribal “BLUE”klyn』シリーズが登場!

アイアンと煉瓦とレザーと、めちゃ好みの感じ。

今、ちょうどYouTube(えふすと古着ちゃんねる)の撮影部屋になっている部屋を改造中なので、とても気になります。

今も我が家にはオーサムストアで買ったものがいくつかあります。


今年の冬の室内履きはオーサムストア。

ヘリンボーンツイルな生地がナイス。

毎年、GUやニトリなどいろいろ使ってきましたが、デザインはナンバー1です。

品質は正直、そんなにですが(笑)

まあでも、安かったし、問題のない範囲内なので、全然使えます。


キャンプ用のボックスも愛用中。

ミリタリーカラーがええ感じ。

キャンプギアってミリタリーっぽさありますからね。

今は傘立てやシングルソファーを狙い中。


そろそろ子どもたちも大きくなってきて、お友達が家に遊びに来るようにもなってきたので、撮影部屋だけではなく、書斎、そしてワークスペースとしても活用しなきゃなので、3畳の空間をどうやってそれだけの機能を持たせて使うか考えています。
こういうの考えるの大好きなのでワクワクしますね。

おわり。


2021年1月15日金曜日

リストゲイターが調子良さそう

 今年、ちょっとした意識の変化がありました。


穴開き手袋って言うんですかね。

指先の開いた手袋が良いらしいということで、実際に試してみたのですが、これがとても良い。

勿論、指先まである手袋の方が暖かいことは間違いないのですが、この手袋をしているとしていないとでは大違い。

更に、逆に言うと無駄に暑すぎないので極寒キャンプの時は着用したまま寝たのですが、ちょうど良かったです。

何より最大のメリットは手袋をしたままでスマホが触れる点。

勿論、キャンプシーンでも指先が使えるというのは様々なシーンで役立ったのですが、何よりもスマホが操作できるのは大きい。

スマホの操作が出来る手袋も売っていますが、やっぱり操作はしにくいので、これからの人類にはこの指先の開いてる手袋がニューノーマルになっていくのでは、とすら思いました。

それでいろいろと調べていると、手首を温めるのが良いらしいという情報が。

となるとですね、リストゲイターが気になり始めまして、まあ物は試しと、買ってみました。


上は穴開き手袋。

ちなみにドラッグストアで75円ぐらいでした(笑)

滑り止めも付いていて使いやすいですが、手首はあまり覆われません。

対して下のはアームウォーマー?リストゲイター?

こちらは指は覆われませんが手首と掌を覆ってくれます。

穴が開いてるところは親指出すところ。


こんな具合。

というか、これ(色違い)を買ったのですが、これ、かなり調子いいです。

指先の開いた手袋が安物で薄々なこともありますが、コレ、かなり暖かい気がする。

指先の開いた手袋ではゴルフは出来ないんですが、こちらはワンチャンできそうな感じもある。

冬のゴルフ、手が冷てぇんですよ。

実際、タイトリストなんかが同種の商品を出しているみたいです。

今後、めちゃ寒い日とかにも着用してみて、いい感じなら、今後、リストゲイター派になりますわ。

ちなみに本当はこちらが欲しかった。
格好いい!!

材質がウールみたいなので、チクチクするかなぁと思って、念のため前出の物にしましたが、こっちから試せばよかったなぁ。

次はコレ買ってみます。

おわり。

2021年の目標

 2021年も始まって2週間が経ちましたが、YouTube1年の振り返り記事を書いたら、今年の目標も決めておきたいなぁと思い立ちました。

昨年のトピックとしてはYouTubeだったかなと。

F-STREET事業

F-STREETの根幹となる古着屋情報サイトの運営。

こちらは開設から間もなく12年目に突入しようとしており、現在、ネクスト10YEARの足場固めの段階です。

さすがにデザイン等古くなりつつあるので、リニューアルをしたいなぁという思いを持っています。

ただ、目先のトレンドに合わせたくはなくて、10年しっかり運営できる形、デザインを模索したいところです。

無理のない形で、古くない感じで、なおかつ今のトレンドを追う形ではない形を作っていきたいと思っています。

ブログ、SNSほかの活動

F-STREETを始めて、ブログやSNSなど様々な形での発信を試みてきましたが、YouTubeを1年少し前に始めて、少し手ごたえを掴めたのは大きな一年でした。

この辺りはコロナ禍にあって、どちらかといえば逆風が吹いた中でのポジティブサプライズだったかなと思っています。

今年もtiktokやインスタグラムなど、まだ使いこなせてない新領域への進出も考えてはいるのですが、昨年、YouTube頑張る代わりに少しおろそかになったブログ(F-STREET CHIEF’S BLOGF-log)の更新数を上げようと思っています。

やっぱり自分の活動のすべてのベースなので。

今年に入って、ブログ更新数を上げて、ブログのアクセス数が増えていることで、YouTubeのチャンネル登録者数も増えています。

YouTubeチャンネルにもそれなりに動画本数が溜まってきているので、相乗効果が期待できるはずだと期待しています。

結果的にはでも、今年の目標としてはチャンネル登録者数1000人を目指したい。

YouTubeを収益化して、また新たな武器を手に入れたい。そのためにもブログを頑張りたい、そんな感じです。

なので、まだチャンネル登録がお済みでない方は「えふすと古着ちゃんねる」のチャンネル登録をよろしくお願いします。

大阪古着祭・イベント事業

昨年はイナフェスとのコラボ、三越伊勢丹とのコラボをさせて頂いた大阪古着祭を中心とするイベント事業ですが、今年も状況的にかなり厳しい状況ではあるのですが、大阪古着祭の開催はなんとしてもしたいなぁと思っています。

現在、1件話が進んでおり、京都からも1件、また状況が好転すれば・・・というお話もあるので、大阪。関西の古着ファンの皆さまに楽しんでいただけるイベントが出来れば・・・と思っています。

頑張りまーす

ということで、まあとにかく今年も全力で、本気出して頑張ります!

皆様よろしくお願いします!!


2021年1月13日水曜日

YouTubeを1年やってみた結果

 振り返ってみると2019年の12月23日にYouTubeを始めて、先月で1年が経っていたようです。

なんだかんだと新たなチャレンジをして1年間継続出来ました。

今、公開となっている動画だけで74本も動画を出してきたんですね。

自分でもビックリ。

非公開設定にしているものもあるので、実質100本ぐらいを公開してきたようです。

当初の予定では1年後には登録者数1000人に到達している予定だったのですが、現在の登録者数は445人。

予定より随分と苦戦しています。

しかしながら新しい事にチャレンジしているせいか、あまり苦しんでいるようには感じていません。

まあ、1年の間、いろんな事を試して、チャレンジしましたね。

とにかく動画を撮ってアップしてみたり、字幕を丁寧に入れたり、編集もいろいろ変えてみたり。

そうした経験はちゃんと財産になっていると思います。

ちなみに最高の再生数は古着屋ベルエキップのトロンボさんとサクラビルに行った動画です。


約5000再生。

ライスボウルとマルシェにお邪魔しましたね。

なんといっても、マルシェでのトロンボさんの本気試着が見どころ。

トロンボさん、何でも着こなしちゃうんで、試着も見ていて楽しいですね。

今度、トロンボさんの試着オムニバスみたいな動画を作ってみようかな。

2番目は一発目に公開した古着屋JAM桃谷店の動画。


4100再生。

ちょっと長いけど、一発目にしてはうまく紹介出来ているような・・・

これで感じるのは、初めて1年でここまで再生されるんだ・・・という驚きがあります。

YouTubeのリーチ力の高さ、半端ないなぁと思います。

ブログなんかではなかなかこうは読まれないので。。。

そう思うと、予想より苦戦しているYouTubeですが、かなり大きな武器を手に入れたなぁとも思っています。

僕はまあ、ブログやYouTubeで稼いで好きなことを仕事にして生きていく!っていう人種ではないので、YouTubeにおいて、収益化云々以上に、告知能力を持ったメディアを一つ手に入れたのは物凄く大きい事なんです。

勿論、これでYouTubeも収益化出来ればこれはとんでもなく大きい事ですけどね。

まあそもそも収益化ラインまで辿り着ければさらに大きな告知能力を持つことが出来ますし、また僕が告知能力を持つということは、また大阪・関西の古着業界でなにか面白いことが出来る可能性が広がるということなので、またこの2年目も引き続き、淡々と継続していきたいと思っています。

この1年でなんとか登録者数1000人行きたいなぁ。

まだチャンネル登録がお済みでない方は是非、「えふすと古着ちゃんねる」のチャンネル登録をよろしくお願いします。

これからも古着と古着屋さんの魅力をたくさんお伝えできるように頑張って行きます!

えふすと古着ちゃんねる


2021年1月12日火曜日

ダッドメッシュキャップを買った

 先日、キャンプに行く前に一緒に行った古着屋Guinnessのユウヤ君がLEDランタンが壊れたのでセカンドストリートに行きたいと言い出しました。

そんなん古着好き二人でセカストなんか行ったら危険やん・・・とか言いながら

「ランタン見るだけなんで」

「せやな。でも念のため、いつも行くセカストじゃない方のセカストにしようかな」

「いや、digる気ですやん!」

「いや、念のためやん!30分で店出るから!」

「いや、digる気ですやん!」

「わかった。じゃあ15分。」

「いや、20分で!」

などと、二人ともdigる気満々でセカストにランタンを買いに行き、じっくりとdigった結果、ずっと探していた理想のメッシュキャップを発見してしまい、購入してしまい。


農機具メーカーkubotaのロゴキャップ。

ナイスな配色にアンバランスなトボけたkubotaのロゴが完全に芯を食いまして、しかも300円だったんで(笑)


元々、昨年からゴルフを少しづつするようになり、夏場のゴルフ用にメッシュキャップを探していました。

最近のキャップ事情って、やっぱNEWERAの勢いが超凄いですよね。

ただまあ、今年43歳で自分のスタイルでゴルフ行くのにNEWERAってのも少し照れがあるなぁとか思って避けていて、理想はなんかこうちょいダサというか、よりおじさん臭い感じのものが良いかなぁとか思ってたりとか。

最近だと、昔のプロ野球チームの帽子が、ね。特に関西は前から人気の近鉄バファローズとか、最近は南海ホークスの帽子もメルカリなんかでガンガン売れてるみたいだし。

農機具メーカーのモノは一時期、所ジョージさんがハマってらっしゃいましたよね。

やっぱ農機具メーカーの持つトボけたダッド感が最高ですね。


元々持っていたメッシュキャップも、何やら「定年してどうのこうの」という英語が書かれたおじいさん用キャップ。


帽子は好きですが、普段からキャップをかぶるタイプではないせいか、少しハズシた感じのものが好みみたいです。

おわり。

2021年1月11日月曜日

カインズが古着好きには沼だった

 今日は嫁さんのお使いでカインズホームに行きました。


ここヤバいですね。

いつもはどちらかというとお付き合いで来るので、興味のあるコーナーをサラッと見てるだけなのですが、今回は一人だったので、なんかいろいろ見て回ってみるとですね、古着好きの「こんなのがあったらいいな」的な商品がいっぱいあって、思わず自分の物もお買い物しちゃいました。


買ったのは「洗剤を使いたくない所に」という名の液体タイプのクリーナーとファブリックミスト。

クリーナーは重曹をアルカリ電解水で希釈してあって、油汚れや皮脂汚れ、手あか、ヤニ汚れに力を発揮するもので、本来は水拭き用のクリーナーですが、重曹とアルカリ電解質の力で、洋服のシミ抜きなんかにも力を発揮してくれるんじゃないかと思って買ってみました。

そしてファブリックミストは、洋服の除菌と消臭に使えるモノなのですが、基本的に僕は帽子に使おうと思っています。


帽子は洗うと型崩れしたりするので、出来るだけ洗う回数は減らしていて、今までは一緒に掛かっている洋服用の馬毛ブラシ(無印良品)でブラッシングする事と、ぬるま湯を絞ったタオルで拭く程度だったのですが、これからはこれでスプレーしていこうと思っています。

このファブリックミスト、ほかにもいろんな香りがあって、迷ったのですが、インディゴカラーということで、クリアブルーの香りにしました。

完全なるジャケ買いでしたが、早速、使用してみたら爽やかないい香りだったので良かったです!

どちらも汎用性が高く、他の用途でも使えるしええ買い物ですわ。

しかも248円と198円という低価格。

そしてボトルのデザインがええとこも素晴らしい。

他にも染み抜き専用洗剤とか、スニーカーの黄ばみ用とか、魅力的な商品が山ほどありました。

古着って、必ずしも状態の良いモノばかりじゃないので、こうした染み抜きや洗剤、消臭・除菌などの出来る商品が豊富に揃っているのは本当にありがたいですよね。

また古着好きの人って、そうじゃない人に比べて洋服を持っているサイクルが長いので、ともすれば一生大事にする人達なので、やはりケアの機会は多いと思います。

しかもPB商品のデザインが良いし安い。

マジでカインズ、沼です。

既にまた行きたくて仕方ないですもん(笑)

おわり。


冬キャンにはヴィンテージキャンプスタイルが最強説

極寒キャンプに行ってきたよ

 昨日からキャンプに行ってきました。


今回は「えふすと古着ちゃんねる」の動画にも出てくれている古着屋Guinnessのユウヤ君と二人で行きました。

恐らく今冬1番の寒さを記録したこの週末。キャンプなんて行くのはよっぽどのあたおかか、キャンプマニアな皆様かどちらかかと思われますが、僕らは完全にあたおかの方(笑)

なんか条件が厳しいからこそ、チャレンジしてみたくなっちゃいました。

とはいえ、寒いのは重々承知だったので寒さにはかなり対策していったのですが、だがしかし、本当の敵は風でした(笑)

最大風速5mは予想以上に過酷。

と、まあ過酷なキャンプでした。

それで前述通り、しっかり対策をしていったのですが、極寒の冬キャンでは服装にいくつか気を付けないといけないポイントがあったので紹介したいと思います。

冬キャンのファッションポイント

1.重ね着が良い

温度調節には保温力が高いからと言って、ダウンのような1着でパワーのあるアウターよりも、脱いだり着たりして温度調節が出来るようにする必要があります。

今回は上半身がTシャツ、極暖、リバースウィーブ、WINDSTOPPERのフリース、デニムアウター、下半身はフリースパンツにオーバーオールを重ね着していました。

2.アウターは化繊NG

冬キャンでは焚火は必須です。化繊は火の粉に弱く、火の粉が付くとピンホールの穴が開いたりします。

なので、今回、上はデニムのアウター、下半身もCOTTON100%のヒッコリーのオーバーオールを着ていました。

3.丈夫で汚れても良いパンツ(ズボン)

キャンプは自然との遊びなので、当然汚れます。

土や砂、灰や炭、その他・・・汚れるシチュエーションがかなり多いです。

特にパンツは汚れても良いパンツを穿く必要がありますね。

また地面に膝をついたりする機会も多いので丈夫なパンツがベストです。

4.穴あき手袋超便利

今回、手袋も薄手の穴あき手袋(?)、正式名称がわかりませんが、指先が開いているやつ、にフリースの厚手の手袋を重ねていました。

この指先の開いた手袋、とても便利でした。


細かい作業などもしやすく、あと、暑すぎないので、寝るときも、したまま寝ました。

今後は冬キャンに欠かせないアイテムになりそう。

冬キャンにヴィンテージスタイル最強説

今回、ヴィンテージラヴァーの二人でキャンプに行ったので、示し合わせたわけではありませんが、二人とも、ヴィンテージスタイルでのキャンプでした。



ちなみに目をつぶっているのは、たまたま目を瞑ったのではなく、煙が目に・・・

で、僕はアウターはデニムのフィッシャーマンスモック、パンツはBIGMACのオーバーオールを着用していました。



焚火対策としてインナーはフリースやナイロン、アクリルなんかでも良いのですが、外側はコットンがベスト。

防寒の事を考えると厚手のコットンがベストです。

つまりデニム地とか最高。

また、インナーにかなり重ね着するので、だいぶ着膨れします。

そうなると今モノの洋服にみられるアームホールのタイトな作りのアウターはあまり向きません。

ヴィンテージやヴィンテージモチーフの服に見られるザックリとしたシルエットのものが最適。

このフィッシャーマンスモックもオーバーオールもキャンプ用にオーバーサイズで用意したものではなく、普段からこのサイズで着ています。

でもこの作りの大きさならほら、中に前述のような重ね着をしても問題なし。

ちなみに一緒に行ったユウヤ君はこんな感じ。


40's CAN'T BUST'EMのロガージャケットにcarharttのカーゴパンツにREDWINGのアイリッシュセッター。

いずれも厚手のコットン。

そして、僕もユウヤ君も共通しているのがワークパンツを穿いていて、多少汚れても問題ない格好をしています。

ロガージャケットやフィッシャーマンスモックは、まあ多少汚れたりダメージが出来ても、それもその服の歴史の一つのようなものです。

勿論、とても丈夫。

つまり、厚手のコットン系、丈夫、汚れても良い・・・となると、ヴィンテージのワーク系のアイテムが最強なんじゃないの?と思うわけです。

ということで、当ブログでは「冬キャンにはヴィンテージキャンプスタイルが最強説」を提唱したいと思います!