羽曳野BROOM

2019年10月18日金曜日

ドラフト予想結果と阪神タイガースドラフト総括

ドラフト予想結果

先日、ドラフト予想を中心とした野球ネタを掲載しました。

よっさんと野球教室と高校野球(近畿大会)とドラフト指名予想。

まずは僕のドラフト指名予想。


この時点で指名を公表していたのは赤字の3チーム。

なので実質9チームの予想をしたのですが、楽天は記事本文で佐々木投手に切り替えており、9チーム中5球団をヒット!

予想時点では奥川投手と言われていた中日の石川選手指名、横浜DeNAの森選手単独指名を当てたのは鼻が高いです。
あと「ポイントは佐々木、奥川は3~4球団の強豪、森下投手は1~2球団かなといったところ。」もドンピシャでしたね。誤字ってるけど(笑)

しかし、ロッテのクジの強さ、半端ないですね。
早速「【ドラフト】ファンだけど不安。千葉ロッテは「佐々木朗希」投手を育てきれるのか?」という記事がGOOGLE検索「ドラフト ロッテ」で2位に上がって来ていますが(笑)
ロッテファンの皆様、ご安心ください。大丈夫です。

来年は1軍帯同の影石アスレチックトレーナーが2軍を見ることになっています。
前出記事に出てくるよっさんの高校(東山高校)の後輩で、僕もときどき、ご一緒させてもらっていますが、彼が見るなら大丈夫!
佐々木君、楽しみですねー。

阪神タイガースドラフト総括

阪神タイガースのドラフト指名結果は以下の通り。

1位 西純矢 投手 創志学園高
2位 井上広大 外野手 履正社高
3位 及川雅貴 投手 横浜高
4位 遠藤成 内野手 東海大相模高
5位 藤田健斗 捕手 中京学院大中京高
6位 小川一平 投手 東海大九州
育成1位 小野寺暖 外野手 大商大
育成2位 奥山皓太 外野手 静岡大

まず全体の総括として故中村勝弘GMが提唱していた甲子園のスターを獲得という路線でのドラフト。阪神のドラフトは金本監督の時以外はひたすらまとまったタイプ、三拍子揃った選手を指名してきました。

なので大砲が育たない。甲子園が広いのもありますが、常に山田や柳田、糸井のような選手を夢見ながらも、結局、足そこそこ速く、打力に欠け気味の守備もあまりうまくない選手が育ちがちでした。

しかも、強烈な浜風があるのになぜか左打者偏重。
それでいて去年、左打者のナバーロ残留させるし、さすがにこれは阪神のトレーナーの伊藤さんに「使うところないから!」と、文句言いました(笑)

なので、今年のドラフトは大砲候補、特に右打ちの大砲を獲ってほしいと思っていました。そこでの大穴予想で片山選手(パナソニック)のハズレ1位予想でしたが、片山選手は指名漏れでしたね。

ただ、1位西、2位井上!!
浪漫溢れてるやないですか。さすがに西投手はピッチャーで行くでしょうけど、どちらもうまく育てばもしかすると大砲になれる素材。
魅力満点。

個別にみると1位は奥川投手外して、西投手を指名。これは全く遜色ないと思っています。
甲子園で名前を挙げた選手と敗退してしまった選手程度の差でしかなく、力は同等だと思っています。
特に、個人的に甲子園で名を挙げた投手にあまり良い記憶がないので、使い減りの事を踏まえても、全く差のないハズレ1位だと思います。

2位は井上広大選手。これは予想出来ていましたね。膝のけがの噂もあり上位リストアップが阪神だけで、他球団では指名漏れも噂されていたようです。
実は阪神は2位は他球団の評価が低かろうが、以前から浪漫枠として、高卒の大型選手を獲得している歴史があります。
今年で引退した横田選手や、昨年の小幡選手、才木投手などもそうですね。
なので、2位は井上選手かなという感じでしたね。
足がそれほど速くないというのも、最近の阪神には珍しい指名。昔は今岡、関本など超鈍足の右打者を重用してたのですが。
膝の噂は気になりますが、大型で非常に魅力的な指名。大きく育ってほしいですね。

3位には高校BIG4の一角及川投手。
高校BIG4のドラ1候補をここで獲れたのは大成功でしょう。
左で150kmを越える速球とか、その時点で怪物です。
及川投手も大きく育ててほしいですね。

4位も将来性豊かな東海大相模の遠藤選手。
唯一左打ちの野手ですが、ここまで右打ちの野手が揃うとむしろ貴重な指名。
投手としても評価されていて、小幡、植田海くんと切磋琢磨して鳥谷選手のような選手になってほしいですね。

5位は滋賀作・藤田捕手!
オー、浪漫浪漫。
強肩強打、日本代表、滋賀県出身。
浪漫浪漫。捕手は梅野、坂本、原口、長坂と充実していますが、みんな世代が近く、若手捕手が1人もいない現状では次世代レギュラー捕手筆頭。
身体は小さいですが、藤井バッテリーコーチも小柄でしたし、梅野捕手も坂本捕手も小柄ですから、阪神にはピッタリ。
とても楽しみですね。

6位はこの流れで大卒右腕の小川投手。
正直、指名意図はわからないのですが、昔から太いパイプを感じさせる九州方面への配慮かなぁとか思って、ここで指名終了かな?と思っていたらその通りだったので、多分そういう事かな。

個人的には育成1位の大商大の小野寺選手に期待!
右の外野手。福留選手や糸井選手の状態次第では2021年ぐらいにはレギュラー獲っててもおかしくない選手だと思いますよ、ジッサイ。

今年のドラフトの総括としては満点。100点でしょ。
クジは外しましたが、その後の立ち回りがパーペキ。
藤浪、北條、下位で金田、緒方を獲った2012年を凌駕するドラフトかなぁと。

期待したいですね。

おわり。

2019年10月16日水曜日

F.C.R.B.×SOPH. ブルー迷彩プラクティスジャケット #買ったモノ

今年の夏あたりからスポーツ観戦の機会やスポーツシーンでの活動が増え、今年の自分の中のブームは「スポーツシーンでのファッションを整える」事になっていました。
なんせ7年前に草野球を引退し、フットサルは10年前までなので持っているウェアがどれも古い。

それでせっせとスポーツ用のウェアを物色していたのですが、中でも、SOPH.のサッカーチームをモチーフにしたレーベル「F.C.REAL BRISTOL(F.C.R.B.)」とNIKEにグッと来て、いろいろと見たり買ったりしてきたわけですが、ここ数年のシーズンコレクションを見ていて、どうしても欲しかったのがこちらでした。



2017SSに発売されたブルー迷彩のプラクティスジャケット。

プラクティスジャケットはその名の通り、ナイロン地の練習着の上着で、半パンとのセットアップで発売されたものです。



フードやアーム部分にオレンジが差し色で入っています。

これ格好いいなーと思って。他のカラーもとても良かったのですが、ブルー迷彩にオレンジとか一番好きな配色です。


そもそもが冬場にカバーオールのインナーに風防付きのナイロンパーカーを着たいので、ブルー迷彩(ネイビー迷彩)のナイロンパーカーを去年から探していて、昨年、迷彩のナイロンパーカーを発売された熊本のTシャツブランドDARGOの成松さんにも「ネイビー迷彩希望です」ってアピールしたりしていました(笑)

そんな事なのでどうしても欲しくって、楽天スーパーセールだったか、何かの機会にゲットしました。


もうこの頃はNIKEがオフィシャルサプライヤーからは手を引いているので、SOPH.とのWネームになっています。

F.C.R.B.は大き目の作りになっていますが、プラクティスジャケットは普通のサイズ感なのでLサイズを。


サイズ感もバッチシ。



今日、着ていたのですが、着るとこんな感じ。



ヴィンテージ系のパンツともちゃんと相性良さそうなので、とても良い感じです。

今年は本当、かなりいろいろ買ったので、トレーニング用のウェアを入れていた収納がパンパンになってしまって、どうしましょって感じです(笑)

まあともかく、買ったモノを正当化するためにも、これからも運動を続けなければいけません!

友人でビジネスパートナーな某こちすま社長は今週100キロウォークに挑戦するそうだし、来週駅伝に出る人もいたな。

まあ負けじと運動頑張りましょう。

おわり。

よっさんと野球教室と高校野球(近畿大会)とドラフト指名予想。

よっさん

野球ネタを一気に。

今、元日本ハムファイターズの投手・吉崎勝さんと仲良くさせて頂いています。



通称よっさんです。

この8勝目、実はチームトップじゃなくハーラートップだったような・・・違ったかな?
どこかでハーラーダービーのトップに立ってたはずです。

そしてオールスターにも出場しています。
凄い!!

僕は2年ぐらいの仲ですが、同い年で野球好きで、僕も受験時に東山高校の資料請求をしたぐらいの感じなこともあり意気投合し、ここ2ヶ月ぐらいは特に顔を合わせていて、5~6回ご一緒しています。

野球教室

で、よっさんが一昨日、伊丹市で開かれた野球教室(キャッチボール教室)に招かれていて、一人で行くというので「俺も行くよ」とご一緒する事にしました。


僕、よっさん、元日ハムの尾崎くんやVリーグ2部の兵庫デルフィーノのトレーナーではるな整骨院のはるな先生、尾崎くんの中高の後輩など。


主催の伊丹アスリートクラブの池田社長や、元日ハムの尾崎くん。



それでアップの時、よっさんのキャッチボールの相手させてもらいましたが、マジ感動でした。回転の綺麗さね。真っ直ぐ、バックスピンが凄い回転数で飛んでくる。ほんまギュルギュルギュルって感じ。
あれがフォーシームなんやなって実感しました。

更にカーブは真っ直ぐ縦回転やし、シュートはUFOみたいな、真横の横回転しながら飛んでくる(笑)
他にも一通りの球種を投げて見せてくれて、いや、凄い凄い!と感動していたら、今度、キャッチボールする時はもっと本気のヤツを見せてくれると約束してくれました。

行き帰りは僕の車で行ったのですが、車中の話題は専らよっさんの母校でコーチ?をしている東山高校が出場する春のセンバツ甲子園をかけた近畿大会の組み合わせと、ドラフトの話。

高校野球(近畿大会)

で、今日、その近畿大会の組み合わせが発表されて、東山は一回戦で来田君擁する兵庫の明石商業と対戦が決定。




ハードな山に入りましたが、まあ平安や外大西など競合を撃破してきた東山なので、頑張ってくれるでしょう!

甲子園行ってほしいなぁ。

ドラフト指名予想

そして今週金曜日はプロ野球ドラフト会議。

実際に元プロのよっさんや、その他関係者が佐々木君や奥川君、森下君をどう見ているのか、そして各球団の育成環境(中日に二軍のバッティングマシーンが凄い)などの話をしてくれました。

そんなこともあって、今日は、お手伝いしている滋賀の高齢者住宅紹介会社「こちすま」で僕と、こちすまの高校野球マニア奥寺君がドラフト指名予想をしました。

その予想がこちら。

奥寺予想


ポイントはパリーグは佐々木、セリーグは奥川。
また中日は親会社の販路拡大を狙って北陸出身のヒーロー奥川に行くだろうとのこと。

あと広島と西武は森下というところは堅いだろうとのこと。

ドラフト候補を僕より数段よく知っているので、とても参考になる話でした。

K編集長予想


こちらは僕の予想。

ポイントは佐々木、奥川は3~4球団の強豪、森下投手は1~2球団かなといったところ。

巨人は佐々木君の報道が優勢ですが、松井秀喜選手のイメージもあってか、なんか奥川君の方がしっくり来ますよね。そろそろクジ当てそうで嫌だなぁ。外せば炭谷、小林とレギュラー捕手の年齢が気になり始める事情もあり、捕手。中でも佐藤君が漫画メジャーの感じでいうとほら、巨人は海堂学園ぽいし、ほら。

DeNAは近年の大学投手偏重ドラフトで枚数がかなり揃ったので補強ポイントの二遊間。筒香もいなくなるかもなので、地元桐蔭高校の森くん。

阪神は佐々木君より早く使えそうな奥川君か、右の長距離砲。石川君は1位で消えそうなので、ハズレ1位には近本・木浪での成功例もある社会人野手を。パナソニックの右の大砲片山選手とかどうよ?と。
甲子園ではなかなか左の大砲は育たないし、のどから手が出るほど欲しい選手。

広島カープは佐々木や奥川の強豪を裂けそうなニュアンスの事を松田オーナーが言ってたそうなのと佐々岡新監督ということもあり、投手でしょ、と。しかも、競合の可能性のある森下投手よりハズレ1位なら競合しそうなJR西日本の左腕河野投手を単独で行くのでは?という予想。

中日は地元東邦高校の石川君がハズレ1位では競合しそうで、これはさすがに絶対獲得しておかないといけない好素材なので、石川君単独狙いじゃないかなぁと。

ヤクルトは奥川君公言。ハズレ1位は予想し忘れてるけど、大社の投手じゃないかと思います。

西武は即戦力候補森下投手。西武ドームではなかなか投手が育たないけど、さすがに現在の投壊状態では即戦力投手に行きたいのは明白。そんなに競合も苦にしないので。ハズレ1位も社会人投手と予想。一応、その中からJR東日本の太田投手をチョイス。

ソフバンは自慢の異次元育成施設を持っており、余裕綽々で大物感あふれる素材型選手でしょって事で、佐々木君の予想。ハズレ1位は横浜高校の左投手及川君。

一つ訂正したいのは楽天の郡司君。嶋捕手が流出するので地元仙台育英の郡司君で間違いなし!と自信あったのだけど、ハズレ1位でも行けそうなので、1位は佐々木君ですね。
ただ、今年、豊作な捕手では僕は三番人気のようだけど、郡司君が一番プロのレギュラー捕手として活躍すると思う。

ロッテ、日ハムは佐々木投手公言。ハズレ指名はロッテは田村の次が欲しい事情から捕手指名で、海野君か郡司君だと思います。日ハムは大商大の橋本投手。

オリックスはシレッと単独で好素材を出し抜くのが上手。山岡も吉田正尚も単独指名でしたからね。となると創志学園の西投手を単独で。

という予想にしました。

来年はよっさんも!?


おおっ!!

来年は、というか、2月ごろに順位予想大会やるかも。

プロの見方、気になりますよね。
是非、実現させて頂こうと思います。

おわり。

2019年10月13日日曜日

一挙両得なNIKE「AIR MAX 97/BW」 #買ったモノ

今日はアウトレットにお買い物に行ってきました。

最近、アウトレットに行けば必ず行くのはNIKE。

この夏、スポーツシーンやアウトドアシーンなどアクティブなところでのファッションを整えようと、F.C.REAL BRISTOLとNIKEに絞って、ファッションを整えてきました。

今回欲しかったのはグレーのパンツと青いスニーカー、そしてランニング用のシューズ、あと雨用のゴアテックススニーカー。

青いスニーカーは以前から欲しくて、ここ2~3年探していました。
どうしても青いスニーカーを履きたいコーディネートの日もあるんですよねー。

一度、ニューバランスのアウトレットでM1400の青いモデルが安くなっていたのにスルーした事があって、とても悔やんでいましたが、今夏からNIKEのスポーツ系のウェアを多く買っていることもあり、最近はNIKEの青いスニーカーが良いなぁと思っています。

またランニング用のシューズも、今、夜ランに使っているReebokのジグテックがだいぶ古いので後継となるモデルを探しています。



それで、PUMAのトライノミックソールのスニーカーで走ってみたのですが、ちょっと足に合いませんでした。
歩きだとトライノミックソール、相当、いい感じなんですけどね。走るとなると、ちょっと感触が硬くて、僕のようなノンビリラン派にはもうちょっと衝撃を吸収してくれる方が合う感じです。

硬い方が速くは走れそうですけどね。僕は速く走る事にはあまり興味がないので。

じゃあ、ということでNIKEのAIRソールはどうかな、とAIR MAX95で走ってみました。



こちらは硬さは感じるものの、走り終わっても膝や足の付け根のダメージを感じることもなく、とても良い感じ。

とても軽く、力が路面に伝わっている感触もあって、速く走るという意味でも期待出来そうな感じです。

そんなわけなので、ランニングシューズにはNIKEのAIRソールのスニーカーが欲しいなぁと思っていました。

それでアウトレットでお買い得コーナーを見ていると、AIR MAX97/BWを発見!!


赤のラインと白のソールとで、トリコロールカラーなモデルです。

シルバーの部分はリフレクター仕様になっており、夜道で光に反射してくれるので夜ランにも使えますね。


AIR MAX97と言えば新幹線をイメージしたと言われる流線形のアッパーのイメージですが、こちらは「AIR MAX97/"BW(ビッグウィンドウ)"」。

AIR MAX97の特徴的なビジブルAIRクッショニングとAIR MAX BW(AIR MAX4)のアッパーを融合させたモデルとなっており、ハイテクとクラシックの高度な融合、つまりはハイブリッドなモデルとしてリリースされました。


ヒールにAIR MAXロゴが入っていて、このトリコロール感が最大に出ている後姿が一番惹かれます。
なにげによく見られる角度ですからね。後姿は大事なポイントです。


AIR MAX97のクッショニングを採用しているので、この横から見た時にわかる爪先まで伸びたビジブルAIRクッショニング。


先日走ったAIR MAX95以上のソールの軽さとクッション性の高さが期待出来ますね。

アッパーにボリュームもあり、ロールアップ時や半パンとの相性も良さそうですし、このグレードのモデルがアウトレットのお買い得コーナーに並んでいたのは超お買い得でした。

正直、僕が用意していた金額ではなかなかこのグレードのランニング用のモデルを購入する事は難しいと思っていたので、とりあえずスタイルの気に入った青いスニーカーを買って、先日走ったAIR MAX95を夜ラン用にしようかとも考えていましたが、これなら欲しかった青いスニーカーと夜ラン用のスニーカー、どちらにも使えそうです。

つまり一挙両得。

良い買い物が出来たと思います。

ちなみに2018年HOLIDAYシーズンのモデルなので、おおよそ1年前ぐらいに発売されたモデルですね。
大量にあったので、売れなかったんでしょうね(笑)

それで安くなってくれるならもうそれは大歓迎。
そういうアイテム・モデル、大好きです!

これからしっかり愛用していきますよ。


おわり。

2019年10月12日土曜日

京都の古着屋UNIPに行ってきた

京都の古着屋UNIPさんに行ってきました。

場所は寺町通りから麩屋町通りを烏丸の方にテクテク歩いて行くと、こんな印象的な外観のお店に辿り着きます。


漆喰塗りの古民家調の建物なので、一瞬、「ん?ほんまに古着屋さん?」と思っちゃいますが、ちゃんと提灯に「古着屋」と書かれていますね。


メインはアメリカ古着にユーロや国内モノの古着も売られています。



店内、とてもオシャレに作られていて、レトロな空間とあいまって京都らしい間を感じるお店です。


最近、増えている国内ディーラーからの仕入れをメインにしておられるお店で、デザイン性の高さ、サイズ感、商品の質と状態の良さはしっかりセレクトして買い付けられているなぁと感じました。


小物なんかもあって、世界観が伝わります。オシャレやにょーって感じです。


レディースアイテムもあり、履物もありで、いい物に衝動的に出会えそうな雰囲気。


今の時代の都会的な古着愛好家のファッションにすぐ馴染むセレクトですね。


今だとやはり気になる秋物が豊富。


某大型古着屋の店長をされていたので、ベースに確かな力を持っておられるので、お店の空間から商品のセレクトまで確かなUNIPの世界観が表現されていて、京都に行ったら是非、訪れてみて頂きたいお店です。

UNIPさんの詳細は下記ページでどうぞ。

古着屋UNIP|F-STREET KYOTO


2019年10月9日水曜日

i-phoneケースを新調しました。

第九回大阪古着祭の開催が決定し、なんとなく更新が滞っている当ブログ。

いっぱいお買い物しているので、またどんどんと頑張っていきたいと思います。

僕はiPhone8を使っています。

スマホ遍歴はX-peria➡iPhone4➡iPhone5s➡iPhone5➡iPhone8です。

で、このiPhone8に、以前、高校の同級生がイベントをやった時に"おもいっきり付き合いで"買ったスマホケースを使っていました。

藤井大丸で開催中のイベント「NO GUEST」に行ってきた。

ところがこのスマホケースも半年ほどで細かい部分がかなりバキバキになってしまいまして。


もう欠けまくり。


この辺り致命的。


と、まあこんな具合なので、さすがにそろそろ限界ですなぁということで、新調する事にしました。

元々、あんまりスマホケースに頓着ない方なので、ザックリと「迷彩柄がええかなー」とか思って、迷彩柄で一番安いヤツでリングついているヤツを購入。


これですね。

1400円で「今だけ」とかで迷彩柄のバンカーリングも付いていました。


見るからに重厚で丈夫そうなボディーはかなり僕好み。


中もポリカーボネートでかなり丈夫そう。

実際、使ってみて最大の魅力はこの丈夫ってところだと思います。

何度か落としちゃいましたが、全く傷一つ付きませんし、ショックも吸収してくれているので、iPhoneもしっかり守ってくれています。

あと値段の安さもメリット。

逆にダメなところは、まずボタンが硬い!!

ボリュームのボタンとか、電源ボタンがとにかく固い。

親指腱鞘炎になりそうなぐらい硬いです。

これが相当ストレス。

あと迷彩柄は僕には合っていなかった。

というのも、僕、色覚異常があるので、黒い机の上とかに置いてしまうと結構同化してしまって「あれ?スマホどこやったっけ??」ってなりがち。

もっと目立つ色にすれば良かった・・・なんて思ったりして(笑)

で、トータル、丈夫でとっても良いんだけど、僕には合っていないかなぁ・・・って、思ってます・・・

おわり。