羽曳野BROOM

2017年10月23日月曜日

第六回大阪古着祭戦利品番外編 RALPH LAUREN「フックコート」

今回は番外編も番外編。


こちら、僕ではありません。
僕の先輩が終了間際に来てくれて、SPINNSさんで買っていったものです。

ラルフローレンのもので、背中のインパクト抜群のプリントが格好よし。
また前のボタンがU.S.NAVYのデッキフックジャケットのようなフックタイプになっています。


こんな感じ。

ファイヤーマンコ―トと共にラルフローレンさんのお得意とするところですね。

こんな格好いいアウターが終了間際でまだ残ってたことがビックリ。

大阪古着祭すげー。

それはそうと第六回大阪古着祭のスナップを下記ページに掲載していっています。


皆さん、それぞれにスタイルがあり、とてもカッコ良いです。
是非、チェックしてみてくださいね。

おわり。

2017年10月20日金曜日

第六回大阪古着祭戦利品番外編 サンキューマート「痛リュッククリア」

大阪古着祭の日、僕が真っ先にお買い物をしたのはこちらでした。


BIGSTEPのB1Fに入っています390円均一でお馴染み、サンキューマートのバックパック。

今度、次女がお泊まり保育に行く事と、長女が使っていたバックパックが破れてしまっていたので、2人分バックパックを買う必要があり、近所のショッピングセンターとかで見たのですが、子供用でも普通に3000円とかするんですね。

なので、嫁さんとどうしようかと、言っていたのですが、そう言えば古着祭やるBIGSTEPにはサンキューマートが入ってるやんか!と。

僕自身、リングベルトとか消耗品に近い服飾雑貨で過去にもサンキューマートにお世話になっており、390円均一のいかつさは十分に堪能しておりましたので、第六回大阪古着祭の時に買う事にしておりました。

古着祭当日は僕はすぐにはお買い物をせずに、皆様が楽しまれているのを見て喜びに浸っており、場内が落ち着いてからお買い物をしていたので、場内がパンパンのうちにB1Fに行き、バックパックを物色。


こんな感じの、子供受けしそうなカラフルなバックパックがたくさんあったので、子供達に希望カラーを聞き、購入しました。
ちなみに「痛リュック」っていう名前らしいです(笑)

BIGSTEPには他にもたくさんのテナントがあって、時折、ウロチョロしてたのですが、とても楽しかったです!

しかし、サンキューマート凄いですね。
バックパック2個買って、まだお釣りもらえましたよ 笑

あんなサービス精神旺盛な商売で儲かるんやろか…。

おわり。

2017年10月17日火曜日

第六回大阪古着祭戦利品 ラルフローレン「CLASSIC POLO CHINO」

第六回大阪古着祭の戦利品も今回が最後。

なんぼほど紹介したのか思い出せないほど、いやー買いましたね。

そして、ラストは定番も定番。
ラルフローレンのチノパンです。


最もオーソドックスなベージュのチノパンで、すでに持っているのですが、ラルフのチノは何本持ってても困りません。
そして第六回大阪古着祭では、同じくラルフのネイビーのチノも買っていますが、色違いもいくら持ってても全く困りません。

チノパンは夏から秋にかけて大活躍するアイテム。
軍チノが夏用や熱帯地用に支給されていたことからも、チノの夏場での快適性がわかりますよね。
なので、多分、この期間は一番見に着けるアイテムです。

ラルフのチノの良いところは綿100%というところと、形がゆったりと野暮ったい形をしているところですかね。

軍チノのような太めのシルエットで、今風ではないのですが、着心地の良さやゆったり感からゆるく着られる感じが素晴らしい。

相変わらずこちらもポケットのタグも素敵なデザイン。


なんとなくチノって古着で見つけにくいというか、軍チノ以外、あまり良いものに出会えたことがありません。

定番はディッキーズとかですが、あれはポリ混なので、いまいち穿き心地が好きくないんですよね。
持ってはいますけどね。

そんなわけでラルフのチノは「チノと言えばラルフ」的な僕の定番品の一つです。

おわり。

2017年10月15日日曜日

第六回大阪古着祭戦利品 「カレッジペナント[ASU]」

第六回大阪古着祭の戦利品。

改めて紹介していると我ながらめっちゃ買ってますね(笑)

今日はこちら。


先日、1つカレッジペナントを紹介(カレッジペナント[UNIVERSITY OF COLORADO])しましたが、もう一つ買いました。

アメコミっぽいキャラが最高に魅力的で、また配色もアメリカっぽくてデザイン最高のカレッジペナント。

「ASU」はアリゾナ州立大学(Arizona State University)のものですね。

アメリカ南西部では最大規模の大学だそうです。
大学の大きさに加え、アメフトの強い大学ということもあり、リバースウィーブなんかでもよく見かけますよね。

昔、英語教師をしていた叔父がアメリカに留学か修学旅行の付き添いをした時にカレッジペナントを買ってきてくれたことがありました。

僕が小学生の低学年だったので1980年代でしょうか。

今はもちろん残っていないのですが、あれ、残しとけば良かったな。
どこのものだったんだろう。

叔父は7年ぐらい前に他界しましたが、なんだかそんな思い出が蘇って来て、新たな出会いに感謝したいアイテムです。

おわり。

2017年10月13日金曜日

第六回大阪古着祭戦利品 「40's U.S.ARMYオフィサーシャツ」

10月1日に開催しました大阪古着祭の戦利品をずっと紹介していますが、「え?まだ買ってんの?」って感じですよね?

まだ買っています。

今日は40年代のアーミーオフィサーシャツです。


買ったまま、持って帰ってきたままなので、ちょっとシワクチャで申し訳ないのですが、アーミーオフィサーシャツは米軍が陸軍将校に熱帯地用や夏用として配布したシャツで、カーキのチノシャツといったところです。


マチ付きで古いディテールを備えたアイテムで恐らく40年代のものと思われます。
最近は世の中の流れに嫌悪感を感じながらも、どこか自分もディテールや年代という部分にどこか無神経になっているところもあったりするのですが、いやはや、それでも40'sとかなるとかなりテンション上がりますね。

タグはこんな感じ。


こちら大阪古着祭価格で2000円でした 笑

安い!

70年前のアイテムがこのお値段。

カーキで秋に使いやすく、またベーシックなアイテムなので普段着に最適ですが、インナーやベストを工夫して、いろんな着方をしてみたいですね。

おわり。