羽曳野BROOM

2017年3月26日日曜日

My Standard!Vol.1「ボロボロパンツ」

My Standard!Vol.1「ボロボロパンツ」

これまでたくさんのファッションアイテムを中心としたマイコレクションを紹介してきたわけですが、以前からちょっとまとめてみたいなぁと考えていました。

自分もどれぐらい服を持っているのか、正直、把握していないので、一度整理してまとめてみようと思い立ち、自分の定番みたいな感じで「My Standard」として紹介していきたいと思っています。

その第一回目はまさに僕の定番「ボロボロパンツ」。

ボロボロアイテムはパンツに限らず大好きですが、中でもパンツには目がありません。
なんでなのかは自分でもよくわかりません。ボロボロのパンツに惹かれるんです。

40's U.S.ARMY PWヘリンボーンパンツ


40'sの第二次世界大戦で戦争捕虜が実際に穿いていたPWパンツ。

これは買った時の画像で、気に入り過ぎて穿きまくっているので、ここから両膝にダメージが出来るなど、かなりボロボロ度が進んでいます。


そしてセルフリペア済み。

参考➡40's U.S.ARMY PWヘリンボーンパンツ
リペア生地➡ヘリンボーンのPWパンツの膝破れをリペアしました。

PAY DAYブラックコットンワークパンツ


1940年代ぐらいのPAY DAYのワークパンツ。

まず見ることのないブラックコットンというのがもう素晴らしい。


ペンキ飛びにダメージに、絵に描いたようなボロボロパンツです。


参考➡40's PAY DAY BLACK COTTON PANTS

50's HERCULES COTTON WORK PANTS


1950年代のヘラクレスのグレー地のコットンワークパンツ。


買った時の画像の方がボロボロ具合がわかりやすいですかね。


リペアの黒シャンのような生地が使われているなど、当時のリペアが超素敵です。

セルフリペアもやっています。➡デニムリペアな1日HERCULES WORK PANTS REPAIR

更に膝の生地がかなり薄くなっているので、現在、補強待ちです。
ボロボロパンツを穿くにはリペアや補強の苦労が絶えません。

勿論、それが楽しいのですが。

参考➡50's HERCULES COTTON WORK PANTS

30's STIFEL IRONCLAD STRIPE WORK PANTS


先日掲載のSTIFELのIRONCLADストライプのワークパンツ。


こちらも古い生地でナイスリペアが入っています。


参考➡30's STIFEL IRONCLAD STRIPE WORK PANTS

501 66前期 A


何度も紹介している501の66前期。

僕の定番の一本です。
特に夏場は毎シーズン、リペアしまくりながら穿いています。

参考➡Levi's「501 66前期」2016年夏ver完成!!

40's U.S.NAVY UTILITY PANTS

こちらも僕の大定番。NAVYパンツ。
元々ボロボロなのに穿きまくりでっ毎シーズンリペアしとります。

超大切にしているので、セルフリペアに、更に、豊崎のリペアショップ「WOREKS」さんのお力をお借りしながら穿きまくっています。➡ウォレクスさんのリペア

参考➡U.S.NAVY UTILITY PANTS

1000円の501 66前期


そして現在、リペア中の501 66前期。
ボッロボロすぎて1000円で買った代物。

今年はこれを履けるレベルにします!

参考➡1000円で買った501 66前期のリペアスタート!

60's BIG MACヒッコリーオーバーオール


こちらのオーバーオールもボロボロ。


ハンドリペアとヒッコリーの色落ち具合がたまりません。


1960年代のBIGMACのものですね。


参考➡60's BIG MAC OVER ALL

まとめ

今、クローゼットに入っているボロボロパンツはこの辺りです。

いずれもリペアをしながら穿けばまだまだ10年20年穿けるので、爺さんになってもボロボロパンツを穿いて古着・ヴィンテージを楽しもうと思っています。

ヴィンテージって、一過性のファッションではなく、こうして10年20年スパンで楽しめるのも素敵な魅力の一つですね。
他のジャンルのファッションにはなかなかないところかなと思います。

2017年3月24日金曜日

LIFTMAN'S COLLECTION「ヴィンテージバンダナ」

本日は2週間ぶり「LIFTMAN'S COLLECTIONボロやインディゴなど」以来のLIFTMAN'S COLLECTIONです。

LIFTMAN'S COLLECTIONとは滋賀県在住の古着ラヴァーLIFTMANさんのコレクションを紹介するコーナー。

今回は、僕の「まだヴィンテージバンダナって500円で買えるんですね。」という記事を受けて、ヴィンテージバンダナコレクションをお送りくださいました。

なかなかのボリュームですので、おもいっきり楽しんでください。

ではどうぞ。


「ビンテージはベタベタの一点のみで、ほとんどレギュラー品になりますが、やはりMADE in USAだと購入してしまいます。」

とのこと。
バンダナはTシャツのような魅力があって、僕的にはどちらもプリントが命。

こうして並ぶとバンダナらしいペイズリー柄のようなものだけでなく、いろんな柄のバンダナがある事がわかりますよね。

僕もバンダナはかなり所有していますが、どちらかというとヴィンテージかどうかより柄が全てです。

バンダナ未デビューでどんなのを買えば良いかわからないと思っておられる方もおられるかもしれませんが、こうしたいろんな柄のバンダナを集めるのも楽しいですよ。

是非、古着屋に行ったらバンダナも見てみてください。

ちなみに発売当時、我々の間でめちゃくちゃ話題になったバンダナ本「ELEPHANT BLAND」は現在、とんでもない値段に!!

ELEPHANT BRAND(エレファントブランド)

ELEPHANT BRAND(エレファントブランド)

  • 作者:平田和宏
  • 出版社:Mo-Green
  • 発売日: 2008-06-20

何度も買うか悩んだのに。。。買えば良かったよぉ。

おわり。

2017年3月22日水曜日

30's STIFEL IRONCLAD STRIPE WORK PANTS #買ったモノ

以前から目を付けている欲しくて欲しくてたまらないヴィンテージパンツがありました。


STIFELのモールスキンパンツでお値段10万円オーバー!!

このパンツ、何年も前からMatin(マタン楽天市場店)さんで売られていたのですが、とても手が届かないので、いつかお金持ちになったら・・・とか思ってたのですが、ついぞ手に入れましたよ。


勿論、11万円を出す資金力はまだないのですが、ボロボロの同じモデルがボロボロ価格で売られており、そもそもボロボロパンツマニアな僕はむしろ喜び勇んで買ったのでした。


これこれ!憧れ続けたブーツマークのSTIFELロゴ。

STIFELと言えば1920年代頃に発売されていたウォバッシュ生地が有名ですが、その後に発売されたと思しき生地がこちらの「IRONCLAD STRIPE(アイアンクレイドストライプ)」という生地になります。



インディゴ生地に抜染して作られていたウォバッシュ生地に対し、こちらはブラック系のモールスキンコットン生地に白の小さなドットストライププリントが入る生地で、基本的に30~40年代に使われたモノと思われるのですが、「IRONCLAD」のトレードマークが1928年に登録されているので誕生は1928年だと思います。



こちらはボタンフライタイプなのですが、同時期のネイビーパンツなどもこのようなボタンを使用していますよね。
GRIPPERジッパーを使ったものも出ており、恐らくボタンフライが前期モデル、ジッパーフライが後期モデルなんだと思います。

ザックリ、ボタンフライが1928~1930年代で、ジッパーが1940年代ってとこでしょうか。

「IRONCLAD」が「鉄+服」の造語か19世紀後半の軍艦に対して使う言葉のどちらかの意味だと思われ、どちらにしても鉄のような見た目と丈夫さを持った生地という意味で付けられたものと推測されます。

とても貴重なアイテムですが、前述通りボロボロなお陰で相当お安く購入する事が出来ました。


一番ハードなのはここ。
ここはリペアします。
どんなリペアするかはまだ考え中ですが、着物の古布でリペアしたシャンブレ藍染め生地を使ってリペアしている501 66前期とは違って、あまり雰囲気の変わらないリペアをしたいと思っています。


既にリペアされているところもあって、使っている生地も相当良さそうな生地です。
この生地の大きいの欲っしいーって感じです。


左膝にもダメージ&補強が。
これを見る限り、かなりこうしたリペア痕や汚れの目立ちにくい生地だってことがわかります。


ここが見た目深刻。

ここはまあ放置でもダメージが広がったりはしないのですが、見栄えがちょっとあれなので、ここもなんかやります。

そんなわけで、またボロボロのパンツを手に入れてしまいました。

最高にうれしいです。

おわり。

2017年3月21日火曜日

なぜ安い古着(服)しか売れないのか。打開策はないのか。



統計を取ったわけではないので確かなことはいえませんが、近年、古着業界ではヴィンテージはあまり売れず、売れる服の低価格化が進んでいると認識しています。
実際、そういう声をよく聞くのと、公開されるアンケートなどでも、「洋服に掛ける金額」などのアンケートでもそうした結果が出ています。

※参考
洋服に月30000円以上使う男性は100人に1人もいないことが明らかに。
働く女性の約6割が月に1万円も洋服にお金を使わない。
洋服に月30000円以上使う女性は100人中6人。

今日公開された熊本のインディーズTシャツブランド「DARGO」のナリマツさんが書かれた「大宰府で開催された「THOUGHT」へ行ってきました」の記事の中でも、クリエイターさん達の間で「アパレルが売れない」という議論の中で「これはひとつの見解でしかないが、芸能人などの発信力のある人がクオリティが低いモノを安く広めた。お客は質で選ばず、人で買うようになった。だからホンモノを見る目が肥えず、本当にイイモノが売れない傾向になった。これがアパレルの現状推測だ。」といった話題が出たと書かれています。

つまりこうした潮流は古着業界のみならずアパレル業界全体に言える昨今の現状なのだと思います。

こうした現象は経済学的に言えば「情報の非対称性」によって産み出されています。

私自身は医療関係者なので、経済学の知識は専門の皆様から見れば皆無に等しいので、間違いもあるかもしれませんが、情報の非対称性とは「売り手と買い手が保持している情報量に格差がある」ということです。

例えば、100万円の中古車Aと30万円の中古車Bがあるとすると、勿論、売り手は両方の車の状態や年式などの情報があり、100万円の中古車Aには100万円なりの理由があり30万円の中古車Bには30万円なりの理由があって値段を設定しているはずですが、買い手には何か情報源がないと見た目と値段以外に何も情報がありません。

何の情報もない100万円の中古車Aと30万円の中古車Bでは、普通、みんな中古車Bを選択します。

これがアドバースセレクション(逆選択)という現象で、情報の非対称性が存在すると、質の悪いものばかりが流通してしまうという結果を産み出します。

こうした情報の非対称性はアパレルにも同じことが言えます。

特に中古車と古着なんて、とてもよく似た立場です。

この「情報の非対称性」を解消する方法が以下の5つと言われています。

1.第三者の介入
2.シグナリング
3.標準化
4.自己選択メカニズム
5.政府の規制

第三者の介入は例えば専門誌だったり格付け業者だったりが情報を買い手に提供することを言います。
シグナリングは労働市場における資格などとされています。面接を受けに来た人がどんな能力を持っているかを知るのは難しいが資格というシグナリングがあれば、その人がどんな能力を持っているかを知ることが出来ます、
僕が勉強した本では、標準化はフランチャイズ化など、「フランチャイズのお店は一定以上のレベルのものが提供される」という例が提示されていました。
自己選択メカニズムは「情報を持つ側に、自ら情報を開示するように仕向ける仕組みのこと」です。

これを古着業界に当てはめると、古着という特殊な商品にはこの「情報の非対称性」がよく当てはまります。

同じように見えるジーパンでも古着市場ではそれぞれに価値が変わります。



一方は50万円、一方は500円なんてことも起こり得ます。

何も情報がなければ50万円のジーパンと500円のジーパンなら人は500円の方しか買わないというアドバースセレクションが起こります。
情報がなければ「XX」も「BIG E」も「赤耳」も一般の消費者にはそれが何かもわからなければ、価値もわからないわけですから。

以前、ヴィンテージが売れに売れた時代は雑誌「FREE&EASY」やMONOマガジン別冊の「古着屋さん」シリーズはじめ、情報誌がヴィンテージに関する情報を競い合うように買い手に出してくれました(第三者の介入)。



これにより消費者は雑誌から得た知識や情報を頼りに良い物価値のある物を選択していましたが、ファッション誌が売れなくなり、各ファッション誌が廃刊などに追いやられている現在、この第三者の介入が非常に弱くなっています。

シグナリングは古着には難しく、それぞれの商品を格付けする団体でもあればよいですが、それがないので、一般的には気になる商品があれば楽天など大きなECサイトで検索して、「古着屋JAM」などの大手古着屋さんの付けている値段と比較するぐらいでしょうか。

そして、この「古着屋JAM」などの大手古着屋さんの付けている値段と比較する事自体が古着屋JAMさんの「標準化」であり「古着屋JAMの商品なら少なくとも一定レベル以下の商品はない」という保証に繋がりますが、ここまでブランディングが成功している古着屋さんはほとんどないでしょう。

ちなみにこの情報の非対称性を解消するブランディングの成功に関しては古着屋JAM福嶋社長に一度、質問した事があります。そのお答えが実にこのブランディングに適した回答だったので、物凄く唸ったことがありました。

そして、「自己選択メカニズム」。
以前はブログが全盛で、更にFREE&EASYなどのお陰もアリ、古着屋さんのブログでもヴィンテージや古着に関するたくさんの知識や情報が発信されていました。
僕達と同じ世代の古着ファンは、僕も含め当時の古着屋さんのブログに育てられた人も多くおられることと思います。

ですが、最近はインスタの人気獲得によって「ヴィンテージ」とか「ディテール」「歴史」「素材」というところのバックボーンが軽視されるようになり、「見た目が格好いい」「見た目がオシャレ」「安い」などのポイントが重視され、古着屋さんの情報発信もコーデが格好いいかどうか、画像がオシャレかどうか、といったところに主眼が置かれるようになりました。

そうした経緯もあり、売れる服も「品質が高い」「価値が高い」ものよりも、「見た目が良い」「値段が安い」という表面的な面が評価されたものが売れるようになりつつあります。

ですが、残念ながらここには、もっと大きな資本・発信力を持つファストファッションブランドやセレクトブランドが凌ぎを削るスーパーレッドオーシャンであり、「安い」「オシャレ」を売りにしているこうした巨大戦力と戦わなければいけません。

この間、例えばユニクロは実に多くの情報を発信し、表面的な「安い」だけが認識されて「安かろう悪かろう」だった一般の評価を「ユニクロでも最近はええの売ってる」から、「ユニクロは信頼出来る」という領域にまで押し上げています。

前述、古着屋JAMではオンラインサイトをメディア化し、さらには自社でフリーペーパーを発行するなど、情報発信を強化されていますが、ここまで資本を注入して情報発信出来る古着屋さんはそうはありません。



でも、じゃあ古着はもう売れないのかというと、そうでもなくて、元来、我々古着ファンは販売員さんからたくさんのことを教えてもらい、ブログからたくさんの知識を与えてもらい、僕達古着ファンは育ってきました。

僕は元BIGMANの徳永君や工藤君がいなければ古着にこんなにハマらなかったし、90年代にサウスブロンクスにおられた村田さんがおられなければきっとリバースウィーブにこんなにもハマらなかったし、元スリフティの沖田君がいなければ野球Teeにハマることもなかったはずです。

一時、「ディテールとか気にしないほうが格好いい」というアンチテーゼ的思想がもてはやされたこともあり、今でもそうしたショップや販売員さんも多数おられるので、以前に比べるとそうした一面は薄らぎつつある気もしますが、それでも今、現場で立っている販売員さんでも、例えば「SLOWLIFE&CO.」のやっさんやGRIZZLYの岩月コウスケ君、大先輩のお名前を出すのは大変恐縮ですが、サニーサイドアップの松本さんなど、手に取った商品のバックボーンをしっかりと教えてくださる販売員さんがたくさんおられます。
またマグネッツさんのブログとか、雑誌より貴重な情報が発信されているブログもあります。

再び、こうした地道に情報を発信し、たくさんの知識を有した古着屋さんに脚光が当たる日が来ると良いな・・・、そしてその結果、古着の情報を発信するメディアがもっと増えて行くと嬉しいなぁと期待しながら日々のF-STREETの運営管理を頑張っています。

もっと軟派な運営したほうが目先のアクセスとか取りやすいんですけどね。
この辺は、古着好きが古着屋情報サイトをやっている仕方のない性ですね。

出版関係の方でここをご覧になってくださっている方がいらっしゃれば是非、お伝えしたいのが、古着を特集してくださるならご協力出来る事は無償でも余裕でご協力させて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

また最近、オープンされる古着屋さんから「勇気を出してF-STREETに連絡をした」と仰って頂くことが増えていて、長く運営している功罪だとは思うのですが、決してそんな敷居の高いサイトではありません。
海外買い付けで個人でされている古着屋さんならほぼ99%以上の確率で掲載させて頂きますし、開店の告知なども精一杯させて頂きますので、どうかお気軽にお声掛けください。

むしろそのためのサイトでありブログですので。

古着文化の発展のために「情報の非対称性」に解消に取り組み、そしてその重要性を地道に説いていきたいと考えています。

2017年3月18日土曜日

今春のマイスタンダードなふだん着2017

こんなブログをやっていることもあるし、元々好きな事もあって、人並み以上には毎シーズン、お買い物をしている方だと思いますし、持っている服の量も日本人男性の平均よりはかなり多い方だと思います。

その中でも、その時々で自分のお気に入りみたいなのがあって、「今年はよくこれ着てるなぁ」とか、「この格好、最近お気に入りやなぁ」っていう自分の中での流行があります。
そんなわけで以前は、その時々のそのマイ流行を「ふだん着シリーズ」でやっていたのですけど、久しぶりに最近の僕はこんな感じ的な。


今年は青・ネイビー・水色、とにかくいつも以上にブルー系が気になっていて、中でもSUPER BIG MACのマルチヒッコリー(ランダムヒッコリー)のカバーオールがお気に入り。


持ってるカバーオールの中でもスペシャル感の高いヴィンテージですが、最近、特にお気に入りでガンガン着ています。

パンツはラルフのダメージ加工パンツ。


深いネイビーカラ―が今の僕の気分にピッタリ。
あと、持っているパンツの中で、生地が分厚い方っていうのもあります。
真冬はレギンス穿くので薄い生地のパンツで良いですが、今の季節だとレギンス穿かない事が多いので、分厚い生地のこのワークパンツが重宝します。

そして今年はブーツを履きたいと思っていて、中でも最近はレッドドッグのHATHORNのオックスフォードをよく履いています。


今年はブーツを履きたい

過去のふだん着シリーズはこちらより➡ふだん着シリーズ