羽曳野BROOM

2016年8月28日日曜日

お店の間違い?RRLのUSAメイドなパンツがビックリ価格で買えてしまった。

先日、RRL(ダブルアールエル)のパンツを買いました。


ベイカータイプになっているワークパンツで、ブラウンカラーのコットン100%です。
こちら、ちょっと前から物凄く気になるパンツだったのですが、恐らくある理由でメチャクチャ安く買えてしまいました。


先日より僕は、ずっとチノパンを探していました。
今穿いている軍チノの裾が擦り切れてきていて、更にラルフのチノパンとラルフローレンラグビーのチノパンにダメージが出来てしまって、万全のチノパンが1本もない状態だったのですが、僕にとってチノパンは夏の通勤服なので、どうしても必要なパンツです(参考:もう夏や!マイスタンダードな夏パンツのラインナップ。)。

それで、軍チノかラルフローレンかRRLに絞って探していたのですが、その最中、とても違和感のあるRRLのワークパンツを見つけました。


サイズ33インチ×34インチのサイズなのに、「レディース」となっています。

そんなアホな(笑)と・・・

177センチ、73キロの僕でジャストサイズぐらいです。

でも売られているお店がレディースのブランド古着のお店で、確かにメンズは扱っていなさそうです。

自分自身もレディースと書いてある以上、買えないし、女性も買わないだろうしこれは売れないだろうな・・・と思っていました。
が、値段が4500円ぐらいになっており、これはRRLのパンツとしては破格です。

しかもタグの画像を見る限りUSAメイドの代物。

それで、ずっと気になっていて、このパンツのことをいろいろ考えていました。
「卸し屋さんから間違えてメンズが紛れて卸されたのかな?」とか。

そんなこんなをしている内にダメージのあったラルフのチノと、ラグビーのチノを嫁さんがリペアしてくれて、新しいチノパンが必要なくなりました。

となってくると俄然、4500円で買えるRRLのパンツが気になります。

それで、久しぶりに見てみたら・・・


再値下げしてるーっ!!
2400円て(笑)

ユニクロでも買えへんで・・・と思って、万が一レディースだったら羽曳野のブランド古着のBROOMさんで買い取ってもらえばええかってんで、購入してみました。
なんせ2400円ですからね!

それで届いたのが今回のパンツになるのですが・・・


ちゃんとメンズでした。

しかも僕にぴったりのサイズ。


RRLです。
ラルフローレン氏が、ヨーロッパでヴィンテージジーンズを買おうとムフムフしていたら、世界最高に有能な日本人バイヤーに買い付けられた後で、価格も高騰していて買えなかったので、「それなら俺がヴィンテージ作る―!!」とブチ切れて立ち上げたとされるブランドです(僕解釈)。

それだけにこの時代でもUSA製にこだわったアイテムも多くあります。


こちらもUSA製。
ちなみにRRLのアイテムはUSA製のものとチャイナ製や新興国で作られたものとが混在するのですが、当然、USA製の物の方が相当評価も市場価値も高いです。

得意とするのは勿論、ヴィンテージアイテムを思わせるディテールに凝ったアイテムで、ダメージやリペア加工は得意中の得意。
それでいて、まんまヴィンテージアイテムをコピーしてレプリカという名のコピー商品を作らないことも素晴らしい特徴です。

どちらかというと、ヴィンテージマニアが「ヴィンテージでこんなアイテムがあったら最高だな・・・」と考えるようなアイテムがいっぱいあります。
なので、加工モノに一過言あるヴィンテージマニア達も一目以上、九目ぐらい置くブランド。

こちらも・・・


RRLらしいナイスダメージ加工なパンツです。

この辺りはさすがの世界最高峰のヴィンテージコレクターであるラルフローレン氏が気合満開でやっているブランドだけあって、世界最高の出来栄えですね。


リペア加工も素晴らしい。


ボタンも凄いです。
まずボタン自体の出来上がりが素晴らしいですが、更にここまでヴィンテージ加工が施されています。

ダメージ加工モノなのに、この辺のパーツがピッカピカだと台無しですもんね。
この辺の細かなディテールも流石の一言です。

更に。


バックルバック付き。

すんばらしい!!

しかも。


針刺しのシンチバック。
さーっすが。

で、金具までこだわりすぎやろー!!と大満足で各ディテールをチェックしていたのですが、なんか、壮大な違和感が・・・

壮大な。


このサイズ表記のタグってさ、オリジナルのタグじゃない??


ちなみにインパクト21のタグがついており、日本で販売されたものであることがわかります。
インパクト21は以前、RRLを日本国内で展開していた代理店で、現在はRRLの傘下にあるようです。

ちなみにインパクト21企画のものもあるようです。

で、注目はそこではなく、このタグ、水通ってない。
そう言えば生地も生っぽい。

「コンディションレベル【7】きれいめ」ってなってたけど、まさかこれ、「きれいめ」どころかデッドストックやんけー!!と。

そして値札で、それが恐らく確定。


これもオリジナルの下げ札よね。

表記的に日本で販売されていた時に下げられていた値札ですね。

そして、更に。



なんかアメリカっぽい値札もついてるー!!

これはデッドストック確定ですね。

なぜお店がデッドストックに気づかなかったのだろう・・・

もしかしたらデッドストックって、ヴィンテージマニアだけの価値観なのかもしれませんね。。。

ってなことで、たぶん、これはRRL企画でUSA製をインパクト21が日本で販売しようとして、なんらかの理由でブランド古着の卸し業者に流れて、販売されたお店に卸されたものではないかと想像します。

それがメンズサイズなのでレディースのお店では売れず、更にユーズド加工が施されているので、デッドストックなことが見逃されて、めちゃくちゃ値下げされて、それを見つけた僕が激安で購入することが出来たと。
そういうストーリーなのではないかと思われます。

いやー、RRLのUSA製の針刺しシンチのついたデッドストックのワークパンツが2400円・・・
物凄いお得な買い物をしたのかもしれません。。。

あひゃひゃ。
ラッキラッキー!!

購入価格は2400円ですがダメージ加工が面白く、また見ての通りのディテールと作りで、たぶん、ちゃんとリペアしながら大事に掃けば50年は穿けます。

大切に一生穿きたいと思います。

おわり。

2016年8月27日土曜日

ヴィンテージベースボールワッペン


ハニーカムという古着屋がアメ村にありますが、そこの店主のだいまつさん、通称だいまっちゃんは同い年で仲良くさせてもらっています。

そのだいまつさんからプレゼントを貰いました。




ALL AMERICAN

と書かれたワッペン。
意味合い的にはオールスターのアメリカンリーグのことかな?とか考えていますが詳細は不明です。


芝生とか人の感じとか、ヘタっぴなイラストが昔のアメリカものっぽくて素敵です 笑

僕が野球モノが好きだからってこうしてプレゼントしてくれるのは本当にありがたいです。

ハニーカム、また改めて紹介しますけれど、これがなかなかええ店なんです。

あんまり褒めたくないんですけどね 笑

まあ、プレゼントもらったときぐらいは持ち上げておきましょう。

特にポップな雑貨やスニーカー、それからTシャツに、あとはスポーツモノが強いです。

あまり奇をてらったセレクトもしていないので、安定感のあるお店です。

昭和53年世代はハニーカムのほか、ファグスのワタルさんやタウの福岡さんなど。
いずれも格好いいお店です!

おわり。



2016年8月24日水曜日

スノーピークのアパレルがかなり良かった。

今日は休日だったので、久しぶりに嫁さんとお出かけをしました。

行き先は京都。
まずは四条河原町へ。

目的は元KILOSの福ちゃんに会いに行くこと。

KILOS時代の福ちゃん。

元KILOSの福ちゃんはKILOSを退職したあと、LOGOS京セラドーム店を経て、現在は京都四条にある藤井大丸の6階にあります本格アウトドアブランド「SNOW PEAK(スノーピーク)」で働いています。

そんなわけで藤井大丸のスノーピークに。
残念ながら福ちゃんの写真は撮っていませんが、全く変わっていませんでした。

スノーピークといえば新潟燕三条から世界に誇るジャパンアウトドアブランドで、ジャパンクオリティーの高さをまざまざと見せつけている素晴らしいブランドですが、藤井大丸のスノーピークは2年ほど前から注力しはじめたアパレルが中心のお店になります。

キャンプ好きで古着屋出身である福ちゃんにはピッタリのお店です。

福ちゃんとキャンプトークで一時間ほど花を咲かせ、商品を見て、カタログをもらって来ました。


片方はポイント会員になったらもらえるカタログです。

スノーピークのアパレルはアウトドアブランドらしくゴアテックスを使ったものや、またTシャツなどはキャンプがモチーフになったイラストがプリントされており、非常に良い感じでした。





正直、デザインや機能面などの出来上がりでは将来のヴィンテージに十分なりえるもので、福ちゃんとも
「これが将来、古着屋に並んでもおかしくないね」
なんて話をしていました。

ただ残念なのがキャンプギアは新潟燕三条で作り「MADE IN JAPAN」がウリの同ブランドにあって、アパレルは中国製でした。

まあ、致し方のないところではありますが、これがJAPANメイドだったらまず間違いなく未来のヴィンテージになっているところですね。

ただ、そこを抜かして言えば、非常にクオリティーが高く、個人的にはアパレルに強いアウトドアブランドであるノースフェイスやパタゴニアなどと比較しても僕はスノーピークを選ぶであろうぐらいの出来栄えでした。

最近、スノーピークは茶屋町のアーバンリサーチドアーズの中にもポップアップショップを出すなど、アパレルにかなり注力しており、これから知っておいて損はない注目ブランドです。

アーバンリサーチ ドアーズ茶屋町店リニューアル!!スノーピークのインストア ショップが登場!!

福ちゃんとは、ソロキャンプも一緒に行こうなんて約束してきましたので、今後が楽しみです。

スノーピーク藤井大丸店、是非、皆さまも行ってあげてください。

おわり。

2016年8月20日土曜日

極上の野球Tee 70's RUSSEL ATHLETIC「ハンクアーロン」リンガーTシャツ

夏場は何度も何度も登場しますが、僕の大好きな野球Tee。
最近はTシャツ買うときはほとんどがベースボールプリントの物です。

同じベースボールプリントのものでも、自分的な評価は様々で極上のモノから、とりあえず野球モノだから・・・というモノまで様々です。

そして、今日の一着はたくさん持っているベースボールプリントのTシャツの中でも極上クラスのものです。


アメリカの英雄ハンク・アーロンのものです。

主にアトランタ・ブレーブスで大活躍した本塁打王4回獲得の王スラッガーで、通算本塁打755本は868本の王貞治、762本のバリー・ボンズに次いで世界第三位です。
そして、世界第三位ではありますが、もともと、王貞治が756号を放つまでは世界記録保持者でもありました。更に世界記録を樹立した時はベーブ・ルースの記録を抜いたものでした。

また右打者であることや、アーロンの記録を破ったバリー・ボンズに薬物疑惑があったことなどから、今でもMLBの歴史上最高のスラッガーの評価を下す向きもあります。

タイ・カップやベーブ・ルース、ピート・ローズなど人格に問題があったとされるMLBの英雄と比較し、人格者としても評価が高く、王貞治がアーロンの記録を破る756号を放った際、米メディアの多くは日本の球場の狭さや投手レベルを引き合いに出したが、アーロン自身は王の記録達成に心から敬意を表し、紳士的に祝福した事が有名で、王貞治とは深い友情で結ばれています。

こちらのTシャツ、ボディーは70年代のラッセルのもの。


俗に金タグと呼ばれるタグが付いており、ボディーも申し分なし。

そして、この金タグが使われていた70年代はまさにハンク・アーロンがベーブ・ルースの記録を抜き世界記録を樹立したころとリンクします。

つまり後年に発売されたものではなく、リアルタイムで発売されたTシャツということになります。




「Hammerin'  HANK IS BACK」と最晩年、75年~76年に所属したミルウォーキー・ブルワーズのユニフォームを着ていることから、75年にキャリアをスタートしたミルウォーキー(ミルウォーキー・ブレーブス→アトランタ・ブレーブス→ミルウォーキー・ブルワーズ)に戻ってきた時に発売されたTシャツであると想像されます。

そんな歴史も感じさせられるTシャツ。

プリントに入る人物、ボディー、そしてリンガーTシャツ、とあらゆるポイントを兼ね備えた素晴らしい野球Teeです。

おわり。

2016年8月18日木曜日

円高に備えて僕らがやっておきたいこと。

円高ですねぇ。
昨年、1ドル124円まで上昇していましたが、今日現在、1ドル100円前後。

以前、強烈な円高に振れたときは1ドル79円程度の時にホワイツのブーツ(スモークジャンパー)をアメリカに直接オーダーし、日本での販売価格に比べると6割引きぐらいで手に入れることが出来ました。

ホワイツスモークジャンパー

これから更に円高に振れる可能性も示唆されており、円安政策でもある政府自民党によるアベノミクスと日銀の黒田バズーカ―をあざ笑うかのような展開になっています。

そこで、万が一に備えてファッションが好きな僕らがやっておきたいこと。

それは欲しい靴を見つけておくということ。

勿論、靴だけでなく服でもよいのですが、内外価格差の大きいブーツや、日本未発売モデルが多数存在するスニーカーは目をつけておきたいところです。

現在、赤い靴が欲しい僕はこちらを狙っています。



ニューバランスのM1300なんですけど、カラーが抜群に格好いいですよね。
日本未発売モデルです。

値段は200ドル。
本体価格で1ドル124円の時で24800円が、今なら1ドル100円ですので、20000円ということになります。
セールでもないのに20%OFF。

ただ、個人輸入でも関税がかかる上にアメリカから送ってくるので送料もかかります。

なのでもうちょっと円高が進むと輸入する価値があるのかなぁと思っています。

またモデルやメーカーによっては日本へ直送してくれないものもありますので、その辺の準備も必要ですね。

円高になると日本ではデフレが進むし、輸出企業の業績が悪くなると言われていますが、我々としてはせっかくなので、円高になったらなったで、その恩恵を十分に受けられるようにしておきたいですね。

ちなみに、円高や原油安は輸入業である古着業界には好条件です。

おわり。