羽曳野BROOM

2017年1月18日水曜日

デニムリペア&カスタムに参考にしているいかついデニムを作る4ブランド

続デニムリペア

最近、ひたすらデニムのリペア&カスタムに励んでおりますが、遂に、1000円で買ったボロボロの501 66前期のリペアがメイン部分に差し掛かりだしました。


取り掛かり始めたのは左足の一番下の中穴。


穴の裏側からダイナックテープを使ってこのジーパンのリペアのために用意してある藍染めの古布を貼っつけます。

ダイナックテープはこれ。

粘着力が高く、僕はずっと前から愛用しています。「愛用デニムリペアグッズまとめ」でも紹介していますね。


更に補強に接着芯を貼りました。


これを縫い付けると・・・


こうなる。

こんな感じに今回は藍染め生地を使ったリペア?カスタム?をしていこうと思っています。

こうした加工・補修は何もなしではなかなかイメージもわかないので、最近はひたすらスマホで、リペア加工のいかついブランドのデニムの画像を漁って研究しております。

きょうはそんなデニムリペアやカスタムの参考にしているブランドをご紹介。

RRL

やっぱり加工モノとして絶対に外せないのはRRLでしょう。



自分自身もRRLのパンツは3本愛用していますが、さすがヴィンテージマニアラルフローレンさん。
特にリペアものが秀逸です。

ネットで画像を漁るといかついのがいっぱい出てきます。

RRLヴィンテージ加工ジーンズ一覧

KAPITALのKOUNTRY


パッチワークものや刺し子などカスタム系で最もいかついのが岡山発のデニムブランドKAPITALのKOUNTRY。





画像アプリ「ピンタレスト」でいかついジーパンが出てきたら、大体、KAPITALのKOUNTRYラインのものです。
自分自身も、5歳の子供の運動会で、娘のお友達のお母さんがいかついデニムパッチワークシャツを着ておられて、あまりにも格好いいのでまじまじと観察していたのが、KAPITALの定番のカトマンズシャツだったという経験もしています。

KAPITAL KOUNTRYライン商品一覧

POTER CLASSIC

ジーンズというよりはデニムジャケットが多い気がしますが、吉田カバン創始者の三男吉田克幸さんのブランド「PORTER CLASSIC(ポータークラシック)」。
日本古来の伝統の技法「刺し子」に着目し、刺し子をテーマにしたコレクションを展開しています。





吉田克幸さんが「最後のライフワーク」と宣言するPOTER CLASSIC。
「HOBOスタイル」の著者としても有名ですね。



ここの商品というよりも吉田克幸さん自身を参考にしています。

ポータークラシック商品一覧

NOiSECRAFT

関西発のクラフトブランド「NOiSECRAFT(ノイズクラフト)」。

画像:jammruMETA

超格好いい。
こんなのが作りたいんですけどね、、、本当は。

手縫いで加工されているというとんでもない技術と、熱意、エネルギーを持たれているブランドで、METAwienjammruさんあたりで取り扱われていますよ。
全ての工程を手作業でされていて、本当、僕には想像も出来ない領域です。

2017年1月17日火曜日

RRL ウォバッシュストライプシャツ

先日からお伝えしておりますように、今の、そして今年の僕のファッションのテーマは「青」。

インディゴ、藍染め、フレンチワーク、ようよう考えたら自分の好きな服全部青やんってとこから今年は青に染まってしまえってことで、青い服を買いまくっていますが、まあ言えば、今まで好きだった物を更に特化してしまおうってだけなので、元々、デニム系のアイテムはたくさん持っていて、下手すれば別に今更、新たに買わなくても自分のやりたいスタイルは実現できるのですが、それでもムクムクと欲しい物が沸いてくるからこんなブログをやっているわけですね。

特に、これまで自分がチャレンジしてこなかった洋服や敬遠していたアイテムなんかも食わず嫌いを払拭したかのように気になりだしまして、それが今年一発目のベストだったり、現行のリバースウィーブだったり、ボーダーのカットソーだったり、白のスニーカーだったりするのですが、今回もそんな感じで気になったアイテムです。


ウォバッシュストライプのシャツ。

これまでシャツと言えば一部、チェックのものなどを持っていますが、基本的にヴィンテージのシャンブレーかデニムシャツ、白シャツがほとんどで、このブログの人気記事ランキングも1位が「やっぱりシャンブレーシャツが好き。」であるように、シャンブレ―ばっかり買って来ました。

特にこのウォバッシュストライプはヴィンテージの世界ではSTIFELのものが有名で、弾数も少なく、はぐれメタルばりの出現度の低さから、ものすごーくお高いのですが、ヴィンテージ大好きな僕の感覚としてヴィンテージにあるものはヴィンテージで買いたいという思いがあり、特にこうした貴重なアイテムは精巧なレプリカアイテムが数々発売されていますので、だからこそ叶う事であればオリジナルで着たいという思いがあります。

勿論、ウォバッシュのオリジナルなんて手が届くわけもなく、そもそも生でも1~2度しか見たことがないぐらいなので、今まで縁がなかったのですが、遂に今回、手に入れることになりました。


勿論、ヴィンテージではなく、ラルフローレンさん渾身のブランドである「RRL(ダブルアールエル)」のものです。

今回、手に入れるにあたって、ブランドがRRLだったのは理由として大きかったと思います。
ヴィンテージ加工や精度の高い復刻アイテムが敬遠されがちなヴィンテージラヴァーの間でも、RRLは別格視されていたり、古着屋でも取り扱われていたりと、一定の市民権を特別に得ているブランドだと思います。

また生地がこちらなのですが。


STIFELのウォバッシュを完全復刻するのではなく、オリジナルデザインのオリジナルファブリックを使っている所がまた素晴らしく琴線に触れます。
STIFELを越えた・・・などとは言いませんが、この生地がたまらなく格好いい。


ボタンは猫目のシェルボタンを使っており、ヴィンテージがほとほと好きな人が作ったんだなーといった感じ。
雰囲気抜群です。


BIG YANKの山ポケを思わせる袋状のポケットにガチャポケ。
ですが、BIG YANKのような山ポケにするのではなく、オリジナルの形状をしているところがまた素晴らしいなと思います。


RRLのユニオンチケット。
細かいところまで抜かりのない素晴らしいシャツです。


古いディテールを盛大に取り入れながらオリジナリティーの高いシャツに仕上げられており、本当に格好いいシャツを手に入れることが出来ました。

さすがラルフローレンさん。

最後にお断りを。
「ヴィンテージ加工や精度の高い復刻アイテムが敬遠されがち」というのはあくまでヴィンテージラヴァーの間での印象です。
逆に、精度の高い復刻はアメカジファンの方の世界では非常に評価が高く、人気もあります。
念の為、補足。

おわり。

2017年1月16日月曜日

竜王アウトレットで必ず買うもの。➡Tabioの靴下。

先日、竜王アウトレットに行った際、ナノユニヴァースでボーダーカットソー(※nano・universe アメリカンコットンボーダーカットソー)を購入しましたが、もう一つ買ったもの。


ボーダーのくるぶしソックス。

上記ナノユニヴァースのカットソーのエントリーで、「今年は「青」を意識してファッションを楽しみたいなぁとか、そんな風に思っています。」とか書いておりますが、一度そう考えると徹底したくなるタイプなので、靴下も。

ちょっと色がわかりにくいのですがネイビーと水色とグレーのグラデーションボーダーのようになっており、ちょうどデニムのようなカラーをしています。


もうちょい接写。

色がわかりますでしょうか?

今年は徹底的にブルーカラーを攻めるので、靴下もブルーで行きます。

ちなみにこちらのソックス。
大好きな靴下屋(Tabio)のもの。

Tabioさんの素敵なところは、まずはなんといってもこだわりを持って日本製で作っているところでしょうか。

ただ、3P1000円ソックスには一部例外もあって中国で作っているものもあります。
その辺は以前、やや批判的な記事を書き、Tabioさんからご説明を頂いた経緯があります。

※参考
靴下屋(Tabio)で靴下を買う時に気を付けたいこと。
アンサーソング➡靴下屋(Tabio)さんからご説明を頂きました。

そしてこちらは。。。


日本製。

素晴らしい。

3足1000円でも日本製のヤツ!
ちなみにあと2足は長女・次女の靴下1足づつで3足。

我が家は嫁さんも含め、全員Tabioメインですよ。

そして、Tabioさんの素晴らしいところ。
日本製以外に。

それはくるぶしソックスを履くとよくわかります。

質の悪いくるぶしソックスはしっかりと足をホールドしてくれず、靴の脱ぎ履きで靴下が脱げちゃいます。
もっと悪いのは歩いているだけでもソックスがちょっとづつズレて来てしまう。

ところがTabioさんにくるぶしソックスはしっかりと足に密着。
この品質の高さ!

そして大阪企業!!

素晴らしい。

皆さまも竜王アウトレットに行かれた際は是非、靴下をお買い求めください。

おわり。

2017年1月15日日曜日

銀世界と糸切りバサミとジーパンリペア

今日は予報通り、朝から外は銀世界。


子供達が外に遊びに行ったのをいいことに、朝からミシンに向かい、黙々とデニムのリペアをしていました。

二日連続のデニムリペアですが、今日は一つ昨日と違うところが。。。


ニュー糸切りバサミを買いました!
v( ̄Д ̄)v イエイ

今まで100円均一で買った108円のやつを使ってたのですが、切れ味が悪く一発で切れない事が多々あったので、今回は裁縫屋さんに売っているヤツを購入。

裁縫屋さんに売ってる中では一番安いヤツ(子供用を除く)を買いましたが、これがなんのなんの。
物凄い良い切れ味。

しかも、ちょっとデザインも良い感じなんです。


黒光りしていてアイアンっぽく、そしていらない装飾がなく、武骨で良い感じ。

テンション上がります!

そんなわけで、今日はかなりやりましたよ。

まずは股間周りを。



何か所か見落としていた細かい穴とかがあったので、もう完璧に穴のない状況まで。


そしてお尻回りを今日は仕上げに掛かりました。


例によってパッと見は大丈夫そうなんですけど・・・


日に透かすとこの状態。
かなり薄くなっていますね。。。


接着芯を当てて。
端っこは生地の厚い上部のリペア生地やポケットの縫い代のところにあてることで出来るだけ端っこが弱くならないように意識しています。


アフター。
ちょっと今回の接着芯が薄目なのでそこが不安ですが、まあここは破れているわけではなく、生地が弱っているだけの箇所なので、これで問題ないでしょう。多分。

表から見ると。。。


こんな感じ。
よーく見るとステッチ痕が見せますが、普通に穿いていたら気にならないかと思います。
コツは糸の色で、薄目のジーンズはグレー一択です。

水色を使ってしまうと割と目立ちます。

同様に今日はポケット下も広範囲に直して、こんな感じに仕上がりました。


向かって右側の下半分ぐらいが今日の成果です。
あと、今日は冒頭の股間部分など、細かな穴をふさいだりしています。

まだもう少しだけ余地がありますが、お尻部分は大方今日で完了しました!

いよいよ次回からは太腿部分に取り掛かります。

今、古いFREE&EASYを引っ張り出してきたり、ピンタレストやデニムリペアのいかついブランドのアイテムを見たりして、イメージを膨らませています。

今のところ、古い日本の藍染の生地を使うつもりですが、とにかく生地も集めています。

とても楽しみです。

デニムリペア、ほんま楽しい遊びです。

参考記事(過去のこのデニムのリペア):



おわり。

2017年1月14日土曜日

びわ湖バレイがお休みだったのでジーパン直してました。

今日は、家族で僕だけがフリーだったので、一人でスキーに行こうと思っていました。

一応、お向かいの旦那さんをお誘いしましたが、現在、夜勤帯の勤務だそうで、時間が合わず、一人で行く事となり、昨夜からウッキウキでスキー板にワックスを塗りこんだりしていたのですが・・・


最寄りのスキー場であるびわ湖バレイが悪天候のため、お休み・・・

_| ̄|○

一人で行くのに遠出する気力も起こらず止む無くスキー中止。

ということで、外は雪だし、おうちで引きこもって、1000円の501 66前期のリペアをしていました。

これね。



今日やったのはここ。


お尻のポケット上の腰回り。

一見、何もダメージはなさそうに見えますが、日に透かすと一目瞭然。


今にも破れそうな箇所が散見されます。
ステッチの下とかもヤバめですよね。

リペア方法はいつもと同じなので、割愛して、ここを、丁寧にミシン掛けして。


こんな感じ。

これも日に透かしてますが、とりあえず大丈夫そうです。

この腰回りのリペアを左右両方やって。


腰回りはこれで完璧。

お尻周辺はあと左の太腿裏を補強すれば、とりあえず一応の完成となりそうです。

リペア前は引っ張れば敗れる状態でしたが、かなり強くなりましたよ。

たまたまこの間、ダイソーだかセリアだかで100円均一の接着芯を見つけたので、買ってみて、今回使ってみたのですが、ダメですねこれ。

薄すぎてあまり補強になってないし、糊が弱くて、くっつかない。

ただ、薄すぎるが故、今回のような腰回りの厚みの違った箇所とかを一気にやっちゃうには使いやすかったので、これれからはこんな感じに使うと思います。

明日は今日より雪が降るらしいので、今日のうちにミシン糸とか接着芯とか、更に買い集めてきたので、明日も多分、一日、ジーパン直してると思います。

デニムリペア、楽しいですよ。

参考記事(過去のこのデニムのリペア):
1000円で買った501 66前期のリペアスタート!
インディゴのリバースウィーブの注意点やらBBQやらデニムリペアやら三連休の出来事。

おわり。