羽曳野BROOM

2018年7月19日木曜日

送料込み400円の激安モバイルバッテリー #レビュー

最近、スマホのモバイルバッテリーを購入しました。

元々、いろいろ調べて買った結構性能良いヤツを持ってたんですけど、ちょっと重いので、キャンプに行く時なんかは良いのですが、普段、大阪や京都に遊びに行くときの携帯に向いてなくて、何か軽いのないかなと探していました。

それで楽天で見つけたモバイルバッテリーを買ったのですが、これがなんと送料込みで400円という激安品。



レビューを見るとiPhoneで満タン1回と半分ぐらいは充電できるとのことで、購入しました。

届いてみると、安いからかわからないけど、とても軽くて、逆に不安になるレベル。

でも充電して、iPhoneに繋いだら普通に充電出来ました。
すごっ。

前のは2000円ぐらいした記憶があるのでコストパフォーマンスだけで言えば相当高いですね。
キャンプや旅行時には元から持っているヤツ、デイリーユースには今回買った方と使い分けるつもりです。

他のもそうだと思いますが、iPhone用のライトニングケーブルが付いてなかったのですが、ダイソーやセリアに売っている100均のモノで使用出来ました。
携帯したいので、100均のケーブルは短くて逆に好都合です。

大きさはiPhone5と比較してこんな感じ。




厚みはあるけど、他はほとんど同じサイズ感ですね。

最近、出かけるときは必ずデニムのボディーバッグを持っているので、ここに入れておけばスマホの充電を気にせずに遊びに行くことが出来ます。


勿論、災害の時に備えにも良いですね。

これはもう完売したようなのですが、購入した「王様の充電器」というショップはええもんから激安品まで幅広く揃っていて、良い感じでした。



おわり。

2018年7月18日水曜日

寝屋川市に出来た古着屋Black Smithに行ってきた。摂南大学の近く。

寝屋川市に出来た古着屋Black Smithさんに行ってきましたよ。

場所は京都と大阪を結ぶ京都守口線の13号線沿い。



外観からも完全にバイカーでアウトローな雰囲気のオーナーさんがいるんだろうなと思って、若干、ビクついて入店しましたが、まさかの同い年の話しやすいオーナーさんで超一安心(笑)



「こんなに早くF-STREETさんに来ていただけるなんて!」

と喜んでいただき、また一安心。

入ってすぐのところのラックに何かを発見。



入口付近、何か既視感あるわね・・・と思っていたら、5月で閉店されて現在は羽曳野BROOMにおられる元松原FLAGのカズさんから譲ってもらったのだとか。



あー、なるほど、これも見たことある!!ってな事で、店内のいたるところに松原FLAGの面影があってとてもうれしい。


このガラスのディスプレイも!
あとフィッティングもFLAGにあったものを一度解体して松原から寝屋川に運び、また組み直したのだとか。すご。


ここね。

オーナーさんは1930~1960年代ぐらいまでが得意との事で、今では逆に新鮮なヴィンテージショップです。


最近はどうしても流行が90’sなので、紹介するときに「ヴィンテージとか年代にはこだわらず」「オーナーさんのセンスで買い付けられた」と書くことが多く、本当、今は逆に新鮮。


バキバキのオーバーオールとかたまりませんね。
僕らはもうこんなお店が居心地が最高ですよね。
カウンターに座り込んでたくさんお話を聞かせて頂きました。


でも寺田さんは、近隣の摂南大学をはじめとする大学生の方にも古着に触れて欲しいと、70’s~90’sの勉強・研究もされていて、今後はそういった提案もしつつ、古着に深く触れていってほしいとお考えのようで、そうした仕掛けも考えていきますとの事でした。


今はやっぱTシャツコーナーに目が行きますよね。


Tシャツは、画像からも伝わるかと思いますが、なんかめっちゃプリントにこだわって集められているのが伝わってくる感じで、若い方にアメリカのTシャツってこんなにおもろいんやって知ってもらいたい感じが物凄く伝わってきて、僕もなんとかこの辺の大学生の皆さんに見てもらいたいという思いが湧いてしまって、なんだかおせっかいな事も言っちゃったんですけど、そうした余計な、ともすれば失礼な話も物凄く興味を持って聞いてくださり、とてもうれしくなってしまって、閉店までいました・・・というか、その後、ガストに移動して、更に2時間以上おしゃべりしていました(笑)


こちらにもTシャツがまだまだ。

そして、地元の若者以外に、やはりご本人もバイカーということで
「バイク乗りにオシャレに興味を持ってもらえるお店にしたい」
も仰っていて、この辺りのレザーが並ぶ店内はやはり、外観同様アウトローな空気が流れていて、とてもよい感じ。



お古そうなヘルメットもあります。



そして目を引くオリジナルTシャツ。


これ、格好いいっすねぇ。


ボディーにもこだわっておられ、とても肉厚なTシャツ。

こうしたアウトローな雰囲気と対照的に、
「ローカルやからプライドとかかなぐり捨ててガムシャラにやっていきたい」
という激熱な熱量をお持ちの寺田さんの魅力にあふれたショップです。



いやー、ローカルにええお店ありますよ、本当。

ちなみに間もなく学生さん限定のセールをされるとのこと。



摂南大学の皆さん!要チェックですよー!!

古着屋Black Smithさんの詳細は下記ページでどうぞ。

Black Smith(寝屋川市):大阪古着屋データベース

2018年7月16日月曜日

【ブーツメンテ・裁縫道具】道具を整える

連日、洗濯・ブーツメンテナンス・デニムリペアなどをして過ごした連休ですが、消耗品が切れたり、気になるところがあったりしたので、その辺を整えることに。

まずはサンドベージュのアイリッシュセッターを丸洗い(※デニムをリペアしたりスウェードのアイリッシュセッターを洗ったり。)した時に、そう言えばベージュのスウェード用のブラシを用意していないなあと思い、馬毛ブラシを調達。


ちゃんとベージュスウェード用と書いておかないと間違えて使っては大変なので。


あとカバン洗った時にミンクオイルも残り僅かだったのでストックを購入。
キャンバス地×革製のバッグを洗う

あと、裁縫道具を入れるのにツールボックス(OLD SMITH HARD WARE Coツールボックス)を使っていますが、工具用で仕切りとかがないので、中が雑然としてしまっていて。


これじゃぁ気持ちよくないですよね。


これをなんとかしたいなって事で、100円均一のセリアでこんな缶のボックス達を購入してきました。


一応、色は合わせて。

大きい方は一番散らかっているように見える原因になってしまっている糸類を収納。


小さい方は細々とした指抜きやボタンとか。


で、結果こんな感じ。


だいぶ整いました。

こういう時、100円均一ってとても便利ですよねぇ。
最近はオシャレにもなっているし。

ついでにこんなコードをまとめるヤツなんかも買ってしまいました。


ミリタリーチックでええ感じ。
これも整える道具ですね。

ということで、連休最後はメンテナンス道具を整えて連休フィニッシュです。

おわり。

デニムをリペアしたりスウェードのアイリッシュセッターを洗ったり。

昨日に続き今日もひたすら朝からお洋服のメンテナンスに勤しんでいます。



というわけで、今日は朝からジーパンをリペアしていました。

こちらは破れた時のツイート。



ほんまに、なんぼほど破けんねんと。

で、裏側を見てみると。。。


わかります?リペアとリペア・補強の間、唯一リペアされていない空白部分が破けています。
こんな重箱の隅突くような破れ方するかね!!ほんまに。

というわけで、ここをリペアしたんですけど、これ、四方八方全てリペアされて生地が強化されているので、ラッキーリペアです。

生地が2重になっているところは、そんな簡単には破れないので、簡易のリペアで充分。
ということで、ここは裏から生地を当てることに。


生地取り用のセカンドストリート(リサイクルショップ)で買ったウォバッシュのシャツを持って来て、生地を取ります。


ふむ。このぐらいかな。
今回はあまり大きさはいりません。


このぐらい。
これを裏から貼ることで、ダメージの中からウォバッシュをチラ見えするって寸法です。


待ち針で固定。
これが大事です。
昔はなんか面倒でやらなかったんですが、するとしないとではこの後の作業効率が俄然違います。


あとはチクチク縫う!


ひたすら縫う!


15分ほどで完成!
我ながらだいぶ上手になりました。


わかりにくいけど、こういうことですね。


そしてもう一丁。
昨日、スウェードのアイリッシュセッターを丸洗いしました。


といっても今回はかなり雑に洗ったので、もしスウェードブーツの洗い方を参考にしようとここにアクセスしてくださった方は、以前に書いたこちら(スウェードブーツ(REDWING#8143)を丸洗い!)の方が参考になるかと思います。

今回洗ったこのスウェードのブーツは昔、ヤフオクで落札したもので、そこから僕も10年ぐらい履いているので、相当古いものです。
タグは刺繍の羽根タグが付いているので、恐らく2000年前後のものと思われます。

ジーンズやミリタリーパンツによく合うので、お気に入りでよく履いていたのですが、さすがの経年劣化で、かなり汚れが目立つようになっていて、それと共に、「汚いから嫌だなぁ」とか思うようになり、履く機会もほとんど皆無になってしまっていました。

それなら思い切って洗ってしまえば良いんじゃないの?と思い立ち、洗ってダメなら買い替えるか・・・ぐらいの気持ちで丸洗いする事に。


今回も前回と同じく、人の頭皮を洗うものなんだから動物の革にも行けるんじゃないの?理論でシャンプーを使用。

一応、無添加シャンプーを使いました。


スポンジにシャンプーを泡立てて。


おりゃおりゃとスポンジでゴシゴシ。
スウェードは強い革で傷ついたりとかってことを気にしなくてよいので、こするのは問題ない(はず)です。
雑に洗ってるからシューレースすら外してないっていう手抜きっぷり。もちろん、外した方が良いです。

洗い終わったら、大胆にホースで水をぶっかけて。


すすぐ。

泡がなくなるまで。

そして日陰干し!!・・・の画像がない・・・
撮り忘れましたが、日陰干しをしました。

ただ、この時に「暑いから大丈夫だろう」と水分を拭きとらずに干しましたが、結果的に、多分、水分をふき取ってから日陰干しするべきだったっぽいです。


乾いた!おお!綺麗になってる!
ピッカピカというわけではありませんが、かなり綺麗になったと思います。


爪先のアップ。


側面も。

ただ、ちょっと革が硬くなってしまったような気が・・・する・・・
もしかしたら水を切らなかったからかな・・・と思っています。

というわけで、とりあえず革に栄養をあげましょう。


使ったのはこちら➡JEWEL ヴィオラスエードコンディショナー

安くて便利です。

ということで、少し硬くなっちゃった気はしますが、まだまだ履けそうなので、買い替えずに履き続けることにしました!

おわり。