羽曳野BROOM

2018年6月20日水曜日

妻の手仕事

僕の妻は中~高校生の頃、自分でスカートなんかを作っていたらしいです。

それで、僕がジーパンをリペアするのにミシンを買ってから、僕がミシンを触っているのを見て、刺激を受けたようで、またよくミシンで物作りをしたりしていました。

最近は子供達が大きくなってきたので、子供達の物を作ったりしているようで、夜な夜な、よく頑張って作っているので、今日は最近彼女が作った物を紹介してみようかと思います。


これは一番最近作っていたペンケース。
小学校1年生の次女は、学校に「ザ・筆箱」みたいな筆箱を持って行っているのですが、ウチの子供達の小学校は3年生から布のペンケースを持って良いらしく、今年から布のペンケースデビューしたお姉ちゃんが羨ましくて仕方がない様子で、しきりに「布の筆箱が欲しい」と言っていました。

そこで、「英会話教室に持って行く用にするなら」と、妻が作ってあげたようです。
僕はミシンを使うと言ってもリペアやリメイクをするだけで、物を作ったりは出来ないので、なかなかの出来栄えに感心してしまいました。


こちらは移動ポケットと言うらしいです。

制服に付ける後付けポケットみたいなもので、現在、小学校で流行っているらしく、こちらも次女がしきりに「移動ポケットが欲しい」「パセリハウスに売っているらしい」と言ってくるので作ってやったようです。


こんな感じに、ティッシュを入れるポケットのようです。

まあ次女は買って欲しかったようで、「お友達のはチャックが付いているけど私のは付いていないからティッシュが落ちる」とか、むちゃくちゃな主張をしていましたが、ただ、こうして手作りのものを使わせてあげるのはとても良い事だなぁと思っています。


これはズボン。
昨年、長女が夏休みに3泊4日のスポーツキャンプに行った時、4着の長ズボンが必要と言われて、そんなに買ったらもったいないからと、自力でズボン4本を作り上げていました。

さすがにこれはビックリしました。

子供達は豊かな時代に生まれたので、新しい物を買ってもらえるのが当たり前と思っている節があるので、こうした手作りのものに触れさせてあげたり、僕がせっせとジーパンを直したりブーツを磨いたりしているところを見せて、物の大切さを教えていければなぁと思う次第です。

と、今日はちょっと嫁自慢ブログでした。

おわり。

2018年6月18日月曜日

REDWING #8143のシューレースを交換したりケーブルカーに乗ったり。

今日は朝から良い天気でしたね。

こんな日はとりあえずブーツを外に出して磨きたくなります。


ゴールデンウィークに一気にブーツ類のメンテナンスはやっているので、今日は最近履いた靴のブラッシングをメインにしようと、最近履いた靴たちを出してきました。

GWは読書をしたり靴を磨いたりサッカーを見たり


ブラッシングとスウェードの汚れ落としをやって。


HATHORNのレイニアオックスフォードだけは新たに傷が付いているところが気になったりしたので、ブーツクリームも入れました。


このパワフルな赤光り。
最高です。

そして、今日のメインにもう一仕事。


こちらのREDWINGのアイリッシュセッター「#8143」のシューレースを変えようかなと。

なんとなく水色スウェードに虎紐は似合ってない気がしていて、REDWING純正のホワイトレザーのシューレースを購入していました。


120cmあるので、ちょっと長く、元のシューレースよりちょっと長いところでカットして使いました。


アフター!

ええ感じですねー!

その後、M65パンツの裾が解れているのが気になっていたので、それもメンテナンス。


お休みの日はこんな事しているのがたまらなく楽しいです。

でも、せっかくのええ天気。
昼からはお出かけや!って事で、昔、幼いころに親父に連れられて乗せてもらった比叡山延暦寺のところにあるケーブルカーに子供達を連れて行きました。


親父とはひょんな事から仲違いをして、20年近く音信不通状態だったのですが、一昨年、結局、一度も顔を合わせることも声を聞くこともないままこの世を去りました。
なのでイマイチ、今でも良い感情は持っていないのですが(逆にもう悪い感情すらない)、そうして小さい頃にケーブルカーやミシガンに乗せてくれた想い出というのはアルバムの中に残っているので、そういう一生記憶に残る体験は是非、子供達にもさせてやりたいと、前からこのケーブルカーは一緒に乗りに行きたいと考えていました。


この坂本ケーブルカーは日本一の距離を走るケーブルカーで、子供達も楽しんでいましたが、35年ぶりに乗った僕もテンションが上がりました。

ちなみに夕方に行くと、登りはもう誰もいないので、貸し切りに近い状態で、こうして一番前で風景を楽しむ事が出来て、オススメですよ。
延暦寺の受け付けは終わっちゃってて、延暦寺には入れませんが。。。

まあ、今回はケーブルカーが目的だったのでそれでOK。
一応、延暦寺の門っぽいところで、記念撮影だけしてきました(笑)

ということで、とても有意義な休日でした。

おわり。

2018年6月15日金曜日

F-STREETは「ITAMI SPORTS AWARDS」をサポートします。

少し前に「伊丹という街」という記事をアップしました。

そして昨日も伊丹へ行っておりました。


その目的はこちら。



今年から立ち上がる「ITAMI SPORTS AWARDS」というイベントのキックオフパーティー。

この「ITAMI SPORTS AWARDS」はスポーツビジネスを展開する株式会社アスリートビズとNPO法人伊丹アスリートクラブ、伊丹市などが参画し、伊丹市の年間でスポーツで功績を残した人を、プロ・アマ問わず表彰するイベントです。



この「ITAMI SPORTS AWARDS」にF-STREETもスポンサードし、そして個人でもWEB関連のPRを中心にサポートさせていただくことになりました。

主催となる伊丹アスリートクラブは、伊丹出身のアスリートからなるNPO法人で代表である元Jリーグ横浜フリューゲルスやヴィッセル神戸の守護神だった石末龍治さんや、元阪神・近鉄・オリックスの代打逆転サヨナラ優勝決定満塁本塁打男・北川博敏さん、現オリックスバファローズの正妻・山崎勝己選手・元日本ハムファイターズのドラフト1位選手で報徳学園時代には甲子園を制した尾崎匡哉さんなどが在籍されています。

スポーツイベントはJFA東日本大震災復興チャリティーマッチ「日本代表 VS Jリーグ選抜」の事前イベント「ハートマークビューイング」の開催サポートをして以来の参画。
スポーツ大好きな僕にはたまらないお話で、身に余る光栄なお話です。お話を頂いた時には、説明して頂いている最中には参画を決めていたので、アスリートビズの池田社長が「力を貸してください」と言い終わられる前に、食い気味に「はいっ」と即答しておりました。

この日のパーティーには「ITAMI SPORTS AWARDS」のスポンサーとなる伊丹財界の皆様が出席されており、ほとんどの方が社長という凄いパーティーでした。

そして、アスリートクラブ代表の石末さんも。



かっけー。
恐ろしく格好良かった。

どうしても石末さんの名刺が欲しい僕は、身分の違いをものともせず「F-STREET」の名刺で果敢に名刺交換に挑み、見事に成功。

とりあえず宝物にします。

またパーティー中は前出、元日ハムの尾崎選手と、子供の話や共通の友人であるよっさんの伝説で盛り上がりました。

僕の知っているよっさんはとても心優しく力持ちな頼れる同い年の飲み仲間ですが、尾崎選手はルーキー時代、よっさんが部屋長だったそうで、今では想像もできない破天荒な伝説を教えてくれました。

野球マニアの僕には超貴重な時間でした。

さて「ITAMI SPORTS AWARDS」。
現在、同イベントではスポンサーを募集されています。
ブロンズパートナー5万円から冠パートナー100万円まであり、イベントの規模に比べればとても安価でスポンサーになれますので、我こそはという企業・団体・商店主の皆様、是非、ご検討のほど。100万円でタイトルに社名やサービス名を付けることができます。

ちなみにスポンサー参画表明時にF-STREETの紹介と言ってくだされば、僕の株がすごく上がるので、ぜひよろしくお願いします(笑)

お問い合わせは伊丹アスリートビズかF-STREETのメールフォームから頂ければご紹介させて頂きます。

2018年6月13日水曜日

京都・大原の「はんじ」で卵かけめしを食べてきた。

先日、京都の大原に遊びに行きました。

※参考
新緑の大原三千院へ。

その時にランチでお邪魔したお店。


赤い大きな提灯が目印。
入り口はこんな感じ。


この辺りに多い古民家といった趣の建物で、大原観光に最適なお店ですね。


中も雰囲気満点。

物凄く物腰の優しいお婆さんが切り盛りされています。

鳥かごにはオカメインコがいて、割とフリーにお婆さんを追いかけていました。


こちらはごはん定食(600円)。

卵かけめしと、お味噌汁、おばんざい小鉢3品、お漬物のセットです。

お味噌汁や小鉢は、驚くようなお味ではないですが、素朴な味で美味しかったです。


こちらはそばセット(850円)。

そば以外に小鉢が2品ついています。

そばは麺はやわらかめの麺で、お出汁は昆布のお出汁が出ていて美味しかったです。

そしてメインはこちら。


これをグルグルッと混ぜます。


地元大原で育てられた地鶏の有精卵の卵かけごはんです。
ちなみにですが、多分、この道40年の山田良介さんが育てられている地鶏だと思います。

残念ながら卵の違いまで細かくわかる舌を持ち合わせてないので、無精卵との劇的な違いはわかりませんが、でも見るからにイキイキとした卵で美味しかったです。
あとね、最初から出汁醤油が掛かっているのですが、これが絶妙なお味で、美味しかったです。

古民家で地元で育てられた地鶏の卵を味わう。
大原を堪能するには申し分のない素敵なお店でした。

余談ですが、食事をしている時に、海外からのお客さんが一人で入店されて、はんじのお婆さんが「生卵は大丈夫ですか?」とお聞きされたら、「もちろん!」と力強く答えて、美味しそうに召し上がってらっしゃいました。

大原に行かれる際には是非。

場所は大原に入ってすぐ、里の駅大原の近くです。

はんじ|食べログ

おわり。

2018年6月11日月曜日

洋服の虫食い対策には無印良品のレッドシダーブロックが無敵すぎる。

先日、夏に向けて衣替え準備をしてくれていた嫁さんに「よく着てたTシャツ、虫食ってたよ」と指摘されました。

「ぬぅわぁにぃぃぃぃぃっ!!俺の大切な野球Teeに!!」

と、虫に怒りが込み上げてきたのですが、とりあえず冷静に虫食い対策を施すことにしました。

とはいえ、防虫剤では匂いが気になるので、出来たら使いたくないし・・・

って事で、調べた結果、無印良品のレッドシダーブロックに行き着きました。


防虫・消臭効果があるといわれるレッドシダーの木片20本入りのセットです。
これならレッドシダーの香りで自然の香りだし、まあ、ちょっと小さい頃に飼育したクワガタの木と同じニオイがする気もしますが、でも、そもそも消臭作用もあるしで、衣類に嫌な臭いが付きません。

更に特筆すべきはコストパフォーマンス。

これだけ入って税込499円!

つまり1本約25円。

しかもレッドシダーの香りが薄くなって来たら取り換えるのではなく、やすりで削ればまた復活するそうで、ほぼ無限使用が可能です。

さらにさらにこうした木片なので、使い勝手が良くて、このまま靴に入れれば消臭剤としても機能してくれます。

ということで買って来ました。


これで防虫対策が出来るなら無敵じゃないですか?

とりあえずTシャツを入れているタンスにポンっ。


もう僕の大事なTシャツを食わせんっ!!

おわり。