羽曳野BROOM

2015年4月30日木曜日

岡山ファッションフリーペーパー「Dorothy」

先日、岡山県で開催されました古着屋フリーマーケット「Okayama Flea」に参加させて頂きましたが、そのOkayama Fleaでは岡山大学のDorothyというファッションサークルの方々がお手伝いしてくださっていました。

Dorothyではこうしたファッションイベントに関わる以外にフリーペーパーも発行しておられます。

それがこちらのDorothy。


今号は創刊からちょうど1周年のようで、表紙にいろんな方々が「1」と手で表して写っておられます。

古着屋オーナーさんも何人かおられますね。

中にはファッションスナップだったり。


特集だったり。


スタッフスナップだったり。


ショップ紹介だった。


が掲載されています。
マップも載ってますので、岡山でいろいろ周るなら必携の一冊です。

岡山県は政令指定都市ですが、人口70万人で、大阪、神戸、京都、名古屋などに比べると街の規模感は大きくないので、このファッションサークルDorothyや古着屋さん、お客さんとの距離感が近く、こうしたファッション関連のことをするのに非常魅力的に感じました。

民族性もあるのかもしれませんが、大阪や京都などでは出来ないパッケージの事が岡山なら出来そうな感じで、皆さんがこうしたイベントなどに協力的で、発展的な雰囲気を感じました。

岡山の皆さんは、比較的悲観的なことも仰ってたりしたのですが、とんでもないと思います。

とても魅力的な街。

是非、F-STREETとしてこれからも関わって行きたいと強く思いました。
その一因がこのDorothy。

あんなに街のイベントに協力的なサークルがあるのは本当に貴重。
学生さんにしか出来ないことをしっかりやってて、学生さんだけでは難しいことを古着屋さんなどと組んでやっていて、あんなサークルなら学生時代に活動してみたかったなぁ…と思わせてくれるサークルでした。

DorothyともF-STREETとして何か関わらせてもらえれば…と思っています。

そんなわけで、岡山でっていうのを準備中です。

今年のゴールデンウィークは2日に大阪に飲みに行く以外は、予定を入れずに引きこもってネット関連のことをやるつもりです。

そこで、F-STREETとして岡山に関わらせてもらえる何かが出来ればと思っています。

おわり。

2015年4月28日火曜日

明日より古着屋JAM堀江店でレッドウィングのファクトリーセカンド販売開始!

レッドウィングブーツのアウトレットライン「ファクトリーセカンド」。
日本では東京上野のアメ横にあるフットモンキーでしか取扱店がありませんでしたが、明日から大阪堀江の古着屋JAMで取扱いがスタートします。


本来の値段から約30%OFFで販売される予定で、セカンドラインの刻印としてシュータンにパンチ穴が空くのですが、僕が見たワークオックスフォードやアイリッシュセッターは全く気にならない部分でした。

一部、エンジニアか何かは気になったと社長が仰っていましたが、ただ製品自体はどこがセカンドラインなのかよくわからないぐらい程度の良いものです。

レッドウィングジャパンで販売される正規品は、アメリカや欧州に比べかなり品質の高さが要求されるらしく、かなり品質の良いものがファクトリーセカンドに流れるそうです。

僕もワークオックスフォードのファクトリーセカンドが入れば欲しいなぁと思って、こっそり先んじて見せて頂いたときに探してみましたが8ハーフはあったけどマイサイズの9はなかった。
残念。

ちなみに現在のところオンラインでの発売予定はありませんので、気になる方は古着屋JAM堀江店まで。


ちなみに、このレッドウィングを
見せて頂くのに古着屋JAMのバックヤードを見せて頂きましたが、こちら。


岡山でも古着屋さんの間で話題になっていましたが、業務用の大型洗濯機。

古着屋JAMの製品は自社のバックヤードで洗濯されてるんですねぇ。

取扱い点数3万点とも4万点とも言われる古着屋JAMの商品を洗濯して販売しようと思うと、このぐらいの設備は必要なようです。

しかもフル回転なんでしょうね。


格好いいですよねー。
デカすぎて家には置けないけど。

ちなみにバックヤードにいたら、川田マネージャーや店長の坂根君といったよく会うメンバー以外に共同代表でバイヤーのジョウコさんや新メンバーでタイ語ぺらぺらのバイヤー太一さんなど、珍しい人達ともお会い出来て楽しかったです。

古着屋JAMの人材すげー。

おわり。

2015年4月27日月曜日

THE モンゴリアンチョップス「十人十色 テンジカイジャケット」

週末は大阪に行ったり京都に行ったり、アクティブに動いて充実した週末でした。

かなり暖かくなってきてて、朝晩も上着なしでも動けるようになってきましたね。

そろそろ気になるのがシャツでしょうか。

ということで、この4月から活躍し始めているシャツを。


カモ柄のシャツ。

THE モンゴリアンチョップスの2015春夏コレクション「十人十色」の中の「十人十色 テンジカイジャケット」というアイテムです。

コレクション名がそのまま商品名になっている今コレクションを象徴するようなアイテムです。


タグにも十人十色のネームが付いています。

細かなディテールにはテンジカイジャケットの名の通り、元は本人達が展示会で着用する為に作られたこともあり、着心地使い心地に想いを馳せたTHE モンゴリアンチョップスのこだわりが詰まっているのですが、このシャツの肝は「十人十色」な部分。

例えばカラーは10色展開(確か)。
10人いれば10人がそれぞれに趣味趣向があり、その10人それぞれが自分に合ったカラーを選ぶ、それが十人十色です。

更にサイズはワンサイズ展開。
つまり、デカイ人も小さい人も同じサイズです。

僕は好きな服が古着で見つかると、あまりサイズは気にせず、入ればオッケーの姿勢で買ってしまいます。
あとはそれをどう着るかというだけなので、あまり気にしないのですが、まさにそこ。

このシャツのサイズ間に合わせて、好きなように着こなしてねというのがTHE   モンゴリアンチョップスからの謎かけです。

例えば177cm 72kgの僕が着ると完全にジャストサイズで着ています。

KEY CLOTHINGの鍵ちゃん(小柄)はオーバーサイズで着こなしていました。
思わずオーバーサイズを嫉妬するぐらい上手に着ていました。

ちなみに鍵ちゃんはチノクロスみたいなベージュの生地のを選んでいました。


そしてこの十人十色。
THE モンゴリアンチョップスの工房「新世界labo」でTHE モンゴリアンチョップスの手によって作られています。

一つ一つハンドメイドで作られるというマニュフクチャー魂溢れる十人十色。

迷彩の生地には10%ポリが噛んでて、パリッとした撥水加工の効いた生地のような質感で、シャツというよりシャツジャケットみたいな感じです。

今の季節はダボッと着て、その内、Tシャツの季節になったら腰巻にでもしようと思っています。

おわり。

2015年4月24日金曜日

GO OUT OUTDOOR GEAR BOOK Vol.2

おしゃれアウトドア雑誌GO OUT!
この夏、アウトドアデビューを目論む僕にとっては今、最も熱い雑誌です。


そのGO OUTのOUTDOOR GEAR BOOK。
アウトドア好きたちの愛用ギア1001点。

コレクター体質な我々にはコレ系はたまらないものがありますね。

中には文字通りアウトドアの達人達の愛用ギアのほか、さすがGO OUTといった感じのオシャレギアがたくさん載っています。

中でも気になるのはこのへん。


このイス、超いい!

めっちゃ高いけど。

ちょっと高いぐらいなら即買いなんですけどね。めっちゃ高いです。
4万円とかだったかな…

ソファー買えるやん。


F.C.Real Bristolもアウトドア用のフォールディングチェア出してたり。
20520円。

だから高いって…

イームズのファブリックチェアなら買えるで…


ネイバーフッドがHelinoxに別注したコット出してる!
スゲーこれ!

欲しい!…けど6万円て…
たっかー。

オシャレは高い。


BEAMS×SOTOのシングルバーナー。
11880円。
一瞬、このぐらいなら買えるかもとか思ってしまうぐらい他のが高い。
シングルバーナーですからね。

高いわ!!


いいなぁと思ったのはこのページ。

ヴィンテージコールマンが載ってるもありますが、チェア類も超いい感じ。


こちらSotoLaboという格好いいアウトドアギアを展開するメーカーの代表の方のページ。


キャプテンスタッグのベンチの張り替えられるファブリックを作っていたり。


こちらもキャプテンスタッグのチェアに帆布を貼ったもの。

おお、超いいぞ。

俄然キャプテンスタッグが気になり出しますね。

GO OUT OUTDOOR GEAR BOOK Vol.2 (NEWS mook)
  • 作者:
  • 出版社:三栄書房
  • 発売日: 2015-04-17

そんなキャプテンスタッグが気になりだすGO OUT OUTDOOR GEAR BOOK Vol.2。
読み応えがあって非常に良かった!

この夏、アウトドアデビューを目指す方にはオススメです。

2015年4月23日木曜日

Okayama Fleaで唯一買ったもの。

日曜日に参加した岡山県の古着フリーマーケットOkayama Flea。

基本的には出店者として行かせて頂いたので大荷物で行ったのこともあり、あまり物を買うという意欲がなく、一つでも売って身軽で帰りたいと、そんな思いで行きましたので、ほとんど何も商品を見たりしていないのですが唯一買ったもの。


Carharttのバンダナです。

ハンカチ用のバンダナを持ってなかったので、失敗した…と思っていたのですが、Okayama Fleaに参加されていたDriveさんの店舗で見つけ、購入させて頂きました。


HARD AT WORK!!

生地感的にも古い感じはしないので、現行とかかなり浅い年代のものだと思うのですが、僕の大好きなアドバタイジングモノで、更にワークモノ。

役満ですね。


一つ一つのデザインも非常に良く、クロスに見える模様や周囲を囲む模様がハンマーだったり、HARD AT WORKに恥じないワークっぷり。

相当いい感じです。

なんと500円のOkayama Flea開催中ということで、20%OFFの400円でした。

ありがたや。

Okayama Flea、まだ岡山でも浸透しきっている感じはなかったのですが、相当良いイベントですよ。

岡山の皆さん、このブログをマメにチェックしてくださいね。

これからよろしくお願いします。

おわり。

2015年4月22日水曜日

岡山紀行番外編

今日は何も用意してなかったので、携帯にある画像を再利用的な感じで、大したブログじゃないです。
すいません。


新幹線では新大阪駅のキヨスク的なところで買ったビーフサンドを食べました。


朝から…という思いもあったのですが、赤身肉なので、特に重くもなかったです。

美味しかった。


岡山では桃太郎さんが待っててくれると思っていたら武蔵!!

宮本武蔵は岡山なんですね。

前に吉川英治の宮本武蔵読んだけど記憶にない 笑


Okayama Fleaの会場ではケバブばっかり食べてました。


これはチキンケバブ!
これうまいっ!!

やっぱ飲食ブースがあるのはええよなー。

他には焼肉屋さんのケバブというブースもあって、そちらも美味しかったです!


会場ではこんな価格帯で。

岡山の人でこのイベントを知らなかった方はもったいない事をされましたね。

恐らく、今後の開催はここかF-logで告知しますので、是非、マメにチェックしてくださいね!

本当に楽しいイベントでした。

またこれからも継続的に岡山の方々と交流をもたせてもらって、もっといろんな事をして行きたいと思っています。

おわり。

2015年4月21日火曜日

岡山の古着屋フリマ「Okayama Flea」に行ってきたよ。

今日からGoogleさんがスマホ対応してないページには鉄槌を下す!という物凄いことをされるので、いろんなページのスマホ対応に追われ、いろいろと更新が滞り、申し訳ありません。

一言にスマホ対応といっても、何かをスマホに合わせると、何かが狂ったりとかで、案外、手間取ります。


ロゴ…デカッ!!とか 笑

まあこのぐらいは、おいおい調整します。

岡山県岡山市の岡山駅前「奉還町商店街」で開かれました古着屋フリーマーケット「Okayama Flea」に行ってきました。


昔ながらの商店街で、一部の日曜雑貨のお店や古着屋さん以外はかなりのシャッター通りになっており、今回のOkayama Fleaは、その地域振興も兼ねて行われました。



岡山へは新幹線ラインで。

同行してくれた和也君とともちゃんは在来線を乗り継いで大阪から来てくれました。


僕達の出店場所は元パチンコウィーンさんの前。

今でこそファッション誌に載せて頂いたりもしておりますが、昔はパチンコ雑誌に載せて頂いたりしていた人間なので、僕には相応しい場所だなと 笑


フリマ経験豊富な和也君とともちゃんがせっせとブースを作ってくれます。

ポップなども用意してくれていて、僕は他のお店さんとのご挨拶などに時間を取れて、本当に心強い2人でした。


岡山では、どこかで情報に尾ひれがついて、ラジオでイベントの紹介がされる際などに
「大阪からカリスマが来る」
とか身に余る紹介をしてくださってたみたいで、古着業界の皆さんにも大歓迎して頂きました。

古着屋アバランチのオーナーさんは
「物凄くカリスマ風吹かせた横柄な人が来たらどうしようかと思ってました。」
と仰っていました。笑


スタートすると意外と人気ブースになったりして、皆さんに見て頂いて幸せでした。

特にスタート直後は、いつも見ています!と、声を掛けてくださる方がおられたり、大阪からササボーイという合コン野郎が来てくれたり、本当にありがたかったです。


イベントは大阪古着祭のようなズラーッと並んで頂いてドバッと人が来るといった感じではありませんが、若者からコワモテのお兄さんや1円で服買えて転げ回って喜んでくれた自転車のおばちゃんまで、いろんな方がお買い物してくださいました。


元々、フリマに出すつもりはなく、岡山の古着屋さんとの繋がりを持ちたかったのと、商店街でのイベントに興味があって岡山行きを決めたのですが、その段階で既に岡山出身だからと同行を決めてくれた和也君と、それに駆り出されたともちゃんには本当に感謝。
心強かった。



楽しそうでしょう?


ともちゃんも頑張ってくれました。

今回、岡山の皆さんと繋がりを持てたのはとても大きな一歩で、今後も継続的に岡山の皆さんとも古着を盛り上げて行ければと思っています。

今回、お声をかけてくださったRUSH OUTさんはじめ、岡山の古着業界の皆様、本当にお世話になりました。

打ち上げはRUSH OUTさん、姫路のJACK CLOTHINGさん、三木のSIX PACさんと盛り上がりました。

最高の1日でした。

おわり。

2015年4月19日日曜日

本日は岡山の古着屋フリーマーケット Okayama Flea出店!こんなの出します よ。

今日は岡山県岡山市の岡山駅前奉還町商店街で開催されますOkayama Fleaに出店します。


そこでこんなのを出すよー的なのです。


パンツはスタプレ、コーデュロイ、ディッキーズと使いやすいあたりが揃ってとりあえず全部1000円で。

ヴィンテージジーンズを出す予定でしたが、思ってたやつが見当たらず、嫁の717 66前期を一本だけ。
26インチと、155cm 38kgの嫁仕様なので、あまり合う人がいないかもしれませんが、合えば超ラッキー。
勿論、1000円で。


Tシャツはかなりあげたりしたので、数が少ないですが、チャンピオンやら70'sやら染み込みやらと割と良いものがあろうかと思います。


80'sチャンピオンの褪せた赤リンガーに染み込み。


バータグもあるよ。


染み込みバハマイベントモノ。


なんかええ感じのん。


チャンピオンは他にもあります。


スクリースターズ。


新幹線で行くのでこれに収まる範囲で持ってきています。

出す予定だったUSMAのカデットコートはかさばり過ぎてリストラしました。
もし狙ってた人がおられたらすんません。
会場で言っていただければ通販可です 笑

他にはネルシャツとかマチ付きのワークシャツに刺繍シャンブレーあたりを仕込んでます。

生憎の雨ですが商店街の中ということで雨天決行です。
来ていただける方は是非、お声をお掛けくださいね!
よろしくお願いします。

おわり。