羽曳野BROOM

2011年10月19日水曜日

RED WING IRISH SETTER「ALL BLACK」

JUGEMテーマ:ビンテージ 古着


最近、ヨシカズに頼りまくりで、自分のモノをあまり掲載していなかったので、自分のモノも一発!



見ての通りのレッドウィングのアイリッシュセッターでして、秋~冬~春にかけて、僕が最もよく履いている靴です。
昔は、靴になかなかお金が回らず、コンバースのオールスターとか比較的安価なスニーカーを主に履いていたのですが、年齢と共に、自分の好きな服も固まりつつあり、ここ数年は、暑い間はサンダルで過ごし、涼しくなってくればブーツを履くという流れになっております。

その中でも、この黒セッターは断然のお気に入りで、出勤時以外はほぼ毎日のように履いております。
そんなお気に入りな所がココでして


オークションで安く買ったので、詳しくは知らないのですが、何かの限定品だったそうで、ソールがレッドウィングでは定番のクレープソール(?)ではなく、真っ黒のビブラムソールを履いております。
そんなワケで、見た目も真っ黒なインパクトあるデザインに仕上がっており、その男らしさを感じる潔さが物凄い好きです。

買った当初は、さすがに真っ黒すぎるかな・・・と紐だけでも色変えようかなとか思っていたのですが、寺田町のカリスマに「それかっこええっすね」って褒めてもらって、有頂天になり変えないことに決めました(笑)
なにげない雑談の中での話なんで、おっしゃったご本人はさして意識もしてらっしゃらなかったでしょうけど、僕には絶大な影響を与えられた一言でした。
そして今ではそこが一番好き!となっているのですから、我ながらミーハーなもんです。

タグは古着の世界で重宝がられる通称犬タグではなく

90年代以降に使われた刺繍の羽タグというヤツですね。

もうかれこれ中古で買って更に4~5年ぐらい履いてますので、だいぶやれてきていい感じになってきましたが、時々、ミンクオイルを塗って履いています。
ちなみに最初の頃は、そんなもん持ってなかったので、野球用のグローブの保革油を塗っていました(笑)
あと、普通にバケツにほりこんで丸洗いとかしています。

元々、楽に履けるのが有り難く、REDWINGはかなり好きなブーツなのですが、最近、一生モノのブーツが欲しくって、ホワイツやウエスコを狙っています。
とにかく武骨なところが僕の所有欲をくすぐるのですが、なんか見るところによっては、めっちゃ重くて歩きにくいとか書いてあったりするので、ちゃんと履きこなして自分のモノに出来るのかは不安です。
でも欲しいなぁ。

おわり。