羽曳野BROOM

2010年8月26日木曜日

泉佐野漁港「おさかなハウス」 ジャンボ穴子天丼

・泉佐野漁港「おさかなハウス」ジャンボ穴子天丼
ココは古着と大阪の古着屋情報を主としたブログですが、たまには違った話題も、という事で、需要があるのかはわかりませんが、今日も、昨日に引き続き番外編・大阪グルメブログで行きたいと思います。

昨日、泉南のサザンぴあ「漁師ん家」で海鮮丼を食したわけですが、ひょんな事から今日も、その前に建っております泉南イオンモールに行く必要があったので、せっかくだから今日は穴子を食べようとなったわけでございます。
大阪湾の魚介と言えば、やはり穴子ですからね!

イメージ的に大阪湾のお魚は食えないんじゃないの?と思っておられる方も多いそうですが、瀬戸内海ですからね、おいしいお魚が食べられますよ!
東京湾もおいしいお魚の宝庫ですしねー。

昨日、いろいろ検索して、昨日のサザンぴあ「漁師ん家」、泉佐野市の「おさかなハウス」、岸和田市の「漁師家 幸」に狙いを定めておったわけですが、昨日と同じでは面白くないので、今日は泉佐野漁港傍にあります「おさかなハウス」に行ってきました。

泉佐野漁港波止場
おさかなハウス

建物はプレハブ小屋で、中に釣り餌だったり簡単な釣り道具も売っており、目の前の波止場ではさびき釣りを楽しむ方々の姿も。
ちなみに今はさびきは「小あじ、太刀魚、タコ」が獲れるらしいです。
僕はあまり釣りはやりませんが、さびきはすぐ釣れるので比較的好きです。

おさかなはうす
目の前はこんな感じ。

サザンぴあからの壮大なオーシャンビューと比べると寂しい感じですが、向こうに見える漁船の波止場みたいな雰囲気から、バシバシ期待が高まります。

中に入りますと、とにかく鯛大好きな我が夫婦を、「今日のオススメ 活鯛の漬け丼」がおもっきし誘惑して来ました。
鯛なら、養殖であれ天然であれ、鯛めしでも鯛茶漬けでも焼き魚でも刺身でも何でも大好物な我々はメチャクチャ悩みましたが、やっぱり今日は穴子丼やろ!と、気持ちをグッと押さえ、穴子丼を食べることにしました。

穴子天丼は穴子丼でもジャンボ穴子天丼というのも御座いまして、僕はジャンボにしてみました。

アナゴ天丼
コチラは穴子丼。

まあまあ、イメージ通りの見た目です。
で、ジャンボ穴子天丼はと言いますと・・・

バスーン。

ジャンボアナゴ天丼

デカッ!!!!!!!!!!!
穴子丸々3尾分乗ってますけど(笑)
これで1080円です。
最高。

味は、外カリサクで中はホックホクでアッサリしていてうんまいです。
最初、ご飯がちょい少ないかな??とか思ってたのですが、心配御無用。
穴子でお腹いっぱいなりました(笑)

完食
ごちそうさま。

コレ、めちゃくちゃオススメです。
正直、コレ食べちゃうと、海鮮丼、霞みまくりですね。
次回からは鉄板で海鮮丼じゃなく穴子丼ですね。
ちなみにサザンぴあの「漁師ん家」の方の穴子丼もオススメみたいですよ。
穴子うどんもあります。
もう穴子最高!!

ちょっと足伸ばしただけで、こんなうまいもん食えるなんて・・・
これからいっぱい穴子食べよう。

あっ・・・但し、活鯛の漬け丼は気になるので、また今度食べに行ってきます。

これ食べた後は、忘れ物を取りに泉南イオンモールに行き、ついでに、りんくうプレミアムアウトレットやシークル寄って洗車して帰ってまいりました。
おさかなハウスはりんくうアウトレット行く途中にありますので、アウトレット行かれる際は是非、行ってみてください。
基本は大衆食堂なので、気軽に食べられますし、いいですよー。

おわり。

P.S.
全然関係ない話ですが、昨日からブログ更新時間にやってるNHKスペシャルの「恐竜絶滅 ほ乳類の戦い」が面白すぎて、気が散る。
こういうのん、CGで再現されてるんはロマンがありますよね。
ワクワクします。
平城京を再現されてるCGもやばかった。