2020年7月3日金曜日

カズマさんとハシモトさん

先日、地元の大学生と、あと古着屋Guinnessのユウヤ君とキャンプをしていたんですけど、その時にユウヤ君が素朴な疑問を僕にぶつけていました。

「滋賀のみんなはカズマさんのことをハシモトさんと呼びますよね」

と。

僕はまあ気づいていたのだけど、僕がやっているキャンプには大阪勢も、地元の大学生たちもどちらも一緒になって遊んでいるので、僕の呼び名は見事に混在している。

そう思うと、主に大阪で活動するF-STREETの僕と、地元で活動している僕とではなんとなくキャラが違う。

まあ呼び名は、滋賀には34歳で移住してきたので苗字で呼ばれることが多く、大阪では昔から古着業界の仲間たちが名前で呼んでくれているので自然と下の人たちも・・・というのが一番大きいのだけど、でも呼び名だけでなく、ほかにも。

例えば大阪でのF-STREETの編集長の僕はほぼ必ず帽子をかぶっている。

YOUTUBEチャンネル「えふすと古着ちゃんねる」でもほぼほぼ帽子をかぶっている。

でも、滋賀にいる僕はほとんど帽子をかぶっていることがない。

ここを見てくださっている方は恐らく僕といえば帽子をかぶっている人、と思ってくださっている人も多いだろうけど、滋賀では大阪にいるときのように帽子をかぶっていると、むしろ

「珍しい、今日は帽子かぶってるんですね?」と言われてもおかしくない。

地元でやっているキャンプでは帽子はめったにかぶっていないので、キャンプの時に収録したこちらの動画では珍しく帽子をかぶっていない僕が見られる(笑)


まあ、意識しているわけでは実はないのです。

本当にたまたま、そういうキャラになってきた感じ。

昔から癖毛で、しかも早くにハゲると思い込んでいたこともあり、あまり頭髪に興味がなかったので、短髪で寝癖が付きだしたら切る、みたいなタイプだったこともあり、自分の中でオシャレをする時は帽子をかぶるというのが絶対だったんですね。

なので古着関係の時は必ず帽子をかぶるし、足元はブーツを履くことが多い。

一方で地元にいるときは、一応オシャレには気を遣うけど、古着関係の時ほど本気ではなかったりもする。

まあ、若いころから周りにハゲるハゲると言われ続け、まさか42歳になっても髪の毛が残っていると思っていなかったので、今はもう生えてるだけで充分みたいな感じで寝癖とかもあまり気にしない(笑)

髪の毛的にはもうボーナスステージに入っている(笑)

呼び名も特に気にはしていないので、次に多い「編集長」なども含め、お好きに読んでください。

どれも僕なので、問題なし。

ということで、ちょっと取り留めなくなってしまったけども、大阪と滋賀ではちょっとキャラが違うよ、というお話でした。

ではまたー。




2020年6月30日火曜日

青い迷彩に目がなくってね

一昨年、寝屋川のiBさんでフリース貼りのオーダーパンツを作ってもらいました。

そのうちの一本、ネイビー迷彩のフリース貼りパンツ。

これを甚く気に入りまして、それからすっかり青系の迷彩が大好きになりました。

昨秋から昨冬にかけてはブルー迷彩のナイロンジャケットを愛用しまくっていましたし、次は春に着られるブルー系のロンTeeが欲しいなぁと探していました。

結局、春にピタッと自分に合うものには出会うなかったのですが、先日のアメ村古着屋巡りで古着屋JAMアメ村店にて見事にドンズバのロンTeeを見つけ、購入しました。


こちらポロラルフローレンのロンTeeです。



ブルー系の迷彩のロンTeeってだけで十分ポイント高いのですが、よーく見るとちゃんとラルフのトレードマークも入っているのですが、しっかり見えているわけではないところも好みです。



動画でも紹介していますが、やっぱし、この1枚で格好いいっていうのがとっても良いです。

重ね着とかでオシャレするのも好きですが、最近、もっぱらキャンプに出掛けており、何枚も着るより手軽に1枚で着たり、また寒暖差を調節するのにも最適なのがロンTeeなんですよね。

ボタンなんかがあると着脱がちょっと面倒だったりしますしね。

最近のファッション関係はキャンプで使えるかどうかが最重要ポイント(笑)

今秋には山に琵琶湖に、これ一枚で着て楽しみたいと思います。




2020年6月29日月曜日

滋賀県長浜市が街ごとレトロでエモすぎた

冒頭から何ですが「エモすぎた」とか絶対使いたくなかった派なのですが、長浜市はエモすぎた。

今日は朝から滋賀県の長浜市へ向かいました。

次女が「ココイロ」という番組で見かけた「堅ボーロ」というお店に行きたいと言い出したので、コロナ禍もあってなかなか外出していなかった事もあり、朝からお出かけとなった次第です。


いや、言いたくないんやけどエッモ!!

こんなん完全にエモエモですやんね。

堅ボーロさん、創業は昭和27年だそうで、安倍首相も来られたとかいう物凄いお店。

ボーロというと赤ちゃん用のお菓子を想像しますがちょっと違う感じ。


柔らかすぎず硬すぎず甘すぎず、ちょうど良いちょっと大人なお菓子。

最初は飴ちゃんみたいな感じで口の中で舐めているとほんのり甘いお味がして、その後、中のボーロが口の中でホロリととけほどける感じ。

優しいお菓子です。


こちらは有名な黒壁。

ガラス細工やオルゴールのお店が素敵なんですよね。

まあそれよりこの建物。

エモー。


こんなレトロな建物がそこかしこに。

デザイン性も最高じゃないですか?

また目立つのが町中に張り巡らされた水路。


水路も周りの建物もレトロなまま。

あーエモ。

そしてそして、こんな路地がありましてね。


ここを進むと、


これまたエモさしかないエモ橋が。

ここも水路になっていて、この水路がまたナイス水路。


しかも10cmぐらいの鮎っぽさあるエモ魚が泳いでいました。

この先に、


湖北の暮らし案内所どんどん」という喫茶店も兼ねたエモ案内書があります。

ここも超素敵な場所でした。

ここでは嫁さんが飴ちゃんを買っていました。


これもデザインが素敵ですね。

長浜ほんまに街がレトロでオシャレ。

ちなみにオリジナルのマップも配布されています。


これがまた素敵なんですよね。


ここ、最後の方に来ちゃったのですが、最初に来るべきでした。

でね、地図に古着屋さんが載ってて、これはぜひ行かねばーと、行ってみたのですが定休日だった。


残念。

こちらはまた「えふすと古着チャンネル」の動画でちょっとご紹介出来ればと考えています。

トータル5時間ぐらい滞在してとても有意義な休日の外出でした。

最後に滋賀県ナンバー1の予備声高い京極寿司さんの鯖寿司を買って帰宅しました。




2020年6月25日木曜日

GU×SOPH.「1MW」いったー!!

今日、GUとSOPH.がコラボした「1MW by SOPH.」の発売日でした。


特段、気にしていたわけじゃなかったのですが、昨日、チェックしてたらインナーウェア系が気になりだしちゃって。

ここ数年も夏のインナーがGUのスポーツ系(今のGU ACTIVE)の半パンなんかを愛用していたのですが、ずいぶんと長く愛用していること、またその辺をボクシングジムでも使ってることなどから、そろそろ新調しても良いんじゃないの?と思い出し、今日の発売開始時間と同時に物色。

現在はいくつかSOLD OUTになっているようですが、朝はまだ何でも買える状況だったので、インナーやルームウェアを中心に攻めました。


ルームウェアはセットアップで2パターン行きました。

だってやっすいんだもの。

更にインナーTeeと、そしてそれぞれに合わせたくるぶしソックスも行っときました。

オープンカラーシャツとハーフパンツも気になっているけど、あれ、ポリ系じゃなくレーヨンなんですよねー。

割と取り扱いが難しめ。

素材感はいいけど、劣化もするしなぁってちょっとたじろぎ中。

1着だけ試しに買ってみようかなーとか。

レーベル名が「1MW by SOPH.」で、もしかしたらタグにも「GU」の文字が入らない?とか思うと、価値高いっすね。

1マイルウェアというコンセプトもなんとなく好き。

また届いたら動画(えふすと古着ちゃんねる)ででも、レビューしたいと思います。




パン屋でラーメン!?大津市ネ本屋のラーメンとカレーパンが美味すぎた。

先週の土曜日、古着屋Guinnessのユウヤくん(南堀江BILLY HUNTでもおなじみ)と、東大阪の古着屋TWO PIECEのオージくんとのキャンプ2連泊の間に「琵琶湖一周やー」と車で走りだしました。


行く先は特に決めず、「琵琶湖大橋が渡りたい!」と琵琶湖大橋を渡ってみたり、セカストディグをしたり、と、楽しみながら琵琶湖沿いを北上。


お昼近くなったので、「何か食べようぜ」という事になり、滋賀の情報サイト「LOMORE」さんで情報検索。

なにっ!?パン屋でラーメン食えるやと!?となって同行者2人と満場一致で大津市木戸の「ネ本屋」さんに向かうことに。


ネ本屋さんの面構えヤバッとなって、もう食べる前から三人ともぞっこん。

テントの下に私、いますが、IKEAで35000円で購入されたというこのスペシャルなテントを出して頂き、とても満足度と細川高し。

ほんまにパン屋さんです。

パンも買えるラーメン屋さんではなくパン屋さんです。

ピスタチオパンを食べたいタイダイ野郎と全身真っ青男。


パン屋さんのレジでラーメンを注文するスタイル。

ちなみにこんなパンケースに入れて運びます。


運んできたところ。

ラーメンのフォルムはこちら。


鶏メインのとても上品なお出汁にたまり醤油かな?

滋賀県でよく見る湖国ブラック的な色の濃い黒スープ。

これが上品なんすよ。

とーっても美味しい。

この太めのちぢれ麺がおいしい上品なお出汁を口の中にめっちゃ運んでくるんです。

すげー美味い。

そして食いしん坊たちはパンにも食指を。


オイルサーディンパンやウインナーの入ったのん、カレーパン、ピスタチオパンをみんなで分け分けして食べましたが、どれも超絶美味しい。

特にね、意外だったのがカレーパン!!

ラーメンも美味しかったのですが、カレーパン秀逸。



口に入れた瞬間、美味しいカレーが口の中に広がるんです。

それで「うまーい!!」て言うた瞬間。

なんか口の中を魚が泳ぎます。

イワシかね??

それで「味変わるー!!うまーい!!」ていうた瞬間。

ラーメン出汁の香りがもう一発ファサーってケンちゃんパウダーのように最後に一発くらわしてくるんですわ。

これはうめーわ。

カレーパン、取り合いして食べました(笑)

めちゃ食う。。。


滋賀県、ほんまいろんなとこにええとこあります。

是非、滋賀においでなっせ!!!!!!!JR西日本!!!!!

おわり。


2020年6月22日月曜日

SONNY LABELインディゴカットソー #買ったモノ

春前ぐらいから毎年、インディゴと藍染めにメチャクチャ惹かれる奇病を持つF-STREET編集長のわたくしですが、まあ、ほとほと極まってきました。

今年は今までに持ってなかったロンティー系のインディゴ、藍染め系のアイテムを物色。

特にブランドなどにこだわりを持つわけでもなく、とにかく青いロンTeeを掘りまくってステイホーム中にメルカリでこちらゲトっておりました。



URBAN RESEARCHの中のSONNY LABELというレーベルのデニムロンティーです。

生地がね、もうデニムやん!みたいな厚手のコットン生地で、涼しさはないけど、長持ちしそうでええ感じ。

ポケTeeスタイルというのもええっすよね。

ポケットがやや小さめなのがセレショっぽさありますね(笑)


この辺りはもう既にエイジングが来てるー。

これからどんどんこの辺はエイジングに磨きがかかるはず。


SONNY LABELのコンセプトが’アメリカ・西海岸の自由な空気感、ゆったりと流れる時間の中で自分だけの「お気に入りと時代のバランス」を見付ける場所’とのことで、まあ古着とはマッチング良い感じですね。

古着屋JAMアメ村店動画でキャンプ弾丸ボーイに「全身真っ青www」とイジられていますが、ほんまなお一層真っ青道へ突き進み始めました(笑)

ただ、その「全身真っ青」の一言キッカケで今年の青ブームは少し落ち着きましたが、しかしええなー、これ。


とても良い!!

季節的にしばらくお休みですがまあ、これから楽しめる一着ですね。




アメ村のラーメン店「麺に光を」でとても上品なラーメンを食す

先日、アメ村古着屋巡りの裏目的。

それは「麺に光を」でラーメンを食べる事でした。

古着屋GRIZZLYが展開するラーメン屋さん。

GRIZZLYのオーナー小路君は元々、調理師学校を出たそうで、ラーメン屋やりたかったそうです。

今回はアメ村古着屋巡りを一緒にしていた古着屋ベルエキップのトロンボさん、古着屋ギネスのユウヤくんと3人で食べにいきました。

券売機に並ぶユウヤくん。


何も知識なくいったので、「ヒップホップ」「R&B」「パンク」「レゲエ」といったトリッキーなメニューに驚きました。

今回は鴨出汁と魚介のWスープの「R&B」にチャレンジ。

鴨出汁のラーメンって珍しいですよね。

初めてかわかんないけど、ほとんど食べた記憶がないので、かなり楽しみにしながら並びを待つ!!

ちなみに麺に光をにはBIGMANの元店長で、グリズリー入社後は新規事業を任されている徳永君が立っていて、久しぶりの再会で嬉しかったです。

さてラーメンですが・・・



どうですか、この感じ。

おいしそうでしょう?

鴨出汁でとても上品で、いつもスープを残す僕がほとんど飲みほしたぐらいスープがおいしかったです。

よし、ここはトロンボさんに実食してもらいましょう!



ね、美味しそうでしょう。

今回は魚介とのWスープのR&Bにしましたが、これでこんなに上品とか、鴨出汁だけのヒップホップはもっと上品なんちゃうんか!?と思う次第で、これは次回リピート時は絶対にヒップホップを食べるまでは帰れまてんですね。

あー、美味しかった。

アメ村古着屋巡りの際は是非、麺に光をでラーメン食べてみてくださいね。




2020年6月18日木曜日

アメ村リベンジショッピング動画アップしました!

アメ村にリベンジショッピングに行ってきました。

今回は取材も兼ねて、YOUTUBEの古着屋巡りで同行頂いている古着屋ベルエキップのトロンボさんと、そして最近、ひたすら一緒に遊んでいる古着屋Guinnessのユウヤ君と3人でのアメ村古着屋ディグ。


今回は、取材依頼を頂いていたLOWECOアメ村店や、アメ村の新店「ロパカリエンテ」、個人的に行きたかったPIGSTYのセール、革靴を探したいというトロンボさんの希望からFLAGの内藤さんにも取材許可を頂き、最後はハニーカム、という計画でした。


間に、どうしても食べてみたかったGRIZZLYグループの「麺に光を」や、SPINNS VINTAGE CAFÉにも寄りながら、6時間ほど、三人でキャッキャ言いながら古着屋を巡りました。

結果、僕もユウヤ君も古着買いまくり!


トロンボさんも狙っておられたサドルシューズを購入されて、いやー、素晴らしい古着屋巡りが出来ました。

YOUTUBE「えふすと古着ちゃんねる」にもその時の様子をアップしています。

第一回は古着屋JAMアメ村店での古着ディグの様子です。



今回、買ったものは順次、ブログに、また古着屋リベンジショッピングの様子はYOUTUBE「えふすと古着ちゃんねる」に順次アップしていきます!

是非、ご覧になってくださいねー。




2020年6月16日火曜日

BEAUTY & YOUTHのネイビーの靴を買ったのよ

先日、REDWINGのROMEOを買った動画を「えふすと古着ちゃんねる」にアップしました。



その時、そもそもが買おうと思っていたのは「ネイビースウェードの靴」でした。

それでネイビースウェードの靴、単に靴と言っても、革靴かスニーカーか、はたまたブーツか、と、選択肢はいろいろあったのですが、やっぱり自分の趣味的にはブーツなんですよね。

好きなのはね。

この辺りはアメカジ魂とでも言いましょうか。

でも、ROMEO買った時点で安く買えたとはいえ、ネイビースウェードの靴に使おうと思っていた資金はほぼ使い果たしていたので、ネイビースウェードの靴に回せる資金はわずかでした。

そんな中、自粛期間中によく利用していたメルカリでええのん発見!



文字通りネイビースウェードの靴。

元々、ネイビースウェードの靴を探した理由が通勤時に履きたい、ということで着脱しやすいオックスフォード。

こちらBEAUTY & YOUTH(ビューティー&ユース)のオリジナルのオックスフォードです。


アッパーはややチャチさはありますが、アウトソールにはビブラムの軽量クレープソールが使われています。




それだけでとりあえず買う価値あり。

なんせね、送料込みで4000円やったんです。

激安。

セレショオリジナルか・・・という思いが1ミリもない事はなかったのですが、ビブラム採用で4000円とか気が触れていますよね。



通勤用にはオーバースペックなぐらい。

ちなみにポルトガル製です。

まあ、こうやって「通勤用」とか言って買ったものに限って、気軽さにハマってヘビーユースしたりもするもんなので、めちゃ期待しています。

アッパーの品質がちょっと気になるところですが、とりあえず丸洗いしてみようかな・・・

まあ、ハゲハゲになっても4000円てことで、なんとかなるか!

ってな事で、無事ネイビースウェードの靴を手に入れたのでした。

おわり。


2020年6月15日月曜日

今こそ足元の事業を整える

今、僕は滋賀県で割といろんな人を巻き込んで、これから滋賀県を盛り上げられるように・・・と活動しています。

先日、YOUTUBEで公開したドッキリにかけられた「株式会社こちすま」の福村社長と、地元滋賀県の大学生達と楽しく遊びながらプロジェクトを生み出そうと考えています。


なので結構、いろんな人と一緒にやらせてもらって、またそれなりに時間も使って頑張っていてとても充実してます。

先週の金曜日は、その滋賀県を盛り上げるプロジェクトに関わるみんなと、コロナ禍で延期になってしまっていた活動の再キックオフパーティーを行いました。


そこにはキャンプモンスターこと、古着屋Guinnessのユウヤ君も参加してくれていて、必然、そのあとはキャンプへ。

パーティーからのキャンプ(笑)

いやー、楽しかった。

遊びまくり。

本当に毎日、充実しています。

ただ一方で、足元の事業を大切にしていかないとな・・・とか思って。

F-STREETやYOUTUBE、F-log、そしてこのF-STREET CHIEF'S BLOGはまあちゃんと継続していて、なにげにF-logとCHIEF'S BLOGで過去累計500万PVを達成しています。

この辺りは個人の事業としては基幹部分になるので、これからもしっかり注力しなきゃ・・・と、までは普段から思っているのですが、その下に僕にはもっとスモールビジネスがいくつかあります。

止まっちゃってるので公表はしませんが、まあ、アクセス規模でいうと月間500PVぐらいのスモールビジネス。

例えばその一つは将来、滋賀でやるときのために、と温めていたものなのですが、そのあたりのスモールビジネスがいくつか休眠状態になっているので、その辺りをもう少しちゃんと運営したいな、と思っています。

理由は、今までより大きな規模の活動に積極参加するので、一方でそのほかのことが疎かにならないように、という思いが一番。

大きく言えば幅を持たせておきたいというか、ね。

特に滋賀県関連のことはこれからスモールビジネスをいくつか立ち上げたり、もう少し大きいものの運営に携わったりしたいなぁとか思っています。

ってなことで、しばらく、これまで以上に本気で突っ走ろうと、そう思っています。

頑張りまーす。




2020年6月9日火曜日

久しぶりのアメ村リベンジショッピング

昨日も書きましたが、アメ村にリベンジショッピングに行ってきました。

今回は取材も兼ねて、YOUTUBEの古着屋巡りで同行頂いている古着屋ベルエキップのトロンボさんと、そして最近、ひたすら一緒に遊んでいる古着屋Guinnessのユウヤ君と3人でのアメ村古着屋ディグ。

今回は、取材依頼を頂いていたLOWECOアメ村店や、アメ村の新店「ロパカリエンテ」、個人的に行きたかったPIGSTYのセール、革靴を探したいというトロンボさんの希望からFLAGの内藤さんにも取材許可を頂き、最後はハニーカム、という計画でした。

間に、どうしても食べてみたかったGRIZZLYグループの「麺に光を」や、SPINNS VINTAGE CAFÉにも寄りながら、6時間ほど、三人でキャッキャ言いながら古着屋を巡りました。

結果、僕もユウヤ君も古着買いまくり!



トロンボさんも狙っておられたサドルシューズを購入されて、いやー、素晴らしい古着屋巡りが出来ました。

今回、買ったものは順次、ブログに、また古着屋リベンジショッピングの様子はYOUTUBE「えふすと古着ちゃんねる」に順次アップしていきます!

是非、ご覧になってくださいねー。


2020年6月8日月曜日

オシャレマスクを集めないとね

土曜日はアメ村に久しぶりの古着屋巡り出撃。

今回は中崎町古着屋巡りでお馴染み古着屋ベルエキップのトロンボさんと、大阪古着祭などに出店してくれている古着屋Guinnessのユウヤ君と3人で出かけYOUTUBE撮影してきました。


アメ村は少しづつ人は戻っているものの、まだまだいつもの1/3ぐらいの体感ですかね。

あとやっぱり気になるのはマスク。

みんな、ほぼ全員がマスクをされています。

これから夏の暑い時期になると恐らく、若い方は熱中症の方が怖くなるので、感染拡大傾向にない場合の真夏のマスク着用に関しては、医学的な根拠のある指針が出てほしいと思うのですが、とはいえ、今はマスクしていないと白い目で見られたりもするフェーズだと思います。

今回、僕は普通のサージカルマスクを着用していましたが、YOUTUBEも撮るし、オシャレなマスク欲しいよなーと思いました。

とりあえずアフターコロナの世界では、今現時点ではマスクはもう着用しているのが普通になりそう。

そうなってくると、マスクも服装の一部、ファッションの一部となるのだろうと思います。

なんなら服より先に目が行きますからね。

それで購入したのが古着屋jaBBerのマスク。



古着屋jaBBerでは古い生地を使ってマスクを作って販売されています。



結構いろんな柄があって、見ていて楽しいですよね。

しかも今なら送料無料。

ええなーと思って、1つ買ううことにしました。


キースへリングのイラストの入ったマスク。

これええっすわぁ。

しかもガーゼを入れるポケット付きで気が利いています。

サイズを少し懸念してたのですが、十分な大きさもあって良い感じでした。

こうなってくると、他のマスクも欲しくなるな・・・

同じようにお考えの貴兄。

古着にしっくり来る古着屋jaBBerのマスクいかがですか?

ちなみにトロンボさんと古着屋巡りした第一弾はこちらでぜひどうぞ。


2020年6月3日水曜日

デニムアウターに合う青のパンツ

先月、BROWN TABBYさんのデニムフィッシャーマンスモックを買ってから、そのデニムフィッシャーマンスモックに合いそうなパンツを探しまくっていましたが、そんな観点からこちらを購入。



ハリウッドランチマーケットのブルー(インディゴ)をベースにしたアイテム作りで人気のブランドBLUEBLUEのピンチェックパンツです。



微妙な柄違いのパッチワークになっていて、絶妙なデザイン。




当然、デニム素材のアウターとは滅法相性がよいであろう一本です。

日本製なのもうれしいポイント。



特に経年変化が楽しみな点がグッと心をつかまれた感じですが、こちら、畳みジワがあるなどという理由で1000円ちょっとでした。


激安です。

ありがたやー。

畳みジワなんて僕からしたらむしろ付加価値。

ご褒美です。

既に気に入って先月も何度か穿いています。




やっぱり今の時期はむしょうに気になる青のもの。

前出のgaijinmadeの手織りパンツと共に、個人的に5月のヒットアイテムです。